[CML 010351] 【報告】第64日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろぱ★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2011年 6月 23日 (木) 08:04:25 JST


青柳です。6月23日。
複数のMLと知人・友人にはBCCでお送りしています。重複の場合は大変失礼します。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば: 第64日目報告
 呼びかけ人(4月20日座り込みから6月22日現在総数1000名)
http://www.nanjinggenpatsu.com/hangenpatsu.html

 ★原発とめよう!の輪をひろげる呼びかけ人が
   目標の1000名にたっしました。
皆様の原発をとめたい!!の連帯に感謝いたします。
 
これからも、佐賀県知事の動向、九電、政府の原発推進は変わらないので、
     皆さんと一緒に
★引き続き ★原発とめよう!の輪をひろげる
★呼びかけ人を募集していきます。 (コメント青柳) 

横田つとむ さんから:
青柳様

お疲れさまでした。
蒸し暑い一日でした。
今日もまた、署名用紙をかかえた方が、多数、訪れてくれました。
28日の 準備も 始まっています。
あわただしさを感じる 一日でした。

今日の あんくるトム工房
原発 再開は認めず   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1335

          世論の盛り上がりが 鍵ですね。

楢崎 さんから:
テレビニュースを見ました。
佐賀県議会のニュース二つ。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1956013.article.html
こちらはNHKです。
県議会が知事に申し入れ
玄海原子力発電所2号機と3号機の運転再開をめぐって、国が今月26
日に県民向けに開く原発の安全性の説明会について、佐賀県議会は、2
2日、説明 会の開催場所や参加者など具体的な内容が明らかに
されていないとして、詳しい内容が分かり次第、速やかに公表するよう
古川知事に申し入れました。
玄海原発2号機と3号機の運転再開をめぐって、国は、原発の安全性に
ついて今月26日に佐賀県内で県民向けに説明会を開くことになってい
ます。
佐賀県議会の石井秀夫議長は、22日古川知事を議長室に呼び、4日後
に迫った説明会の開催場所や参加者など具体的な内容が明らかにされて
いないとして、こうした内容が分かり次第、速やかに公表するよう申し
入れました。
石井議長は、22日開かれた議会運営委員会の理事会で、説明会に出席
するのは5人程度で参加者の数が少なすぎて県民に説明したことになら
ないとか、国が参加者を選んで行う説明会では、自由な議論ができない
といった意見が出されたことなども報告しました。
古川知事は、「説明会の詳しい内容は、まだ決まっていないので、国か
ら連絡があり次第、早く報告したい」と答えたということです。
06月22日 19時21分

佐賀県に抗議の電話・faxを
■ 佐賀県 秘書課   FAX:0952-25-7288  TEL:0952-25-7007
■ 原子力安全対策課 FAX:0952-25-7269  TEL:0952-25-7081

小林えいこ さんから:
皆様 以下転送します。
札幌の泉様からのコメントです。
 玄海原発再開について全国の方のいのちの問題が繋がっています。
 
お疲れ様でした。
人間としてわかってくれるのではと期待すると、裏切られ、無力感に襲われます。
いのちより金と権力が大事な人たちだということを思い出しましょう。
 
玄海は私たち皆の問題です。遠い北海道から、
私たちにできることをやっています。
 
昨日は、道議会で自民の代表質問で、プルサーマル見直しも出され、民主、公明もそれに続き、知事は慎重な姿勢を見せ、国が福島3
号機の検証を終えて安全確認をしないうちは、プルサーマルを認められないとしました。しかし、保安院は6月20日北電のMOX/輸入
燃料体検査申請を認め、今日の道新朝刊は、北電は計画通り2012年春のプルサーマル発電開始を目標に、MOX燃料のフランスでの製
造が今月にも始まると書いています。
 
札幌の上田市長は、脱原発宣言をしました。
今日、私は、MOXに関する市議会での陳情主旨説明を行います。
 
このMLを通して、全国の脱原発運動と繋がれることに感謝しています。海江田の安全宣言抗議、私たちも出します。
6月29日の北電株主総会でも、東電、関電株主総会アクションに励まされ、札幌でも当日会場前でのアクションを計画しています。

増井玲子さんから:
青柳様
 お疲れさまです。
 先日、江田法務大臣にメールしました。やはり長崎・広島、そして水俣の教訓は生かされていないことに落胆せざるを得ません。
 すでに想定された危険が警告されていた原発事故が起き、なぜ国民の血税が水俣のときと同様に、原因企業に流れるのか…全く理不
尽だと思いませんか? 

