[CML 007981] Re: 日本の教科書ー沖縄

Nakajima Noriko nntexas2002 at yahoo.co.jp
2011年 3月 6日 (日) 17:09:57 JST


 中島と申します。
 
 私は,友人達と,読書会(?)をやっていますが、今は「新
訂・増補版 高等学校 琉球・沖縄史」といって、沖縄県の高
校の副読本用のものを、使っています。
 2005年に沖縄にいったおり、空港をはじめとして、一般
書店、博物館、土産物屋等等で販売されていて、興味を持って
求めました。

 これを、沖縄以外の地域の学校で勉強する機会は、ほぼない
と思いますが、興味深いのは、その本の冒頭に掲載されている
図です。

 皆様にお目にかけることができず残念ですが、それは、名護
市史編纂委員会編集・名護市発行の資料集からとられたもので
「北海道・本土・沖縄の歴史展開の概念図」というものです。

 オホーツク文化/擦文時代/アイヌ時代、また、先島先史時
代/原グスク時代/第一尚氏時代/第二尚史時代・・・・など
、60年代生まれの私は,学校で習わなかったこと/考え方、
を、違う地域年代の人たちは,触れることができるのだなあ、
と、目からウロコの思いです。
 (もちろん、沖縄の歴史については詳しく掲載されています
。)


 これを考えても、日本の教科書というのは、まんべんなく偏
りなく、書かれているのでは、なかろう・・・と感じます。

 日本の教科書、について、書かれていた投稿がありましたの
で、書きました。
 以上
 
--- NONOMURA Yo <nyonyomura at gmail.com> wrote:

>  野々村といいます。6157でも同じことを言いましたが、
> 
> 外国で民族(語)教育の権利が脅かされている、
>  という議論はそれなりに意味がありますが、
>  日本では、脅かされていないでしょうか?
> 
>  アイヌ語がちゃんと教えられているとは思えません。
> 
> アイヌの歴史だけでなく、近代において、日本が何をしてき
たか、ほとんど知らない若い人が多いのは、非常にいびつな教
育をしてきたからではないでしょうか?
> 
> 
> そういう意味では、日本の「無茶な教育をしている高校」の
無償価も問題ではありませんか?
> 
> 現実に、教科書【検定】のおかしさを訴えた裁判まであるの
ですから、あるいは、外国から色々指摘されたりもして来てい
る。
>   外国の教育に噛み付く人が
>  日本に関しては、黙っているのは、変です。
> 
>  と、僕は思います。
> 



CML メーリングリストの案内