[CML 010398] 【報告】第66日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろぱ★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2011年 6月 25日 (土) 07:34:11 JST


青柳です。6月25日。
複数のMLと知人・友人にはBCCでお送りしています。重複の場合は大変失礼します。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば: 第66日目報告
 呼びかけ人(4月20日座り込みから6月24日現在総数1011名)
http://www.nanjinggenpatsu.com/hangenpatsu.html

横田つとむ さんから:
青柳様

暑い1日でしたね。
朝、「ミツバチの羽音ーー」の上映をしたいといっていた方とばったり会いました。
時間はかかるでしょうが やりますとのことでした。

佐賀からの連絡、 「佐賀県職員が 通路を封鎖」とのこと。
住民への説明会はどんな形になるのでしょうか?

今日のブログ
九電前テント村 66日目  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1338

どうぞご覧ください。   

古屋茂実さんから:
お疲れさまです。

糸瀬サハラ@田川市さんから:
今日はありがとうございました。
自分を含めみんなの未来の為にこうした活動をされてる事、有難いと同時に感動しています。
またお話を聞いて、玄海はいよいよやばすぎる!と再認識しました。

先程、原発がきっかけでお会いする事になった地元の若い政治家の方とお話してきました。
やり方はこれからですが、田川から株主総会に送り込める様になったらいいね!と。
まずは田川で脱原発に賛同する人を増やしていきます。
これがある限り未来がないよ!と、歳の近い若者に分かってもらいたいです。
28日は行けず無念ですが、ここからパワーを送らせてもらいます。
明日以降の台風が気掛かりですが、皆様ご自愛下さいませ。また寄らせて頂きます。

在原さんから:
 今まず見直さなければならないのは、原発の安全性でも、評価基準でもなく、
保安員や安全委員会の組織の能力であり、個々人の責任能力である。
責任を明確にして辞任、解雇、罰則、罰金を定めた後、正当な各委員の再選
が求められています。
 今の保安員、安全委員会に原発の安全性を見直す資格がありません。
人的災害を招いた公明正大な重過失により自動的に失効しています。

津波の見立てミスの問題は当時国土交通省や東電から土木学会へ出向していた
人間の責任が大きいですが。

福岡の堤義弘さんから:
お疲れさまです。
6月26日(日)の佐賀での説明会抗議活動

今日(6月25日)、佐賀県庁で知事室に行こうとしたら通せんぼされてびっくりしました。
26日に佐賀である説明会抗議活動に関することですが午前9時に説明会の会場であるぶん
ぶんテレビ前に集合して抗議活動を開始してお昼からは佐賀駅までデモをする予定です。
出来るだけ早く来て欲しいとのことです。
佐賀駅からぶんぶんテレビまでの地図は以下のアドレスです。
http://yj.pn/4ik2W7

川島実穂(イラク平和テレビ局)さんから:
青柳様
お忙しい中通信ありがとうございます。
佐賀コミュニティーひびのにも25日10時から
FAXメール受け付けると書いてあったので
再稼働中止!のFAX入れます!

正念場の大変お忙しい中、ご丁寧なお返事ありがとうございます。
そして、全国への転送、本当にありがとうございます!
またイラクからの情報などもお届けさせていただきます。
再稼働阻止にむけて、共にがんばります!

長崎 土居智典さんから:
青柳様
 既にお聞き及びかもしれませんが、6月20日、佐賀県知事から、急遽4,5人の県民を招いて、原発再稼働に向けての説明会を行うと県
議会で発言がありました。
 しかし県が、県民に対して理解を求めるための企画であるはずなのに、主催は経産省。招く住民も経産省が選定するなど、とんでも
ないいかがわしい説明会です。佐賀の現地の脱原発団体では、おおよそこの説明会をボイコットする方向で動いているようです。
 この件を、ツイッターで流したところ、大変多くの反響を得ました。
 佐賀で長らく活動をやっている団体は、既に抗議申し入れをしたようですが、最近になって関心を高めてきた人は、どこを通して怒
りをぶつけて良いかわからないという声が寄せられました。そこで、ネットで怒りを発している人の声を、県知事にぶつける企画を考
えました。
 そこで6月26日に、急遽有志を募って佐賀県庁に赴いて、県知事に対して抗議の申し入れを行います。
http://tomodoi.sakura.ne.jp/genpatsu/20110626saga.html
 日がありませんが、もし九電本社前広場でも賛同いただける方がおられましたら、参加もしくは連名お願いします。

