[CML 010319] 【報告】第62日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろぱ★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2011年 6月 21日 (火) 08:05:06 JST


青柳です。6月21日。
複数のMLと知人・友人にはBCCでお送りしています。重複の場合は大変失礼します。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば: 第62日目報告
 呼びかけ人(4月20日座り込みから6月20日現在総数940名)
http://www.nanjinggenpatsu.com/hangenpatsu.html

横田つとむ さんから:
青柳様

今日もまた たくさんの訪問者がありました。
遠くからも。
それぞれの得意な分野を活かして 原発廃止の運動に
参加されています。

福島原発は 手のつけられない状態になっていますね。
こんな危ない原発は 玄海も 川内も早く止めるべきです。

あんくるトム工房  掲載
「扉は開けるし、水は漏れるし」 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1331
   テント村の様子を ご覧ください。

東京 星川まり さんから:
もうすぐ1000人とのこと、
(以前に賛同した気がしていましたが、確認したら なかった!ごめんなさい)
呼びかけ人賛同します!

栃木県 及川棟雄・房子 さんから:
 青柳 様
 はじめまして、栃木県の及川と言います。
 皆様の「原発とめよう九電本店前ひろば」での御活躍、感服いたします。
 九州を始め、全国の原発を廃炉にと思います。
 それが、日本の将来を救う事になると確信いたします。
 原発とめよう! 呼びかけ人にに賛同します                  

長崎 土居智典さんから:
 18・19日と九電本社前ひろばに参加させて頂きました。
ひろばは株主総会までと聞いていたので、今回が最後と思っていたのですが、
九電が原発を止めない限りは7・8月も続けられるとのこと。
原発に不安を感じている人の情報の結節点が、まだしばらく維持されるとのことで、
心強く感じました。
いえ、九電が原発を止めてさえくれれば、ひろばなど無くても安心して生活できる
のでしょうけど。
 毎日のテント設営・撤去の人手確保に難儀しているという話を聞き、
ツイッターでなんとなく人手募集とつぶやいたところ、50件くらいのリツイートがありました。
なかなかこんな数のリツイートは出ないので、驚きました。関心の高さをうかがわせます。
これでもっと協力者が現れればいいのですが。

 私の方は、ひろばで出来たつながりを使って、長崎で何かまとまった動きが出来ないか
模索してみます。
福岡の方に来る機会は少なくなるかもしれませんが、
全ての原発が止まるまでがんばりましょう。

福島さんから:
青柳様、
そちらにも届いているかもしれませんが、広げて頂ければと思ったので。
風下の赤松さんから講演会の知らせが来ました。
6・23(木)18:00〜20:00 藤田祐幸「福島原発事故から玄海原発を考える」
糸島市人権センター3階大会議室 無料。
問い合わせTEL092-324-1701 (地区労)  

石尾勝彦(北九州 小倉春ヶ丘バプテスト教会出席中)さんから:
 6.20 九電本店前ひろぱ前の新アピール

 御通行中の皆さん、私は学校現場に内心の自由を求め、「君が代」強制を憲法に問う裁判、
通称、ココロ裁判の原告の一人です。  卒業式・入学式で「君が代」が流れる中、ただ黙っ
て座っていただけで、戒告処分や減給処分を受けました。
 1996年11月22日に福岡地裁に提訴し、一審では私に対する減給処分は、取り消されました。
しかし、二審福岡高裁では、それがひっくり返されるという不当判決でした。
私たちのココロ裁判は、現在、最高裁で係争中です。 

 最近、私は『「反原発の闘い」は「君が代」の強制反対の闘いとコインの表裏をなすものだ』
と思うようになってきました。どうしてかと言いますと第二次世界大戦後ドイツは、国旗・国歌
を全面的に改めました。 
 そして、今回の福島原発の事故の後は、これまでの原発推進政策をやめ、2022年までには、
原発を全廃することにしたのです。 

 日本はどうでしょうか。日本は敗戦後も、日の丸・君が代を温存させました。
しかも、広島、長崎への原子爆弾投下で、原発と同じ核燃料であるウランの怖さを見せつけられたのです。
 今一度、私たちは、このことをしっかりと思い起こしたいと思います。
原子爆弾は、核燃料であるウランによって、一瞬にして、多くの人間の命を奪いました。
そして、今なお、その時の内部被曝で苦しみ、命をなくしてゆく人が後を絶ちません。
 しかし、日本政府は、原子爆弾投下による核燃料であるウランの怖さを知っていながら、
今回の福島原発の事故の後も、原発を全廃しようとは、していません。
これは、広島、長崎で被爆し、死んでいった人々のことを思うとき、命の尊厳への冒涜です。
決して許されるものでは、ありません。

 この日本とドイツの違いは、何なのでしょうか。
それは、一つには、日本の政府が本当のことを国民に知らせて、来なかったからです。
戦前は、大本営発表と称して、嘘の情報を国民に流したり、本当のことを知らせなかったりして、
多くの戦死者をだしてしまいました。
二つめは、日本の政府が歴史から得られた教訓を生かそうとしないことです。
すなわち、広島、長崎の原子爆弾投下による核燃料であるウランの怖さを教訓としなかったことが、
根本原因なのです。その結果が、今回の福島原発の事故につながったのです。
それから、今回の東日本大震災は、福島原発に於いて、安全基準の総崩れをもたらしました。

