[CML 007972] 転送 【緊急署名要請】タイ・ムン川の生態系と人々の生計回復にご協力を!締切 3/7 15:00

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2011年 3月 6日 (日) 01:29:36 JST


もう後1日半しかありませんが緊急署名の要請です。メコンウォッチの木口さんや満田さんからメールやフェイスブックでお知らせいただきました。誤った「開発」の被害漁民・住民の現地での闘いを支援するためにぜひ、ご協力を(現在、ODA改革ネットワークや関西フィリピン人権情報アクションセンターなどさまざまなNGOの内部で賛同の検討が呼びかけられているところです)。


パクムンダム問題とは(メコン・ウォッチのサイトより)
http://mekongwatch.org/env/thailand/pakmun/index.html


>
> 皆様
>
> 一部の方には重複のお願いになってしまいますが、緊急署名のお願いです。水門開放
> に向け、住民は連日30度を越す日差しのなか、座り込みをしているとのこと、現地は
> 今が正念場を迎えています。
> 恐縮ですが、皆様、署名にご協力いただくのと同時に、公共事業やダム関係のML、こ
> のような問題に関心のありそうな方々へ転送していただければたいへん幸いです。よ
> ろしくお願いいたします。満田
>
> ----- Original Message -----
> みなさま
>
> 世界銀行支援のタイ・パクムンダムによって生活に影響を受けた人々約千名が、
> 他のグループと共に2月16日からバンコクの路上で生活しながら問題解決を訴え
> ています。政府委員会の水門開放と補償の提言が実行に移されるよう、現地では
> 各方面に協力を呼び掛けています。
> 3月8日火曜日の閣議でパクムン問題が議題にあげるため、非常に短期間ではあり
> ますが、前日の3月7日に緊急国際サインオンレターをタイ政府に届けることとな
> りました。
>
> ご賛同は、
> ・団体の場合:団体名、国名
> ・個人の場合:氏名(所属先:任意)、国名
> を英語で、3月7日(月)日本時間午後3時までに次のメールアドレスにお送りく
> ださい。送付先:pakmun_letter032011 at yahoo.co.jp
> 英語名をお持ちでない場合、日本語でその旨メールにお書き添えください。
>
> 人々の非暴力の闘いは20年に及んでいます。非常に短期間の要請で恐縮ですが、
> ご協力お願い申し上げます。下記に書簡の仮訳を添付いたします。
>
> また、現地の様子は以下のP MoveのFacebookから写真をご覧いただけます(情報
> はタイ語です)。
> http://www.facebook.com/note.php?saved&¬e_id=1438539782974#!/pmovestream?
> sk=photos
>
> **************
> 2011年3月7日
> 件名:タイ政府特別委員会のパクムンダム水門恒久開放提言に対する政府承認の
> お願い
>
> アピシット・ウェーチャチワ閣下
>
> この書簡に署名している東南アジアの各国や国際的に環境や人権に関して活動し
> ている私たちは、タイ政府によるパクムンダム問題解決の取り組みを、関心を持っ
> てモニタリングしてまいりました。20年間にわたってパクムンダムから影響を受
> けてきたムン川流域の人々の混乱は、ダム建設によって漁業を破壊し、6千世帯
> 以上もの生活と食糧安全保障に影響を与えた事例として国際的にもよく知られて
> おります。また、ダムは投資家に利益をもたらすことにも失敗しています。この
> 事業は、魚道の失敗によってもメコン河流域の魚の回遊に影響を与えており、更
> に、世界銀行による投資の最大の失敗のうちの一つでもあります。
>
> ついに2010年の終わりに、多方面の利害関係者を含むタイ政府設置の特別委員会
> が、ムン川のエコシステムを回復するため、パクムンダムの恒久的な水門開放を
> 提言いたしました。また提言は、ダムの影響を受けて苦しむ漁業に依存する65以
> 上の漁業コミュニティへの生計回復と損害補償を求めています。
>
> パクムンダムに対するこの調査研究に則った委員会の提言は、私たち世界中の市
> 民団体とダムの影響を受けたコミュニティにとり、歓迎されるものです。今、私
> たちはムン川が自由に流れるための提言に対し、内閣が従わない様子を見せてい
> ることに大変な懸念を持っております。そのため、私たちはここに、タイ政府が
> 委員会の提言を実行に移すことを謹んで強くお願いする次第です。
>
> 私たちは、これらの提言の実施が、このダムが原因となった混乱した問題と地域
> の争いを平和的に解決する正しい道だと信じております。更に、私たちはこの提
> 言が、タイ社会全体にとっての利益になり、かつ、世界でも最も重要な川の一つ
> であるメコン河の持続性を守るとも考えております。
>
> 私たちのお願いに対する閣下の配慮に感謝して。
>
> 敬具
>
> 賛同団体、個人名
>
> (翻訳/文責 木口由香 メコン・ウォッチ)
>
>
> --
> メコン河開発メールニュース
> 発行:特定非営利活動法人メコン・ウォッチ
> E-mail: info at mekongwatch.org
> Website: http://www.mekongwatch.org/
>
> 登録解除・バックナンバー---->http://mekongwatch.org/news/
> 管理担当者に連絡------------>mailto:news-admin at mekongwatch.org
>
>
>
> 		 	   		  


CML メーリングリストの案内