[CML 010374] 6/23木曜〜26日曜京都 VOICES OF Ah-Ma 台湾 阿媽(アマー)の写真展

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2011年 6月 24日 (金) 09:12:25 JST


転送・転載歓迎


京都の菊池です。
お知らせが遅くなってすみません。
昨日(6/23)から法然院で、台湾のアマーたちの写真展が始まりました。
(6/26日曜に報告会もあります。)

ご都合つきましたらぜひ、ご来場ください。
関西の知り合いをはじめ多くの人に伝えてくたざい。
よろしくお願いします。
主催の
旧日本軍性奴隷問題の解決を求める全国同時企画・京都実行委
の
ブログ
http://syogenkyoto.blog70.fc2.com
もぜひご覧ください。

お知らせを転載します。


*************

VOICES OF Ah-Ma 台湾 阿媽(アマー)の写真展
・・・台湾ではおばあさんのことを親しみを込めてアマー(阿媽)と呼 
びます。


★6月23日(木曜日)〜26日(日曜日)
★時間 昼の12時〜午後5時まで 入場無料
★場所 法然院 講堂(京都市左京区.哲学の道 銀閣寺より南に歩く)
★報告会 26日(日)午後2時〜4時 写真展会 
場にて
柴 洋子さん(台湾の元「慰安婦」裁判を支援する会)のお話をうかがいます。

★主催 旧日本軍性奴隷問題の解決を求める全国同時企画・京都実行委

メールwelcomeharumoni at hotmail.com

ブログ http://syogenkyoto.blog70.fc2.com

カンパ振込先 郵便口座00970-8-167088(証言京都)


京都実行委では、
2006年に台湾の被害女性を京都にお招きして証言集会を行い、
2008年も証言集会に台湾から来ていただきました。
京都に来られた3人の阿媽たちは違う言葉を話し、私たちは全く知らなかった台湾に出会いました。
好奇心が旺盛で、愉快で、愛情が深い阿媽たち、ユニークなセラピーワークショップに継続して取り組み、阿媽の心と身体の傷と向い合う婦援会の若いスタッフたちを知りました。
その後私たちは継続して台湾の支援団体や阿媽たちとの交流を続けてきました。

写真集の当時(2005年)、阿媽たちの平均年齢は85歳。既に亡くなられた方々もいます。阿媽たちをより身近に感じてほしいと思い、今回の写真展を企画しました。
ぜひおこしください。

今回の写真展の写真は、
台湾で日本軍「慰安婦」被害女性をサポートしている台北市婦女救援社会福利事業基金会(通称・婦援会)が2005年8月に出版した写真集に収録されているものです。
旧日本軍性奴隷被害女性たちの現在を写したものです。
台湾人カメラマン、黄子明氏、沈君帆氏、日本人カメラマンの矢嶋宰氏の撮影です。
証言集会京都実行委のメンバーが撮影した写真も少し展示する予定です。

婦援会は、阿媽たちの健康面、生活面、長い間のPTSDからくる問題など心理面にも心を配り、
セラピーワークショップを定期的に行い、阿媽とともに国際的な連帯行動にも積極的に参加してきました。
最近では、「阿媽たちの夢をかなえる旅」を企画し、年老いた阿媽たちが現世においての心残りが少しでも減るように努力しています。
キャビン・アテンダントや郵便配達人など、夢を叶えた阿媽の笑顔もぜひ見てください。




菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)



CML メーリングリストの案内