[CML 010494] これからの催し(6月30日)コリアン・マイノリティ研究会藤井さんよりと彩雲国物語完結

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2011年 6月 30日 (木) 23:35:37 JST


転送・転載歓迎


京都の菊池です。

2003/10発売の
第一巻
彩雲国物語―はじまりの風は紅く (角川ビーンズ文庫)
から始まる

彩雲国物語が

明日7/1発売の

彩雲国物語
紫闇の玉座(下)
(国王・紫劉輝、ついに決断のとき。 大人気シリーズ、完結巻(下)登場!!)
著者 雪乃紗衣
イラスト 由羅カイリ
発売日:2011年 07月 01日
発行元:角川書店

で完結。

※
彩雲国物語 - 注目シリーズ 
http://www.kadokawa.co.jp/title/index.html?t_id=000014

彩雲国物語公式ホームページ
http://www.kadokawa.co.jp/saiunkoku/top.php

を参照ください。


官吏が民衆の為に働くときくとあまりの珍しさに目立ってしまうほど、
とかく
官吏、官僚ときくといいイメージは浮かんでこず、物語の主人公には不向きかなと思ってきましたが

まっすぐに官吏として生きる
主人公、人々、物語に魅了され、続きを待ち、読み鼓動が高鳴った日々(続きを待つ間、何度も読み返す。これまでの、銀河英雄伝説、十二国記、獣の奏者を待ち読んだ時のように)
いよいよ完結です。

もし機会がありましたらご覧ください。




関西圏ドキュメンタリー<等>上映情報(KDML)
(http://www1.vvjnet.biz/kdml)
(過去ログ
http://www.freeml.com/ctrl/html/MessageListForm/kdml@freeml.com)
を通して、

コリアン・マイノリティ研究会
 http://white.ap.teacup.com/korminor/
の
藤井幸之助さん
から


コリアン・マイノリティ関連の催しなど
を教えていただきました。
抜粋転載します。




件名:
これからの催し(6月30日)
差出人:こうのすけさん
送信日時2011/06/30 07:08
ML.NO[kdml:5299]

http://www.freeml.com/kdml/5299?sid=6e939bde92af76b2329a5a0c344f8fb0
(上記URLで全文もお読みください。)


■関西圏ドキュメンタリー<等>上映情報(KDML)  http://www.freeml.com/kdml/list


みなさん、アンニョンハセヨ?(お元気ですか) 最近は配信の頻度が多く申し訳ありません。次から次へと新情報が届くものですから、それらを加え、配信しています。お許しください。ご不要の方はその旨お知らせください。

■NPO法人丹波マンガン記念館再開館
 丹波マンガン記念館が7月3日(日)より再開することになりました。朴実(パクシル)さんが3代目新館長に就任されました。
丹波マンガン記念館(現地) 京都市右京区京北下中町西大谷 Tel0771-54-0046
開館日:7月3日(日)〜 12月中旬10:00〜16:00、金・土(予約)・日(フリー)
入館料:大人800円(案内ガイド付き)
    小・中学生600円(案内ガイド付き)
小学生以下無料 ※但し観光保険100円要 
丹波マンガン記念館(事務所) 京都市南区東九条北河原町5 Tel075-681-0280 Fax075-681-0281
info★tanbamangan.or.jp(★を@に)
新しいHP http://www.tanbamangan.or.jp
    (2008年6月にコリ・マイ研でいった見学会の様子の写真が3点使われています)


■神戸学生青年センター朝鮮史セミナー http://ksyc.jp/s-ts/201106-7koreaeiga.pdf
 「コリア・映画の世界(全3回)〜検閲・抵抗・韓流への道〜」
講 師:高賛侑(コチャニュ)さん(ノンフィクション作家)
第2回 7月1日(金)19:00〜
    「表現の自由を求めて:1960〜80年代―「風の丘を越えて」(林権澤監督)ほか―」
第3回 7月15日(金)19:00〜
    「韓流への飛躍:1990年代〜現在―「シュリ」(姜帝圭監督)ほか―」
参加費:各600円(当日会場でお支払いください)
会場・主催:神戸学生青年センター


■第12回立命館大学コリア研究センター国際シンポジウム
「植民地期における朝鮮人の生と死」
         http://ricks2005.com/doc/contents_2011/20110702sympo.pdf
日 時:7月2日(土)13:00〜18:30
場 所:立命館大学衣笠キャンパス充光館301号室
主 管:立命館大学コリア研究センター http://ricks2005.com korea★st.ritsumei.ac.jp(★を@に)
    ソウル大学医学部人文医学教室


■安世鴻(アンセホン)さん「写真と講演のつどい」http://www.ahnsehong.com/
 今年は中国におきざりにされた日本軍「慰安婦」被害者の調査が始まって10年目にあたります。
 安世鴻さんは異国に置き去りにされた被害者にこだわり、現地を訪れ、写真を取り続けてきました。
多くの被害者が眠り、あるいは生存されているその地に、どんな思いで立ち、写真をとり続けてきたのか、
安世鴻さんの経験と思いに触れながら、私たち自身に残された宿題についてともに語り合う場になればと思います。

日 時:7月2日(土)14:00〜
場 所:エルおおさか
参加費:500円
主 催:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク 080-6185-9995


