[CML 010342] 「戦争責任研究」72号が発行されました。

戦争責任資料センター cxm00507 at nifty.com
2011年 6月 22日 (水) 16:41:03 JST


 <転送歓迎>

                            2011−6
季刊「戦争責任研究」72号が発行されました。
                           
                               日本の戦争責任資料センター事務局

 日本の戦争責任資料センターではこのほど『季刊・戦争責任研究』72号
および付録パンフレット「レッツ」71号と「レッツ」72号を発行しました。
その目次をお知らせします。

ぜひ、会員になってセンターの活動を支えてください。


        ******** 目次のご案内 ************


季刊「戦争責任研究」72号

<特集 略奪文化財返還問題>

 日韓会談と文化財返還問題…………………………………………李 洋秀 

 朝鮮文化財略奪の舞台―韓国・江華島……………………………荒井信一 

 日本側からみた流出文化財の問題点と解決への課題 
           ………………韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議

 日本の侵略戦争にともなう文化財被害とその返還について………森本和男 

 公文書管理法の施行とアーカイブズ…………………………………川村一之 

        −−−−以上が特集記事ですーーーー

米軍接収資料の返還と七三一・細菌戦資料の行方(上)……………近藤昭二

自由社版・育鵬社版教科書の採択阻止のために………………………俵 義文 

東アジア歴史・人権・平和宣言 連続インタビュー講座〈第2回〉
 ダーバン宣言って何だ?………………………………………………上村英明
   −ー植民地主義と人種差別の歴史的責任を問うーー  

【連載】加害の語りと戦後日本社会 帖帖帖帖帖帖帖沈佚栂柑蝓δァ々波 
      「洗脳」言説を越えて加害認識を伝える
               ー戦犯作家・平野零児の語りを通じて

【連載】日本における戦争博物館の復活ぁ帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖墜遏ー乕
      「科学・技術」の名による戦争博物館(上) 
                −所沢航空発祥記念館を中心に

【連載】歴史観×メディア=ウォッチング47…………………………高嶋伸欣 
     −−違法性が恒常化している「つくる会」系組織と
         その支援構造の責任を衝くーー



  −−−−付録誌「レッツ」71号  目 次ーーーー

時評  「破局」の危機、去ることはなく                   尾崎 俊二      

NetCafe1 沖縄戦裁判上告棄却決定についての声明   
                   平和教育をすすめる会                  

中国・日本で起きている旧日本軍遺棄毒ガス問題について  荒川美智代      

現代史サマーセミナーのご案内                                            

NetCafe 2  日韓会談文書開示請求 最高裁上告不受理に対する声明   
      同  シンポのご案内
      丹波マンガン記念館再開館式のお知らせ 
    
昭和を生きる(仮題) ― 序 ― 連載(1)                    林  順    

花岡事件・加害の地の取り組み                           石田 寛     

戦争と教会(下)                      丸尾俊介       
                
戦争犯罪論ノート(40)国際化された法廷(混合法廷)(6)前田 朗   

クリップボード  編集後記      

広報  シンポ「日韓図書協定」後の韓国・朝鮮文化財返還問題を考える      
          


     ーーーーー付録誌「レッツ」72号    目 次  −−−−


時評  戦争責任の領域              渡辺 信夫                  

教会の戦争責任                  渡辺 信夫          
   
クリップボード  編集後記                    

広報   南京・海南島フィールドワーク・ご案内


 ------------- <戦争責任資料センターのご案内> -----------


 日本の戦争責任センターは、戦争責任の「資料センター」と「祈念館」
の創設を願い1992年に設立されました。
 研究者、弁護士、専門家の立場から歴史と大戦を検証し報告する紀要と
して『季刊・戦争責任研究』を発行しています。
 また戦争責任に無関心ではいられない市民ボランティアが編集する、
付録誌「Let's 」を同時発行しています。

       Let's find out
        Let's think about
        Let's talk about
       Let's do something about
            Japan's War Responsibilities !

 戦争の真実を伝え続けるために、会員になって当資料センターを支えて
ください。一緒に戦争責任の灯を、戦後補償の灯を、さらに高く掲げまし
ょう。

 当戦争責任資料センターの会員要綱の詳細は下記HPをご覧ください。 
会員には一般会員 シルバー会員 学生会員 および維持会員があり、
この4種の会費は以下のようになります。
会員になってセンターを支えてください。

     維持会員     ¥20000 
     一般会員      ¥7000
     シルバー会員    ¥5000 (65才以上)
     学生・院生     ¥4000


会員のお申し込みや季刊誌のご注文は   
             jwrc at mua.biglobe.ne.jp  までどうぞ。

会員のお申し込みがあれば、季刊誌をお送りいたしますので、
「何月から」と明記し、お申し込みください。
『季刊・戦争責任研究』は1部からご注文をお待ちします。
                (この場合、送料をご負担下さい)

 一般書店では「地方出版取次」とお申し出くだされば、1冊¥1020 
でご入手できます。この場合ボランティア誌 「 Let's 」の付録はあ
りません。

 多くの図書館や大学図書館、あるいは女性センターなどの公的機関
での定期購読を希望します。お近くの、あるいは勤務先の図書館など
に購入をおすすめください。

************************************************************

         日本の戦争責任資料センター
Center for Research and Documentation on Japan's War Responsibility
    
        http://space.geocities.jp/japanwarres/

        jwrc at mua.biglobe.ne.jp FAX 03-3204-7477   

*************************************************************



CML メーリングリストの案内