[CML 010450] 福島原発シリーズ・ついに九作へとこれからの催し(6/28)コリアン・マイノリティ研究会藤井さんより

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2011年 6月 28日 (火) 17:37:05 JST


転送・転載歓迎


京都の菊池です。


マブイ・シネコープの木村さんに教えていただきました。

「福島原発シリーズ・ついに九作へ(6/28)」

です。とのこと。

「藤本幸久監督制作『福島原発で何がおこっているのか』が
全国に大きな反響広げ、下記の通り第8作、9作が本日完成いたしました。
各テーマは下記の通り、
どうかひきつづき各地で上映会を開き大いに
活用をお願いします。ます。

No.8“「低線量被爆とは」京都大学原子炉実験室 今中哲二さん

No.9“「3ケ月後の今」京都大学原子炉実験室 小出裕章さん
」

※ご注文、問い合わせ、
下記サイトでも受け付けていますとのこと。

マブイ・シネコープ
http://homepage2.nifty.com/cine-mabui/

※大阪のシアターセブンで、
明日6月29日〜7月2日
この<原発震災・ニューズリール>全巻を上映。


上映中の
■シアターセブン「監督と見る世界の今」【6月25日〜7月3日(9日間)】http://xfs.jp/NcpZs

6月25日 土井敏邦監督と見るパレスチナ
6月26日 中井信介監督と見るフィリピン&マレーシア
6月27日 藤本幸久監督と見るアメリカ
が終了し、

本日
6月28日 木村修監督と見るアメリカ反戦運動
上映中



明日から

 6月29日〜7月2日  藤本監督&影山プロデューサーと見る原発震災
        <原発震災・ニューズリール>全巻を上映。
        小出裕章さん、今中哲二さんの最新インタビュー9巻、8巻も上映。

とのことです。

7月3日  今岡良子さんと見るモンゴル

上映スケジュール
http://www.theater-seven.com/eiga_kantokutomirusekai.html

入場料:1プログラム1000円、お得な5回券3000円、
 <原発ニューズリール>フリーパス3000円
場 所:シアターセブン
(大阪市淀川区十三本町1-7-27サンポードシティ5F)
第七藝術劇場の下の階
06-4862-7733
http://www.theater-seven.com/access.html


NHK
あさイチ 
総合 :毎週月曜〜金曜
 午前8時15分〜9時54分
http://www.nhk.or.jp/asaichi/index.html
で

明日6月29日(水)に

イチからわかる 内部被ばく
http://www.nhk.or.jp/asaichi/2011/06/29/01.html
を放送予定。

番組放送まで、そして番組放送中も、
内部ひばくについて、質問・意見・情報を募集し受け付けていると思います。どんどん送ってみてはと思います。

※あさイチ 
ホームページ
http://www.nhk.or.jp/asaichi/index.html


●NHKスペシャル
『“フクシマ後”の世界〜私たちは原発とどう向き合うのか〜』(7月9日(土)19:30〜)でアンケート調査
http://www.nhk.or.jp/genpatsu/

意見募集中とのこと。

あなたは、今後、原子力発電所をどうすべきだと思いますか?

の問いに
選択肢から答え

なぜそう思うのか、あなたのご意見を自由にお書きください。

と書き込めるようになっています。


関西圏ドキュメンタリー<等>上映情報(KDML)
(http://www1.vvjnet.biz/kdml)
(過去ログ
http://www.freeml.com/ctrl/html/MessageListForm/kdml@freeml.com)
を通して、

コリアン・マイノリティ研究会
 http://white.ap.teacup.com/korminor/
の
藤井幸之助さん
から


コリアン・マイノリティ関連の催しなど
を教えていただきました。
抜粋転載します。


件名:
これからの催し(6月28日)
差出人:こうのすけさん
送信日時2011/06/28 08:12
ML.NO[kdml:5291]
http://www.freeml.com/kdml/5291?sid=c0ec695387db647105f07fdc0d64eaa5


■関西圏ドキュメンタリー<等>上映情報(KDML)  http://www.freeml.com/kdml/list


みなさん、アンニョンハセヨ?(お元気ですか)

