[CML 010364] 小出先生、「もんじゅが大事故になったら福島の比ではない」

Yasuaki Matsumoto y_matsu29 at ybb.ne.jp
2011年 6月 23日 (木) 23:07:34 JST


みなさまへ   (BCCにて)松元
小出先生の「たね蒔きジャーナル」6月23日分の転送です。

福井県敦賀市のもんじゅの引き抜き作業が早くもトラブルを起こしている模様です。
小出先生、「ナトリウムは空気にふれると火事、水にふれると爆発で、大事故になったら手の施しようがなくなる、福島の比ではない。」と語っています。

●「小出裕章非公式まとめ」に生の声がアップされています。 

http://hiroakikoide.wordpress.com/

======以下転送======
永岡です、毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」、今日は千葉猛さんの司会で放送されました。毎日新聞本社論説委員の近藤伸二さんの解説でした。

 原発のニュース、汚染水処理で、細かいトラブルで本格稼動のめどがついていません。セシウムが取れておらず、汚染水が計画通り通っていなかったのです。福島では雨が予想され、3号機への水の量を減らしています。

 環境省、海水、湖の放射能汚染(セシウム50ベクレル/リットル以下、ヨウ素30ベクレル以下)、福島県いわき市を除いて大丈夫で、枝野氏は大丈夫と言い、追加的な被曝で、飲料水より厳しく調べています。

 スズキ、浜松中心の配置を転換します。津波、原発事故リスクに対応するためで、他の企業にも影響しそうです。移転は静岡県内を想定しています。


 そして、小出先生のお話、リスナーの質問特集で、実家は福島郡山で放射線量の高いところにあり、近所の公園で4.7マイクロ、5.7マイクロシーベルト/時間が出ました。芝生の値が高く、雑草を刈れないが、と言うことで、「難しい」、普通の環境なら空間のガンマー線は0.05であり、その100倍、事故での放射能が降り積もっている、そこで子供が遊ぶなら芝生を剥ぎ取る、年寄りならそのままとの選択もあるのです。子供がいるなら必ず剥ぎ取って欲しいのです。

 20日の放送で、福島の汚染値を引き剥がす、土の除染でどれだけ大丈夫か、について、「大丈夫」という言葉は被曝に関して使ってはいけない(安全、安心もアウト)、「どこまで受け入れざるを得ないか」であり、土を剥ぎ取ると被曝量は1/10(5cm取る)、3月の事故で降り積もったもので、今後大量の放射能が降り積もるかは不明だが、今のところは3月の半ばより空気中からたくさん降り積もることはない、土は除去して欲しいのです。



 ドイツからのメール、ガンダーセンという人が、原子炉からホットパーティクルが出ており、東京でも出ている、車のエンジン、フィルターに引っ付き、アメリカのシアトルでも汚染されているというのですが、このことについて、福島の原発は壊れて高温になり、放射性核種が微粒子になり、各方面に流れている、それをホットパーティクルといい、肺に吸い込んだら局所的な大量被曝になり、プルトニウムはアルファ線を出し、ついた近傍を被爆させる、注意しないといけない、アルファ線を出すものを調べないといけない、プルトニウムより、ヨウ素、セシウムが問題、そして今後プルトニウムの被曝が問題になるとのことです。

 奈良の人から、周りに原発に無関心の人が多い、関西にも放射能が出るということを外で言うなと言われたのですが、関西の被爆は、関西だけでなく、九州、沖縄、アメリカ、ヨーロッパにも降り注いでいるのです。ただし、量は福島周辺は濃密であり、関西は薄いだけの違いで、注意しないといけない、自分の身が心配なのか、奈良の子供たちが心配なのかが問題なのです。


 もんじゅの落下装置の引き抜きで、これ、うまく行くか、失敗したらどうなるかで、「私も心配である」、もんじゅは特殊で、福島は炉心を水で冷やせるが、もんじゅは水が使えないので、ナトリウムを使っている、空気に触れると火事、水に触れると爆発で、冷やすナトリウムのある場所に、燃料中継装置を落としてしまった、空気中に引き出すと火事になり、重量は10トンあり、大変なクレーンが要り、こんな作業を空気に触れずにやれるのか、配慮してやっても、万一空気に触れたら火事になり、もんじゅだと水すらかけられない、手をこまねいて見るしかない、大規模な事故になる可能性があるのです。「事故になったら福島の比ではない」のです。95年にはナトリウム漏れがあり、とてつもなく扱いの大変な原子炉なのです。

 今日はリスナーの質問で、私も聞きたかったことを聞けました。今後も小出先生のお話を紹介いたします。


------------------------------------
パレスチナ連帯・札幌 代表 松元保昭
〒004-0841  札幌市清田区清田1-3-3-19
TEL/FAX : 011−882−0705
E-Mail : y_matsu29 at ybb.ne.jp
振込み口座:郵便振替 02700-8-75538 
------------------------------------ 



CML メーリングリストの案内