いのうえしんぢ さんから:
今日夕方に僕が断片的な情報を送ってしまったように…
佐賀県側はもはや冷静な判断を出来ていない状態に思えます。

納得できる住民説明会の開催を求めて佐賀県庁へ申し入れに行っ
た住民を待っていたのは、 県庁職員スクラムによる申し入れ妨
害でした…。これが「住民が安心して暮らせる」ようにする行政
の仕事なんでしょうか?この仕打ちは一体どういうことなんでし
ょうか?
http://twitpic.com/5g08ir

この疑問を「住民説明会」当日に投げかけましょう!
民主的な方法で申し入するのに、県庁側がスクラム組んで妨害す
るならば、こちらも説明会場建物入り口に僕らがスクラム組んで
説明会関係者全員をいれないようにするってのはどうですかね(笑)

さて、
6/26(日)朝9時集合です。
「どんどんどんの森」佐賀県佐賀市天神3-2-11
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&tab=wl

※雨の場合は、「どん3の森」併設のアバンセに集合

交通アクセス
1.JR佐賀駅から徒歩で10分
JR佐賀駅の南口から「西友」に沿って200メートルほど進み「駅前
交番西」交差点を右折、そのまま400メートルほど進み「神野東一
丁目」(国道264号線が交差)付近で左前方にアバンセ(薄いピン
ク色の4階建)が見えます。
 
2.JR佐賀駅からバスで
佐賀駅バスセンター2番乗り場から行先番号58番又は59番の「クレ
オパーク鍋島」行き(およそ30分間隔で運行、所要時間5分程度、
大人運賃150円)に乗車し、「どん3の森前」バス停で下車してく
ださい。どんどんどんの森の緑地帯にアバンセ(薄いピンク色の
4階建)が見えます。
 
3.佐賀大和インターチェンジから車で
国道263号線を佐賀市街方面へ5キロほど進み「国立病院前」交差
点(右手に佐賀県総合グラウンド、国道34号線との立体交差)を
通過、直後の「機動隊前」交差点を右カーブして道なりに進み、
1キロ先のJR長崎本線の高架を通過、200メーター先の「神野東一
丁目」交差点を右折し一方通行の標識に従って、「どんどんどん
の森」周回道路に入るとアバンセ(薄いピンク色の4階建)が見え
ます。

説明会場のアタリはついているのですが、これを拡散してしまう
と向こうが会場を急きょ変更する恐れがあるので公表しないでお
きますね。

/////

6/28(火)は九電株主総会アクションです。
http://genkaibai.blog.fc2.com/blog-entry-45.html

この数日間ってなにか、キナ臭い感じがしませんか?
だって、伊方原発(愛媛)のMOX燃料装填、もんじゅの作業、
「住民説明会(佐賀)」、九電株主総会などなど…。

「その時に僕たちは
 きっと顔をみあわせて
 こうつぶやくだろう。
 不思議だなぁ…
 どうしてあんなバカバカしい時代が
 あったのだろうって」

そんな言葉をこの怒濤の日々の後、先の未来になって
つぶやけるようになりたいです。

では、僕は明日から佐賀入り(テント村)します。
日曜日は佐賀で御会いしましょう!

増井玲子さんから:
青柳様

 日々の活動お疲れさまです。
 糸島市から返事が来ました。
 出光氏の人選は見直さないそうです。仕方ないので、玄海原発が爆発したら、
私たちは糸島市の判断なんか気にせず、即、県南へ避難いたします!

増井玲子さま

 お手紙、ありがとうございました。ご意見に対しお答えします。
 糸島市防災会議の専門委員会委員として、九州大学大学院工学研究院の出光一哉教授については、5月13日に開催した第1回糸島市防
災会議において、選任承認の議決をいただいていますので、専門委員会委員として人選を見直す考えはありません。
 出光氏を選任した理由としては、福岡県放射線災害対策アドバイザー及び佐賀県環境放射能技術会議委員としての実績があり、原発
立地県である佐賀県及び福岡県での放射線環境調査、防災対策に精通した同氏の見識により、糸島市の地域防災計画を見直すにあた
り、的確な助言をいただけるものと判断したからです。
 国や県は市町村地域防災計画に対して、防災業務計画等に抵触しないか勧告、指示することになっており、糸島市だけが逸脱した地
域防災計画になることはありません。
 行政の責務として、市民の生命、財産を津波、原発災害から守り、また、被害の軽減を図るため、諸対策を実施して参りますので、
今後ともご協力をよろしくお願いいたします。 糸島市(窓口 秘書広報課) 

