[CML 007901] 中国人の身柄拘束について(その4)

河内謙策 kenkawauchi at nifty.com
2011年 3月 2日 (水) 12:48:57 JST


河内謙策と申します。(この情報を重複して受け取られた方は、失礼をお許しくださ
い。転送・転載は自由です。)

 中国の人権派弁護士等の身柄拘束についての緊急署名を呼びかけさせていただいて
おります。
 昨日の午後から、署名のFAXが大量に届き始めました。本日午前11時半現在で、7団
体、86名です。ご協力いただいた方々に厚く御礼申し上げます。

 本日午後7時に署名の受付を中止します。今後、外務省との会見・申し入れ→記者
会見、を予定しています。もっと時間をとって広範な人に呼びかけるべきだ等の意見
が寄せられましたので、それを今後、6人の呼びかけ人で検討させていただきたいと
思います。

 私もこれから友人たちに念押しの電話等をしなければなりませんが、嬉しいニュー
スを二つ。

 出版社の集広舎さんが、社のウェブサイトに私たちの取り組みを紹介していただき
ました。企業として踏み切られるまでにはいろいろあったと思います。集広舎さんの
ご英断に心から感謝いたします。
 http://www.shukousha.com/

 在日の中国人の方が、私たちの署名運動を海外の方に紹介されたところ、著名な作
家鄭義氏らから大きな賛同を得たとのメールが私に届きました。多くの方が「今まで
日本人に道徳的、道義的に失望してきましたが、この動きにわずかな希望が見えた」
と述べておられるそうです。在日の中国人の方は、「今回の行動は日本と内外の中国
人の有識者や自立した市民による初めての共同行動でしょう。画期的でとても意義あ
ることと思います。まだまだネットの統制が強くて多くの中国人が見られないなか
で、ここまできました。みな感慨無量です。」と述べておられます。

                            以上

河内謙策 〒112-0012  東京都文京区大塚5-6-15-401号 保田・河内法律事務所
(電話03-5978-3784、FAX03-5978-3706、Email:kenkawauchi at nifty.com)





CML メーリングリストの案内