江田五月さま
 こんにちは。毎日の政務お疲れさまです。
 今回の原発事故について、水俣病の被害と比較されることが多いのですが、被害は水俣と同じく甚大で長期間にわたることは確実で
す。5年もすればチェルノブイリのように、白血病で命を落とす子どもが増えてくることでしょう。
 このような危険極まりない原発は、廃止するのが一番ですが、現存原発については法的規制を強化するべきです。リスクを福島原発
のケースをもとにはじき出し、その被害補償をあらかじめ計算して電力会社にキープさせるしかないと思います。それができないな
ら、原発は動かせない、造らせないこととするのです。従来から原発に反対してきた国民がいる限り、国全体の税金で補償する問題で
はないはずです。
 石原都知事は新宿に原発を造ろうとして止められたそうですが、都庁の屋上に風車をつけて風力発電するほうが、ビル風の利用に
なって安全かつ便利だと思いますけど、どうでしょう。

東京 星川まり さんから:
いつも配信ありがとうございます。
「脱原発の日のブログ」に掲載させて頂きます。
http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/

電力会社の株主の脱原発への意志と、
このあと定期検査に順次入れば来年には全機停止。
定検後の再開を地元が認めさえしなければこのまま脱原発になりそう、、、と 
いうことで、
海江田さんが自治体に要請など言語道断ではありますが、それにも批難・反発 
が報道されますし、

新しい気運として自治体首長が反原発、脱原発宣言をし始めました。
住民、市民ひとりひとりの強い意志表示が6.11でもしっかりとできたと思いますし、
自治体の意向ひとつで原発は動かせないという世論形成ができてきたと思います。

電力会社が放射性物質を制御などできず、DNAを地球規模で損傷していく可能 
性はゼロではなく、
そんな人智を越えたテクノロジーは、撤退する方がいいと、気づいてくれると 
いいです。

今後とも、脱原発実現の日まで、この道を一歩ずつ進みましょう、
お互いに元気でいきましょう。

申 東愛 さんから:
青柳様 
cc吾郷成子様
お世話になっております。
北九州市立大学法学部、政策科学科の申東愛です。
青柳様のご活動については、色々知っております。
今回、福島問題についても、情報発信や呼びかけ、そしてご活動については、心
強く思っております。
さて、北九大の法学部では、特別講演、という形式で、原子力、エネルギー問題
に関する特別講演会を開催しようと思ってます。
この前、広瀬様の講演会(北九州市、福岡市)には、他の授業があり、出席でき
ませんでしたが、それについては、学生を含め、色んな経路から聞いております。
今回、私が、法学部とともに、企画していろ内容は、原子力問題を含め、それを
巡る政冶、政策関係、原子力政策そのものも、議論できればと考えております。
九大の吉岡先生に御越し頂いたこともありますが、政冶との関連での関連、科学
技術などの関連があまり、触れられなかったため、
今後とも議論できればと思います。

それではよろしくお願い申し上げます。
来週、28日、北九州市小倉駅で、学生さんによる原子力関連のアンケート調査が
予定されてます。これらをもとに、freePaperを作成し、配布する予定で、頑張
ってます。

uchitomi makoto さんから:
大阪府市、滋賀県、福井県に続いて、京都府でも「脱原発」に向けた動きが出始めました。
【放射能漏れ】
原発隣接…オール京都で国・関電に要望書「自然エネ転換を」
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110622/kyt11062214010005-n1.htm

 原子力発電所がある福井県に隣接する京都府の山田啓二知事は22日、府内市町村長と連名で、国と関西電力に対し、原発の安全対
策に万全を期すことや自然エネルギーへの転換を求める緊急要望書を提出した。
 
 京都府は、関西電力の高浜原発(福井県高浜町)と大飯原発(同県おおい町)の事故を想定し、防災対策の重点地域(EPZ)を半
径10キロから暫定的に20キロに拡大した防災計画の見直しを進めている。
 
 今回の要望書では、EPZの拡大で対象人口が約9万人になったとし、放射線の監視態勢の強化、情報伝達態勢の再点検と情報開示
の徹底などを求めている。 
 
京都府、関電に安全協定求める 原発再稼動に関与望む
http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK201106220056.html 
2011年6月22日  
 全国最多の原発15基(1基は解体中)を抱える福井県に隣接する京都府は、関西電力に対し、同社と福井県が結んでいるのと同じ
レベルの原子力安全協定を府側とも結ぶよう求める要望書を出した。稼働にあたって府側の意向を尊重させるねらいがあるとみられ
る。 
 
 福井県内では、原発が立地する敦賀市や美浜町、おおい町、高浜町が県と連名で、各原発を運営する関西電力などの電力事業者と原
子力安全協定を結んでいる。トラブル発生時に原発の停止を求める権限や、再稼働時に自治体の了解を得ることが定められている。 
 
 京都府の要望書は今月17日付。山田啓二知事と府内の市町村長の連名で提出した。要望書は「立地自治体に準ずるような協定が締
結できるよう取り計らうこと」を求めている。  		 	   		  

