[CML 010336] 【山田京都府知事と府内市町村長が連名】 原発隣接…オール京都で国・関電に要望書「自然エネ転換を」

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2011年 6月 22日 (水) 14:34:31 JST


大阪府市、滋賀県、福井県に続いて、京都府でも「脱原発」に向けた動きが出始めました。
 

【放射能漏れ】
原発隣接…オール京都で国・関電に要望書「自然エネ転換を」
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110622/kyt11062214010005-n1.htm
 
2011.6.22 13:23 

 原子力発電所がある福井県に隣接する京都府の山田啓二知事は22日、府内市町村長と連名で、国と関西電力に対し、原発の安全対策に万全を期すことや自然エネルギーへの転換を求める緊急要望書を提出した。
 
 京都府は、関西電力の高浜原発(福井県高浜町)と大飯原発(同県おおい町)の事故を想定し、防災対策の重点地域(EPZ)を半径10キロから暫定的に20キロに拡大した防災計画の見直しを進めている。
 
 今回の要望書では、EPZの拡大で対象人口が約9万人になったとし、放射線の監視態勢の強化、情報伝達態勢の再点検と情報開示の徹底などを求めている。

 
 
京都府、関電に安全協定求める 原発再稼動に関与望む
http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK201106220056.html
 
2011年6月22日
  
 全国最多の原発15基(1基は解体中)を抱える福井県に隣接する京都府は、関西電力に対し、同社と福井県が結んでいるのと同じレベルの原子力安全協定を府側とも結ぶよう求める要望書を出した。稼働にあたって府側の意向を尊重させるねらいがあるとみられる。 
 
 福井県内では、原発が立地する敦賀市や美浜町、おおい町、高浜町が県と連名で、各原発を運営する関西電力などの電力事業者と原子力安全協定を結んでいる。トラブル発生時に原発の停止を求める権限や、再稼働時に自治体の了解を得ることが定められている。 
 
 京都府の要望書は今月17日付。山田啓二知事と府内の市町村長の連名で提出した。要望書は「立地自治体に準ずるような協定が締結できるよう取り計らうこと」を求めている。  		 	   		  


CML メーリングリストの案内