井上裕子 さんのコメントを転送します:
青柳  様
お疲れさまです。
知人から下記の調査報道サイトを教えてもらいました。

Hunter(ハンター)
http://hunter-investigate.jp/news/2011/06/post-64.html

記者クラブとは一線を画し、調査報道を志向するライターが中心になって
地元福岡県をはじめ国の政治、行政の問題点を報道記事にしているサイトです。

玄海町政「癒着の構造」
  九電軸にうごめく政・業
〜玄海原発運転再開への疑問〜  
http://hunter-investigate.jp/news/2011/06/post-59.html

結論にある「玄海町政に原発を論じる資格なし!」に全く同感です。
西日本新聞にも取材をしてもらえないか要請しました。

他にも
玄海町長に新たな疑惑〜「自宅」選挙事務所、企業が所有 など
玄海原発関連記事が多いので、一読をおすすめします。

崔 勝久さんから:
「空の空なるかなー」
元大学で言語学を教えていらした池谷彰さんからの投稿です:「空の空なるかなー」
3・11を経験して考えて来られた気持ちを豊富な引用と、率直なお気持ちを書いて
くださいました。ご本人は、反原発を宣言され、「私は杖をついていますが、デモに
参加するつもりです。たとえ機動隊にぱくられても。」と、強い意志を表明されてい
ます。
詳しくはブログを参照ください。
http://www.oklos-che.com/2011/06/blog-post_24.html

   【九電 原発廃炉に向け、6・28九電株主総会へ】
 呼びかけ: 九電の原発廃炉を求める連絡会 九州電力消費者株主の会 

●脱原発の九州電力消費者株主の会は4議案を提出。

ヾ設原発(玄海4基、川内2基)について古い発電所から順次、停止・廃炉の措置をとり、新規立地、増設を行わない。
⊆然エネルギー発電本部を立ち上げる。
C録漫δ吐函Σ仍崖萋阿もたらす影響・危険性について、地元住民代表・消費者代表を含む調査検討委員会を早急に設置する。
ご躙韻淵廛襯機璽泪詒電を中止する

  〜〜九電経営陣・株主・市民に脱原発のアピールを〜〜

日 時:6月28日(火)
8:00:九電本店前集合、行動、注意事項等の確認の後、会場のニューオータニ前に移動
8:15:会場前で株主向けチラシ配布(ex.「九電が脱原発に舵を切れば株価は戻る」)
   ↓ *トラクター部隊・・デモ行進で会場に到着
9:00:「人間の鎖」⇒総会会場のニューオータニの周囲を埋め尽くす。
      参加者の人数により、「人間の鎖」の範囲を判断。
          *株主総会参加者を中心に、来場する株主・周辺市民向けにリレーメッセージ
          (株主の会メンバーの入場は9:40〜)
          *トラクター隊・・会場周辺を周回デモ。
10:00:総会開始
           *総会前行動を終了し、デモに移行。トラクター(10台程度)を一定の間隔(参加者
             数による)を置いて走らせ、その間を人がゆっくり歩く⇒この間に各種のパフォーマ
             ンス⇒豊富なアイデアを!)
12:00:トラクター・人デモ終了。隊列は九電本社前に移動
    ↓ *歌や踊りのパフォーマンスで総会終了を待つ。 
13:00頃 総会終了見込み *報告集会                          

Twitter フェイスブック ミクシーで【拡散希望】
【九電経営陣・株主・市民に脱原発のアピールを!
6月28日(火)午前8時、九電本店前ひろば集合。
会場のホテルニューオータニ(本店向かい)を人の鎖で取り囲もう!
連絡先080-6420-6211(青柳)】

___★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろぱ★☆___

  九州電力へのアピール・座り込みテント「ひろば」は続けます。
        毎日 午前10時から午後5時 
  場 所:九電本店前 
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/ぬmap19.html
     福岡市中央区渡辺通2丁目1−82  

★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】(6月24日1名)      
      糸瀬サハラ
    (6月24日現在総数1011名)                

* なお、もしも記載漏れの方は恐れ入りますが再度ご連絡をお願いします。   
 (メールでの呼びかけ人賛同の方、y-aoyagi at r8.dion.ne.jp 青柳まで)

★☆気力と体力そしてカンパの続く限り、テント村ひろばを続行します。
★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ★☆
★☆ ひろぱ・ 訪問感想記等メールをお待ちしています。  

★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★
Twitter フェイスブック ミクシー で拡散してくださる方は、
以下をお使いください。【拡散希望】
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆毎日午前10時から午後5時
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場 所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html

***********************************
〒812−0041
福岡市博多区吉塚5−7−23
   青柳 行信
 電話   080-6420-6211
Eメ−ル:y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
***********************************


CML メーリングリストの案内