[CML 010370] 【7月14日大島堅一立命大教授講演会@京都】 「ここが知りたい! 電気の経済学〜お金から考える原発と自然エネルギー」

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2011年 6月 24日 (金) 04:25:52 JST


「経済合理性」という観点から原発と自然エネルギーを考えましょう。15%節電で苦しんでいる企業関係者の方、ぜひ、ご参加下さい!原発がないと「大停電」が起こると思っている方、ぜひ、ご参加下さい!大島先生がやさしく疑問にお答えします。「今の生活を維持するためには、原発は必要ではないの?」と思っている方々にこそ参加していただきたい講演会です。あなたの疑問に100%お答えします。膨大なお金(税金と電力料金)を原発に使うべきか、あるいは自然エネルギーに使うべきか、誰しもが疑問に思っていることについて、大島先生がキッパリとお答えします。ご参加、お待ちしております。
 
***(転送歓迎)***
 
いまこそ原発を問う連続講座3回目
「ここが知りたい! 電気の経済学
  〜お金から考える原発と自然エネルギー」
 
◎日時 7月14日(木)
    午後6時半〜9時(開場6時)

◎場所 龍谷大学アバンティイ響都ホール
    京都駅八条口アバンティビル9階  
    TEL 075-671-5670
http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_hall.html
※アバンティビル東エレベーターをご利用ください
 
◎講師 大島堅一さん(立命館大学教授)
(プロフィール)
 1967年福井県生れ。専門は環境経済学、環境・エネルギー論。
 最近では電力会社の有価証券報告書を検証し、実際の原発の発電
 コストを試算して、テレビ等で話題に。主な著書に『再生可能
 エネルギーの政治経済学』など。
 
◎コーディネーター 守田敏也さん(フリーライター)

◎資料代 500円
 
原発事故で先の見えない状況が続くなか、
原発を続けるのか、脱原発で自然エネルギーへの転換を
進めていくのか、これからの電気のあり方について、
一人ひとりが考えていく必要にせまられています。

でも、「原発をなくすと、電気代が高くなるんじゃないの?」
「自然エネルギーで安定供給できるの?」など不安や疑問がいっぱい。
そこで、原発にいくらコストがかかっているのか、
実際に計算してみた(!)いま話題の人、
大島堅一さんと一緒に考えてみませんか?
 
◎主催 「いまこそ原発を問う連続講座」実行委員会

◎連絡先 TEL 077-596-1181(あらの)
     携帯 090-219-5208(おおすが)
 
※ INFORMATION ※ 

「河野太郎衆議院議員とフリートーク集会

7月17日(日)午後2時〜

京都市岡崎 みやこめっせ地下会議室

申込み先  sato_etsu at h...
090 − 4037 − 2158(さとなか)


  		 	   		  


CML メーリングリストの案内