[CML 007994] Fwd: いよいよ福岡高裁・判決  ビルマ・ロヒンギャ民族難民申請者 控訴審・判決

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2011年 3月 7日 (月) 17:02:20 JST


    青柳です。
複数のMLと知人・友人にはBCCでお送りしています。重複の場合は大変失礼します。

【転送・転載歓迎】

                   難民と一緒に暮らせる日本に!

 ビルマ(ミャンマー)軍事政権が続き、迫害を逃れて、
日本にも多くの難民が庇護を求めてきています

 ビルマ・ロヒンギャ少数民族難民申請者3人が福岡高裁で控訴審・
判決をむかえます。1人でも多くの皆さんの判決公判の傍聴参加をお願いします。

  ビルマ・ロヒンギャ民族難民申請者  控訴審・判決       
       
3月24日(木曜)13:10〜  ミョー・ ルイン(福岡高裁505号法廷)
4月28日(木曜)13:10〜   ナワズさん、ラットさん(504号法廷) 
        (判決後、報告会を致します)

 ロヒンギャ民族は、ビルマの軍事政権下において、国籍を剥奪され、
移動制限、強制労働、信教(イスラム教)の自由の侵害、教育機会の喪失等、
多枝にわたり、基本的人権をくまなく剥奪され、迫害を受けています。
このようなビルマ軍事政権によるロヒンギャ民族への迫害は、国際問題となって
います。
 福岡地裁第一審判決では、3人のうち、ラットさんについては残念ながら難民
とは認められず控訴、ミョー・ルインさん、ナワズさんは難民と認定れましたが
国は控訴しました。

  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

    ビルマ(ミャンマー)で、昨年11月7日、20年ぶりに実施された総選挙は、
 軍事政権の翼賛政党の連邦団結発展党(USDP)への投票の強制等の様々な不正
で、自由、公正、平等とは程遠い形式で行われた結果、軍の翼賛政党は8割近い議席
を得た。
 2院制・国会の両院議席の4分の1を軍人が占め、新国会は、軍政系の議員が絶対
多数を握り、2月4日、軍事政権の首相だったテイン・セインが大統領に選ばれた。
 総選挙の実施と民主化指導者アウン・サン・スー・チーさん自宅軟禁解除(2010
年11月13日)だけではビルマの民主化はほど遠い。
   ビルマにおける民主的な政治活動への制限、弾圧が、これまでと同様、絶えること
なく続いていることは、未だビルマ政府によって2100人以上の政治犯が拘禁されて
いることから明白である。
   ビルマにおける政治状況が民主化されず、ロヒンギャ族をはじめ少数民族への迫害
状況は続き、ビルマ政府による民主的活動への弾圧姿勢は変わらない。 
 ビルマ政府が国籍を一切認めず目の敵にしてきたロヒンギャ族への、
より一層の差別、迫害、排除が続いている。

***********************************
〒812−0041
福岡市博多区吉塚5−7−23
   青柳 行信
 電話   080-6420-6211
Eメ−ル:y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
***********************************


CML メーリングリストの案内