みなさん、お変りありませんか?
けさの大阪市東淀川区は比較的さわやかです。

韓国在住の戸田郁子さんから新刊の案内が届きました。
小生(こうのすけ)が延辺滞在中(1989.9〜1991.7)に何かとお世話になった延辺大学の朴昌 (パクチャンウク)さんについても詳しく紹介されているとのこと、
大変つらい経験をされていますが、
読むのが楽しみです。

●戸田郁子著『中国朝鮮族を生きる−旧満洲の記憶−』(岩波書店)
 長い長い時間をかけて、ようやく一冊の本をまとめ上げました。『中国朝鮮族を生きる−旧満洲の記憶−』というタイトルです。
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/1/0238700.html
 今、東京から届いた出来たての本を胸に抱いて、涙がこぼれそうな私です。
この本の中には、たくさんの人の人生があります。
運命とは、時代とは、そして生きるとはどういうことか。
辛いことのない人生などこの世には一つもなく、それでも人は望みを失わず生きていくのだということを、
私はここに登場した人々から学ばされました。
 ずっしりと重たい本になりました。それは、日本人として生まれた私に科された重さでもあります。
拙著の中にぎっしりと詰まった歴史の重みを、どうか皆様にも共有していただきたいと願っております。
この時代を、共に生きる仲間として。
  2011年6月28日 戸田郁子


東北・北陸の朝鮮学校を回ってきたコマプレスのパクサユさんからのメイルです。

@@@@@@
アンニョンハセヨ(^o^)/
 東北〜新潟〜福島〜大阪に至る同胞の方々に大変お世話になった長い旅でしたが、
また違う意味からの民族教育の成果が確認できた、まさに意味深い時間でもありました。
 先週、南のYTN(ニュース専門TV.tbs・mbs協力社 )にて放送された『東北ハッキョ再建支援至急』のニュースに引き続き、
今週は、『震災地ウリハッキョ特集』企画の『その2』として、
今回新潟〜福島のウリハッキョで出会っ子どもやそのオモニ、アボジ、そしてソンセンニムの方々との廻り合い、そして学んだこと、その感動を、
南の方にもしっかり、ありのまま、伝えたいと思います。放送予定時間など詳細は、後程ご報告致します。
 今回、カメラ用のレインコートを着けたのにも関わらず、運動会の前日、カメラが故障になり、
肝心な運動会の日、家庭用ビデオをお貸りし、撮影したりする始末の大変痛々し出来事もありましたが、
そのなん十倍も大きいことを学ぶことができました。
それは、人が人をありのまま、信じてあげる、信じてくれるというお付き合いの基本的な志のことでした。
 コマプレスに関した皆様のそういう絶対的な信頼、無条件的なサポートに心の底より感謝、感謝の限りです。
未熟で、余所者のコマプレスを、暖かく見守って下さるオモニ、アボジ、そしてソンセンニムの方々に深く感謝致します。
取り急ぎ大阪到着の報告まで
……………………………………
小さい声低い視線
コマプレス 拝
@@@@@@



・・・
●「朝鮮学校:審査停止で訴訟準備 授業料無償化適用めぐり」(毎日新聞 06/24)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110624k0000m040133000c.html

●「高校授業料無償化の手続き再開を求め、文科省に要望書 朝鮮学校」(産経新聞 06/23)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110623/edc11062318050003-n1.htm

●「「高校無償化」適用求める近畿集会、880人以上が結集」(朝鮮新報 06/25)
http://jp.korea-np.co.jp/article.php?action=detail&pid=51751

●「「高校無償化」東京集会に日本各地、南朝鮮から1千人」(朝鮮新報 06/25)
http://jp.korea-np.co.jp/article.php?action=detail&pid=51752
・・・

あす以降の催しもののご案内です。重複お許しください。
■アジアの水辺#02
「知られざる龍王宮」 ゲスト:本岡拓哉さん(同志社大学)
日 時:6月29日(水)19:00〜21:00
場 所:天神橋アートセントー
     地下鉄谷町線/堺筋線「天神橋六丁目」出口Δ茲衙未愿綿7分
 http://maps.google.co.jp/maps/ms?msid=210327135746162305346.0004a5ab047ced815b8be&msa=0
参加費:無料
 済州島出身の在日韓国・朝鮮人の祈りの場であった龍王宮。
桜ノ宮の鉄橋の下、大川の河川敷にあった龍王宮は、済州島とつながる場所として、在日の方の精神的な支えになっていたと同時に、多文化都市としての大阪の底辺を支えてきた文化資源ともいわれています。
今回はこの知られざる龍王宮の歴史的社会的背景そして水辺の文化としての在りようについて
本岡拓哉氏にお話いただきます。