【九電 原発廃炉に向け、6・28九電株主総会行動】

●脱原発株主は4議案を提出。

ヾ設原発(玄海4基、川内2基)について古い発電所から順次、停止・廃炉の措置をとり、新規立地、増設を行わない。
⊆然エネルギー発電本部を立ち上げる。
C録漫δ吐函Σ仍崖萋阿もたらす影響・危険性について、地元住民代表・消費者代表を含む調査検討委員会を早急に設置する。
ご躙韻淵廛襯機璽泪詒電を中止する

Twitter フェイスブック ミクシーで【拡散希望】
【九電経営陣・株主・市民に脱原発のアピールを!
6月28日(火)午前8時、九電本店前ひろば集合。
会場のホテルニューオータニ(本店向かい)を人の鎖で取り囲もう!
連絡先080-6420-6211(青柳)】

___★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろぱ ★☆___

  九州電力へのアピール・座り込みテント「ひろば」は続けます。
        毎日 午前10時から午後5時 
  場 所:九電本店前 
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/ぬmap19.html
     福岡市中央区渡辺通2丁目1−82  

【呼びかけ人】(6月22日20名)      
 井上貴仁 守口雅恵 島田雅美 三上幸子・瓦 祝原知恵
 福田カズ子 原田キオ子 福田誠自 白石都 坂田幸子 
 吉井敬一郎 吉井由紀 熊本貴弘 高山陽子・里美・轟・亮
 山下尚・美智子 梅田香寿美 伊香 瑞美子(いこう すみこ)
    (6月22日現在総数1000名)                

* なお、もしも記載漏れの方は恐れ入りますが再度ご連絡をお願いします。   
  ★原発とめよう!の輪をひろげる呼びかけ人が
   目標の1000名にたっしました。
皆様の原発をとめたい!!の連帯に感謝いたします。
 
これからも、佐賀県知事の動向、九電、政府の原発推進は変わらないので、
     皆さんと一緒に
★引き続き ★原発とめよう!の輪をひろげる
★呼びかけ人を募集していきます。 (コメント青柳) 
 (メールでの呼びかけ人賛同の方、y-aoyagi at r8.dion.ne.jp 青柳まで)

★☆気力と体力そしてカンパの続く限り、テント村ひろばを続行します。
★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ★☆
★☆ ひろぱ・ 訪問感想記等メールをお待ちしています。  

★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★
Twitter フェイスブック ミクシー で拡散してくださる方は、
以下をお使いください。【拡散希望】
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆毎日午前10時から午後5時
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場 所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   【九電 原発廃炉に向け、6・28九電株主総会へ】
 呼びかけ: 九電の原発廃炉を求める連絡会 九州電力消費者株主の会 

●脱原発の九州電力消費者株主の会は4議案を提出。

ヾ設原発(玄海4基、川内2基)について古い発電所から順次、停止・廃炉の措置をとり、新規立地、増設を行わない。
⊆然エネルギー発電本部を立ち上げる。
C録漫δ吐函Σ仍崖萋阿もたらす影響・危険性について、地元住民代表・消費者代表を含む調査検討委員会を早急に設置する。
ご躙韻淵廛襯機璽泪詒電を中止する

  〜〜九電経営陣・株主・市民に脱原発のアピールを〜〜

日 時:6月28日(火)
8:00:九電本店前集合、行動、注意事項等の確認の後、会場のニューオータニ前に移動
8:15:会場前で株主向けチラシ配布(ex.「九電が脱原発に舵を切れば株価は戻る」)
   ↓ *トラクター部隊・・デモ行進で会場に到着
9:00:「人間の鎖」⇒総会会場のニューオータニの周囲を埋め尽くす。
      参加者の人数により、「人間の鎖」の範囲を判断。
          *株主総会参加者を中心に、来場する株主・周辺市民向けにリレーメッセージ
          (株主の会メンバーの入場は9:40〜)
          *トラクター隊・・会場周辺を周回デモ。
10:00:総会開始
           *総会前行動を終了し、デモに移行。トラクター(10台程度)を一定の間隔(参加者
             数による)を置いて走らせ、その間を人がゆっくり歩く⇒この間に各種のパフォーマ
             ンス⇒豊富なアイデアを!)
12:00:トラクター・人デモ終了。隊列は九電本社前に移動
    ↓ *歌や踊りのパフォーマンスで総会終了を待つ。 
13:00頃 総会終了見込み *報告集会                          

Twitter フェイスブック ミクシーで【拡散希望】
【九電経営陣・株主・市民に脱原発のアピールを!
6月28日(火)午前8時、九電本店前ひろば集合。
会場のホテルニューオータニ(本店向かい)を人の鎖で取り囲もう!
連絡先080-6420-6211(青柳)】

***********************************
〒812−0041
福岡市博多区吉塚5−7−23
   青柳 行信
 電話   080-6420-6211
Eメ−ル:y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
***********************************


CML メーリングリストの案内