 すなわち、冷却電源、地震の揺れ、メルトダウンについても、人間が作った安全基準が完全に総崩れ
してしまったのです。 多重防護を設定していても、自然の力によって、すべて打ち破られたのです。
今、日本政府は、安全基準を見直すため、検査委員会をようやく立ち上げました。そして、安全基準の
見直し作業に入ろうとしています。しかし、この安全基準の見直し作業は、年単位を必要とするものです。

 その間に、福島原発は、放射能を出し続けるのです。いまや、放射能は、福島原発の周辺地域のみならず、
関東全域から九州へも、拡大してきました。
 私たち、九州に住む者も、放射能による体内被曝による脅える生活を余儀なくさせられてきています。
そもそも、地震、台風、津波等の自然の力の規模は、人間が想定できるものでは、ありません。
自然の力の規模を深刻に想定すればするほど、原発に対して莫大な設備投資がかかります。
また、自然の力の規模を深刻に想定しても、事故を起こす可能性は、どんな対策をとっても、ゼロにはできません。

今現在、世界の技術の粋を集めても、福島原発の事故が全く収束せず、将来を見通せないことは、
そのことを歴然と証明しています。皆さん、戦前の大本営発表を再びさせては、いけません。
私たちは、政府や電力会社に情報開示をさせ、真実を知っていきましょう。
また、広島や長崎への原爆投下の教訓を政府や電力会社に守らせていきましょう。

すなわち、「核燃料ウラン・NO! 核兵器・NO!」
「核燃料ウラン・NO! 原発・NO!」
そして、私たちの命を守るため、世界の人々の命を守るため、みんなの力で、
世論の力で、今すぐ、原発を全て止め、全廃していきましょう。

【九電 原発廃炉に向け、6・28九電株主総会行動】
Twitter フェイスブック ミクシーで【拡散希望】
【九電経営陣・株主・市民に脱原発のアピールを!
6月28日(火)午前8時、九電本店前ひろば集合。
会場のホテルニューオータニ(本店向かい)を人の鎖で取り囲もう!
連絡先080-6420-6211(青柳)】

___★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろぱ ★☆___

  九州電力へのアピール・座り込みテント「ひろば」は続けます。
        毎日 午前10時から午後5時 
  場 所:九電本店前 
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
     福岡市中央区渡辺通2丁目1−82  

【呼びかけ人】(6月20日18名)      
 吉村彩・大阪 星川まり・東京 及川棟雄・房子(栃木県) 古屋達治
 岩下優子・愛知県 稲富公一・佐賀市 新川孝子 古賀由美子
 矢野洋一郎 木村英人 中嶋啓子 稲富公一 上原愛子 松重登志弘
 新川孝子 ディンデッリ実里 西口富士子  (6月20日現在総数958名)                

* なお、もしも記載漏れの方は恐れ入りますが再度ご連絡をお願いします。   
   ★引き続き ★呼びかけ人を募集しています。  
     目標の1000名まで、皆さんと一緒に呼びかけ、
  ★原発とめよう!の輪をひろげていきまょう。
 (メールでの賛同方、y-aoyagi at r8.dion.ne.jp 青柳まで)

★☆気力と体力そしてカンパの続く限り、テント村ひろばを続行します。
★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ★☆
★☆ ひろぱ・ 訪問感想記等メールをお待ちしています。  

★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★
Twitter フェイスブック ミクシー で拡散してくださる方は、
以下をお使いください。【拡散希望】
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆毎日午前10時から午後5時
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場 所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   【九電 原発廃炉に向け、6・28九電株主総会へ】
  〜〜九電経営陣・株主・市民に脱原発のアピールを〜〜
 呼びかけ: 九電の原発廃炉を求める連絡会 九州電力消費者株主の会 

日 時:6月28日(火)
8:00:九電本店前集合、行動、注意事項等の確認の後、会場のニューオータニ前に移動
8:15:会場前で株主向けチラシ配布(ex.「九電が脱原発に舵を切れば株価は戻る」)
   ↓ *トラクター部隊・・デモ行進で会場に到着
9:00:「人間の鎖」⇒総会会場のニューオータニの周囲を埋め尽くす。
      参加者の人数により、「人間の鎖」の範囲を判断。
          *株主総会参加者を中心に、来場する株主・周辺市民向けにリレーメッセージ
          (株主の会メンバーの入場は9:40〜)
          *トラクター隊・・会場周辺を周回デモ。
10:00:総会開始
           *総会前行動を終了し、デモに移行。トラクター(10台程度)を一定の間隔(参加者
             数による)を置いて走らせ、その間を人がゆっくり歩く⇒この間に各種のパフォーマ
             ンス⇒豊富なアイデアを!)
12:00:トラクター・人デモ終了。隊列は九電本社前に移動
    ↓ *歌や踊りのパフォーマンスで総会終了を待つ。 
13:00頃 総会終了見込み *報告集会                          

Twitter フェイスブック ミクシーで【拡散希望】
【九電経営陣・株主・市民に脱原発のアピールを!
6月28日(火)午前8時、九電本店前ひろば集合。
会場のホテルニューオータニ(本店向かい)を人の鎖で取り囲もう!
連絡先080-6420-6211(青柳)】

***********************************
〒812−0041
福岡市博多区吉塚5−7−23
   青柳 行信
 電話   080-6420-6211
Eメ−ル:y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
***********************************


CML メーリングリストの案内