[CML 010361] 出馬表明された井原勝介さんが大阪・堺に土曜日午後来られます

前田純一 maeda.junichi at nifty.com
2011年 6月 23日 (木) 17:02:40 JST


井原勝介さんが、前回の雪辱を果たすべく、来年1月に行われる山口県岩国市長選挙に
出馬することを、6月11日に開かれた「草の根ネットワーク岩国」の第4回大会で決
意表明されました。
その井原勝介さんをゲストに大阪府堺市にお迎えし、いま9条と私たち、非戦の市民講
座第13回を、今週土曜日6月25日午後1時30分〜4時に、サンスクエア堺(JR
堺市駅前)で開催します。
テーマは、基地、そして震災・原発〜住民自治から考える〜です。
皆さんお忙しいとは思いますが、なにとぞ日程をやりくりしていただき、お知り合い尾
・ご友人をお誘いの上、奮ってご参加下さい。資料代1000円です。

井原さんの決意表明の一端をご紹介します。

「原発に関する危険性などについて十分な情報公開と説明がなされることなく、お金で
住民を分断して、強引に進められてきた。その結果、人々の生活、文化、産業などすべ
てが失われてしまった。取り返しのつかないこと。『政治の過ち』だと思う。今回の事
故を契機にエネルギー政策の転換が言われている。結構なことだが、政治のあり方の根
本から見直していかなければ、また同じ過ちを繰り返すことになる」
「国策といえども、住民の理解なくして実施すべきでない」
「いくら科学的に合理性のある計画であっても、住民の理解を得て初めて『政策』と言
えるものになる。政策を最終的に選択し、決定するのは、住民の意思である」

世話人:前田純一




CML メーリングリストの案内