■東日本大震災で被災したウリハッキョを支援するチャリティ公演「大阪ハンマウン〜ひとつの心〜」
    http://hanmaum.webdeki-blog.com/ (ウリハッキョ=私たちの学校(朝鮮学校のこと))
日 時:7月2日(土)18:00開場、18:30開演
場 所:東成区民センター大ホール(定員615名)(大阪市東成区大今里3-2-17)
      http://www.city.osaka.lg.jp/higashinari/page/0000107351.html
※入場には義援金が必要です。
  一般の方は1000円から。 義援金はすべて被災したウリハッキョに送られます。

主 催:在日本朝鮮文学芸術家同盟大阪支部(06-6772-3860)


■第3期京都コリアン民族文化大学
時 間:各回15:00〜17:00
場 所:民団京都府本部(京都市左京区下鴨宮崎町119)075-781-8281
参加無料

第2回7月2日(土)「ウトロ住民生活の支援に呼応を」斎藤正樹さん(ウトロを守る会事務局)
第3回9月3日(土)「3・1独立運動と関東大震災―朝鮮人虐殺の真相から学ぶ」水野直樹さん(京都大学教授)

第4回11月12日(土)「異質との共存―京都に育って―在日を考える尹健次(ユンゴンチャ)さん(神奈川大学教授)

第5回12月3日(土)「在日同胞の将来を展望する―多年間の権益擁護運動の活動からの示唆」
    朴炳潤(パクピョンユン)さん(HAN民族問題研究所所長)

主 催:民団京都府本部


■「ちがいを認めあう共生のまちへ 豊中の取り組みに学ぶ」
日 時:7月3日(日)14:00〜16:30
場 所:宝塚市立西公民館(宝塚市小林2-7−30)0797-77-1200
                 阪急電鉄今津線「小林駅」下車、北へ徒歩3分 
        http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/card/04030106000000-20030527-143120.html
講 師:榎井縁さん(とよなか国際交流協会事務局長)
入場無料
主 催:NPO法人「ともにいきる宝塚」(証人申請中)理事長:佐々木基文(高野山真言宗西光院住職)
      090-8797-2558
後 援:宝塚市

・・・


■同胞保護者連絡会2011年度総会(18:00〜)・座談会(18:30〜)
 座談会「公立中学校教員の取組み」
      湯生早代さん(大阪市立鶴橋中学校)・正本順一さん(大阪市立大池中学校)
      康将洙(カンヂャンス)さん(東大阪市立長瀬中学校)
 日 時:7月3日(日)17:30受付、18:00〜
 場 所:大阪市立東成区民センター(大阪市東成区大今里2-8-4)
        地下鉄「今里駅」下車、2番出口、西へ150m
http://www.city.osaka.lg.jp/higashinari/page/0000107351.html
 参加費:500円(資料代)
 主 催:同胞保護者連絡会 06-7891-8659


■緊急企画!!!朝鮮学校が日本社会に問うもの~朝鮮学校の高校「無償化」制度排除から浮かびあがる根源的問題点〜
  昨年度から、高校「無償化」がすべての公立高等学校で実施されました。
  と同時に、国・私立高等学校、および高等学校の課程に類する課程を置く専修学校、また多くの外国人学校を含む各種学校に対する就学支援金の実施が始まりました。
  しかし、文部科学省が発表した「適用基準」を満たしているはずの朝鮮学校だけがいまだにこの制度から除外されたままになっています。
それに加えて、朝鮮学校への補助金までも削除・削減するという自治体の動きも出てきています。
  朝鮮学校が高校「無償化」制度から排除され、自治体の補助金も執行停止され始めている現状を踏まえ、
日本に住む朝鮮人の民族教育の意義と根本的問題についてあらためて問うという趣旨のもと、
今回の講演会を企画しました。

日 時:7月7日(木)18:30〜20:30
 場 所:京都大学(吉田南キャンパス)総合人間学部棟1階1102教室
 参加費:500円
 テーマ「在日朝鮮人の民族教育」
 講 師:金尚均(キムサンギュン)さん(龍谷大学法科大学院教授)
 *朝鮮学校の高校「無償化」制度排除問題に関する現状報告と、学生によるリレートークもあります。

主 催:京都大学コリアン学生の集い


■NPO法人「エフエムわいわい」出発の集い
 日 時:7月9日(土)14:00〜17:30(13:30開場)
 場 所:神戸市立だいち小学校(078-739-1502)
      JR「鷹取駅」改札口から地下道を北側に出て徒歩5分
 14:00〜 報告会(図書室)
 15:30〜 交流会 with 多文化料理(多目的ホール)
 参加申込:お名前・ご所属・お電話番号を7月4日までにご連絡ください。
 主 催:FMわぃわぃ 078-737-3196 fmyy110709★gmail.com(★を@に)


■原発廃止〜自治が命と人権、平和をまもる地域をつくる
      「無防備地域宣言運動全国ネットワーク」第8回総会

日 時:7月10日(日)13:00開場、13:30~16:30

場 所:大阪市生野区民センター301号室(JR環状線「桃谷駅」下車徒歩15分)
http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016633.html

第8回総会・運動報告・方針案(全国ネット事務局)・質疑と討議  

記念講演:「自治で平和・人権の地域を創る(仮題)」曽我逸郎さん(長野県中川村長)

特別報告:
「反原発25年と無防備運動(仮題)」谷百合子さん(無防備札幌市民の会)

「人類は核と共存できるのか~平和の権利の観点から」前田朗さん(東京造形大教授)

◎質疑 各地域からの意見表明など 

参加費:500円(資料代含む)

どなたでもご参加いただけます

主 催:無防備地域宣言運動全国ネットワーク
http://peace.cside.to/
・・・




菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)





CML メーリングリストの案内