[CML 007943] ブラザー元派遣社員「苦情を申し立てたら退職に」

酒井徹 sakaitooru1983 at excite.co.jp
2011年 3月 4日 (金) 20:07:04 JST


ブラザー元派遣社員「苦情を申し立てたら退職に」
――労組との団体交渉も拒絶――
http://imadegawa.exblog.jp/15608343/

■ブラザー系派遣会社も団交拒否
名古屋市瑞穂区に本社を置く
プリンター製造大手・ブラザー工業の連結子会社である
ブラザー販売で、
職場の人間関係のトラブルについて
派遣先・派遣元に
苦情を申し立て続けたことを原因として
退職に追い込まれたと主張する元派遣労働者が、
ブラザー販売を相手に裁判を行なっている。

裁判を行なっているのは、
名古屋市南区に住むKさん。
1999年からブラザーグループの人材派遣会社・
ビートップスタッフを通じて
ブラザーグループの企業に派遣され続けてきた。

2007年11月、
新人歓迎会の席上で、
Kさんは同僚らから「おじさん」と
侮蔑的に、何度も執拗に呼ばれ
笑いものにされたという。
Kさんはブラザー販売の課長に
その件に関する苦情を申し立て、
「加害者」3名から直接の謝罪を受ける約束を
課長から取り付けたにもかかわらず、
それを反故にされたというのである。

そればかりかブラザー販売の課長は2008年4月25日、
「俺が今回の件で
 どれだけ苦しんできたと思っているんだ!」とか、
「こんなふうになったのも、
 君自身のせいじゃないか!」などと
逆ギレ的に罵声を浴びせ、
Kさんは「加害者」3名と和解しなければ
契約の更新はできないとの
ビートップスタッフの方針に基づき、
退職に追い込まれることになったという。

Kさんは
愛知県の個人加盟制労働組合・名古屋ふれあいユニオン
(「コミュニティ・ユニオン全国ネットワーク」加盟)に
加入し、
労組は
ブラザー販売及びビートップスタッフとの交渉を
求めたが、
両社はこれを拒絶〔注1〕。
やむなくKさんは2010年11月15日、
ブラザー販売を相手取り、
精神的慰謝料などの支払いを求める
損害賠償請求を名古屋地裁に起こした。

ブラザー販売は答弁書の中で、
「おやじ」と呼ばれたKさんが
「嬉しそうな顔でこれに応え」ていた、
「異議や不満を唱えたり
 不快感を示すような言動に出ることはな」かったなどと
主張している。

〔注1〕派遣先のブラザー販売は、
「3年近く前のお話であり、
 関係者は全員当社に在籍しておりません。
 したがいまして、
 お申し入れには応じられません」、
派遣元のビートップスタッフは、
「Kにつきましては、
 契約期間満了により
 2008年5月31日付にて雇用契約は終了しており、
 当社の従業員ではありません。
 よって団体交渉に応ずる意思はありません」と
それぞれ労組に回答している。



氏名:酒井徹
住所:〒460-0024 
    愛知県名古屋市中区正木四丁目5番6号 
     金山センタービル907号
電話番号:090-4901-9364
電子メール:sakaitooru1983 at excite.co.jp
ホームページ:『酒井徹の日々改善』
http://imadegawa.exblog.jp/


CML メーリングリストの案内