[CML 010317] マネーゲームの主役たち

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2011年 6月 21日 (火) 01:20:58 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 この映画を見たら、「こいつらは人民裁判にかけるべきだ!」と思うでしょう。
 
 2008年、「カネがカネを生む」マネーゲームが破綻し、世界を不況に突き
落としたリーマン・ショックが起こりました。しかし、このマネーゲームの責任
を取った者はほとんどいませんでした。マネーゲームを先導(=扇動)し、多く
の人々を巻き込んで破産やホームレスの落とし込んだリーマン・ブラザーズ、シ
ティバンク、ソロモンブラザーズ、ゴールドマンサックス、ベアスターンズなど
の金融企業は、破綻して消滅したリーマン・ブラザーズを除いて、当時のWブッ
シュ政権から莫大な公的資金を受け取り、逃げ切りました。CEO(最高経営責
任者)と呼ばれる経営者は、一生遊んでも使い切れないほどの高額報酬を受け取
り、宮殿のような豪邸に住んでいます。税金は優遇措置により、ほとんど支払っ
ていません。
 
 世界中で数千万人が失業し、ホームレスとなってさまよっている状況とは対照
的です。
 
 マネーゲームの責任を取ろうとしないウオール街の金融資本家たちに肉薄した
ドキュメンタリー映画が各地で上映されています。
 
 映画
 
 「インサイド・ジョブ」
 http://www.insidejob.jp/
 
 チャールズ・ファガーソン監督
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 


CML メーリングリストの案内