ゲストプロフィール:2009年、大阪市立大学大学院後期博士課程修了後(文学博士)、大阪市立大学都市研究プラザGCOE特別研究員、日本学術振興会特別研究員(PD)となり、2011年からは同志社大学人文科学研究所助教。
専門は人文地理学で、都市周縁層の居住・生活問題、立ち退き問題に関する研究を行っている。
2010年から、こりあんコミュニティ研究会運営委員として「「龍王宮」の記憶を記録するプロジェクト」を遂行中。
※「アジアの水辺」シリーズは、水都と呼ばれる大阪をはじめ
日本およびアジア各地の水辺(海辺、湿地帯など)の生活と共に受け継がれてきた文化、芸能について学ぶ勉強会です。

主 催:大阪市立大学 都市研究プラザ http://www.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/

・・・

■金稔万(キムイムマン)さん本名(民族名)損害賠償裁判第7回口頭弁論     
 本名(民族名)を名のる意義についての準備書面を提出しました。
多数傍聴にいらしてください!

日 時:6月30日(木)11:00〜(どなたでも傍聴いただけます)
場 所:大阪地方裁判所民事510号法廷(大阪市北区西天満2-1-10)
        地下鉄・京阪「淀屋橋駅」「北浜駅」下車
当日の傍聴には傍聴券が必要になります。10:30〜
傍聴券配布予定。当日連絡090-9882-1663(こうのすけ)
連絡先:釜ヶ崎医療連絡会議 大阪市西成区太子2-1-2
      06-6647-8278 nds-2010osaka★hotmail.co.jp(★を@に)
ブログ http://d.hatena.ne.jp/irum/ 
携帯用ブログアドレス http://d.hatena.ne.jp/irum/mobile

■連続学習会「ホントのことを知ろう〜原発をとめるために」第1回子どもたちを被曝から守ろう
お 話:振津(ふりつ)かつみさん(医師・「チェルノブイリ・ヒバクシャ救援関西」)
日 時:6月30日(木)午後6時半〜
場 所:大阪市住まい情報センター5F研修室
     地下鉄谷町線・堺筋線・阪急「天神橋筋6丁目駅」下車H崕亳から連絡
             http://www.sumai.city.osaka.jp/contents.php?id=19
資料代:500円(高校生以下無料)
主 催:3月行動をよびかける女たち 大阪市北区西天満2-3-16 大野協同法律事務所気付 090-4275-9983
      onnatachi3action★yahoo.co.jp(★を@に)

■韓国ニュー・ウェーヴ再発見『風吹く良き日』『鯨とり ナドヤカンダ』
      http://www.kazetokujira.com/
6月18日〜 東京:新宿 K's cinema  
6月25日〜 大阪:シネヌ―ヴォ http://www.cinenouveau.com/
ほか各地で公開予定
配 給:太秦  
配給協力:アジア映画社
特別協賛:アジア市場、蠡膸 
協 力:クリエイティブアクションズ発見の会、コンポラリーナティヤム
後 援:在日本大韓民国民団中央本部、在日韓国人連合会

※「アン・ソンギ 韓国『国民俳優』の肖像」(岩波書店)が出版されました。

銀幕閑話:第349回 アン・ソンギ 国民俳優と呼ばれる男
http://mainichi.jp/enta/geinou/asianenta/news/20110603org00m200037000c.html
も参照ください。


■「植民地研究の最前線 第1回研究会」
日 時:7月1日(金)13:00〜18:00
場 所:同志社大学寒梅館6階大会議室
      http://www.doshisha.ac.jp/access/ima_access.html
主 催:高麗大学校民族文化研究院・同志社コリア研究センター

・・・・




菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)





CML メーリングリストの案内