[CML 010488] 原発をどうするか

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2011年 6月 30日 (木) 21:32:35 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 2011年3月11日まで、二酸化炭素を出さないから地球温暖化防止の切り
札になると、世界中で原子力発電所の増設や新設が計画されました。それは「原
発ルネッサンス」と言われました。日本はその波に乗ろうと、官民挙げて原発の
輸出に力を注ぎました。その甲斐あって、ベトナムは日本の原発導入を決定しま
した。これにより、原発は自動車や家電と並ぶ日本の輸出の柱になると期待され
ました。
 
 それを一気に押し流したのが、東北関東大震災の津波による福島第一原発事故
でした。世界最高水準の原発技術力を持っている日本で、起こるはずが無かった
炉心溶融(メルトダウン)が起こり、チェルノブイリの再現が始まりました。そ
して、世界最高水準の原発技術が、実はとんでもない穴だらけの欠陥技術であっ
たことが暴露されました。
 
 「チェルノブイリの再現は日本ではありえない」はプロパガンダであり、自己
催眠でしかなかったことが明らかになりました。
 
 原発に対する信頼は完全に失われました。
 
 では、私たちは原発にどう向き合えば良いのか。
 
 それを考える番組が7月9日、NHKスペシャルで放送されます。
 
 NHK総合
 
 NHKスペシャル
 「シリーズ 原発危機 第3回“フクシマ後”の世界〜原発とどう向き合うの
か〜 第一部・第二部(仮)」
 http://www.nhk.or.jp/special/onair/110709.html
 
 放送日:7月9日(土)
 放送時間: 午後7時30分〜10時13分

坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
         


CML メーリングリストの案内