[CML 010307] ■(追加)マスメデイア情報ではなく、国家という正体を、歴史を通じて読み解き。検証し私たちは、次の行動を考えなければいけない.

中田妙佳 gukoh_nt at yahoo.co.jp
2011年 6月 20日 (月) 11:59:23 JST


中田です。重複おゆるしください
メールをいつもありがとうございます。



下記(拡散・転送歓迎)

■マスメデイア情報ではなく、国家という正体を、歴史を通じて読み解き。検証し私たちは、
次の行動を考えなければいけないとつくづく思います。


▼twitter上では、菅首相は今注目の孫氏と、国民の脱原発の動きにあざとく目をつけ抱きつき、
延命の例のペテン行動には、批判・警戒感が、たくさん出されています。

▼福島の被爆した子どもたちへの何の関心示さず、コメント・対策指示・もありません。

▼菅首相は、一度も、「脱原発」を宣言したことはないのです!!

----------------------------------------------

 ●反戦な家づくり(ブログより抜粋)

「G8で、「持続的で安定的な原子力利用を目指す」と世界に公約した菅総理大臣が、どこをどう押したら脱原発になるのか。
こんなのを持ち上げて、得意になっている孫正義も、一気に化けの皮がはがれてしまった。

これは、意図的に菅直人を脱原発のように仕立てて、どっから見ても原発推進派との芝居をやっているということだ。
ニュースサイトでも、G8での首相発言は、どの新聞社も早々に削除されている。
読売・産経が原発推進、朝日・毎日が脱原発 と色分けしているのも、明らかに出来レース」


 ●岡本あつし(雑誌世界7月号・編集後記より抜粋)
  
 当時の外務省の斉木昭隆アジア大洋州局長の09年訪日したキャンベル対して、民主党政権についてのことば。 「愚か」と批判し、やがてかれらも学ぶだろう」などと述べたという。ここに端無くも日本の政治の仕組みが垣間見えた。主権者である国民の意思によって政権交代がなされ、国民に約束した政策転換がなされようとしたとき、
実務を担うべき官僚が、これに従わない姿勢を示した。(略)

つまり、日本は民主主義ではないということである。国民が主権者であり、
国の方向を決められるのが民主主義である。政策の結果に責任を負わない官僚が、
政策の決定者であってはならないのだ。

福島事故は、もはや取り返しようのない破局というべき事態である。この事態をもたらした、
それまでの政治の在り方、国の統治構造を、根本的に変えなければならない。
その意味では、福島事故は、「8・15」に匹敵する。(略)

---------------------------------------------------------------------

▼国会でのねじれとかではなく、本当の日本が、「脱原発」に向けて、一歩でも踏み出せるのか。
巨大電力企業・官僚と気づいた国民のせめぎ合いだと私は考えています。

▼換骨奪胎に、国民の願いの「エコ」が、クリーンエネルギー→「原発」にへと、見事にすり替えられたように、
原発マフィアの巧妙なこの手口。
これを頭にしっかり私たち国民は叩きこんで、子どたちのために、政府・官僚・企業・学・マスコミに立ち向かいましょう。

<以下貼り付け>
***************************************************************


■広瀬隆より、反原発運動についてひと言申し上げます!
http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/68dd3cbe523ea95fbc2bca8580e8216b
2011年06月15日 |

■菅直人の「脱原発」ポーズは、脱原発つぶしを狙っている【追記あり】
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-1047.html

■菅首相は総理にとどまって何をやりたいのか

http://www.amakiblog.com/archives/2011/06/16/

■【報告】第60日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★
http://nanjinggenpatsu.com/hokoku.html
河野議員からのメッセージ

「11日のデモで、同じ思いの仲間がたくさんいると思ったら、自分がいる自治体の
議員に会いに行って、それぞれの議員に「脱原発」の踏み絵を踏ませて下さい。国会
議員はもちろん、自治体の議員にも。大勢の有権者が地元の議員に、「脱原発」の意
志を表明し、踏み絵を踏ませることが大事です。」

河野議員は、国会の中で長い間、孤立無援で「脱原発」を言ってきたそうで、確かに
そう言う国会議員を孤立させないことが必要です。「脱原発」を政策にする議員を増
やすことが必要だと思います。

河野議員は、今回の「菅下ろし」は、「原発から代替エネルギーへの変換と電力会社
の送電発電分離」を菅首相が政策に掲げたため、原発推進派(国会議員の大多数)に
袋叩きにされ、首を切られた」という見方を言っていました。東京新聞などでもそう
いう記事があります。
(私もだいたい、そうなのではないかと思っていたので、やっぱりねという感じでし
た)

今、原発推進派に占拠されている国会では、電力会社の権益に踏み込むと、菅さんの
ように息の根を止められます。なので、誰も何も言えないという感じなのだと思いま
す。やはり、一人一人の国民が、地元の議員に「脱原発」の踏み絵を踏ませることが
大事だと思います。(青柳)


****************************************************** 



CML メーリングリストの案内