[CML 010288] 玄海原発、あきらめるな!

河内謙策 kenkawauchi at nifty.com
2011年 6月 19日 (日) 15:49:19 JST


 河内謙策と申します。(この情報を重複して受け取った方は、失礼をお許し下さ
い。転送・転載は自由です。)

 私は、佐賀県の玄海原発2、3号機の運転再開に反対し、“佐賀の闘いを見殺しに
するな!”と訴えてきました。

 古川佐賀県知事が17日の県議会で運転再開に“前向き”発言をしたというニュース
が流れましたので、“もう、駄目か”というムードが全国的に広がっています。しか
し、私は、“まだ、あきらめるのは早い。佐賀県知事に引き続き要請電を!”
と訴えたいのです。

 私がそのように考えるのは2つの理由があります。

 まず、ニュースを正確に読んでください。そうすれば、佐賀県が経産省にたいし説
明会を開催したいと要請したこと、経産省が20日(月)までに返事をすると約束した
ことが読み取れるはずです。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1950623.article.html
したがって、経産省が説明会を拒否すれば「説明会が開かれないのに知事は同意する
のか」が問題になり、説明会が開催されれば、どのような説明会になるか、説明会を
ふまえて知事はどう最終判断をするのかが問題になるはずです。
 つまり、知事が最終決断をするまでは、あきらめたらいけないのです。労働運動な
どで叫ばれる“最後の最後まで闘うぞ”
というシュプレヒコールは真実なのです。
(現地では、説明会が開かれても、プルサーマル導入のときのように形だけになるこ
とを心配しています。プルサーマル導入のときの説明会については、以下のサイトを
参照してください。)
http://saga-genshiryoku.jp/plu/plu-koukai/

  次に、この玄海原発2、3号機の運転再開を許すかどうかが、全国30基の運転停止中
の原発の運転再開を許すかどうかに、大きく影響することが明らかになってきたから
です。(運転停止中の30基のリストは、「IK原発重要情報(16)」を見てください。8
月末までに、さらに5基が運転停止になると言われています。)
 海江田経産大臣は、18日、運転停止中の原発の運転再開に「安全宣言」を出しまし
た。私流に言えば、原発推進派は、しびれを切らして全国いっせいに正面突破を図っ
てきたのだと思います。
http://sankei.jp.msn.com./life/news/110618/trd11061811230006-n1.htm

しかし、このような動きは、全国の地方自治体の首長との矛盾を深めています。私は
大阪の橋下知事を支持しませんが、橋下知事が「時期尚早。経産省や経産省の皆さん
が原発周辺に住めばよい」と話していることには拍手を送ります。
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110619k0000m010074000c.html

  私は、全国の脱原発を願っている皆さんに以下の3点の呼びかけ・要請をしたいの
です。(私は、あくまでも全国の皆さんの活動の参考にしてほしい、という気持ちで
呼びかけています。失礼をお許し下さい。)

仝点邵寛豸知事に対し、玄海原発2、3号機の運転再開をするな、の要請メール、
要請FAXを送ってください。
 メールのあて先:
 https://www.saga-chiji.jp/teian/top.html
  FAXの送信先:0952-25-0753
  要請の内容は、「玄海原発2、3号機の運転再開を認めないように御願いいたしま
す」という簡単なものでもよいと思いますが、団体などできちんと申し入れをしたい
という場合には
以下の2つの例を参考にされればよいと思います。
http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/sage_req20110610.htm
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/1ee7859846a4b79ffbf64c4205aeca4e

海江田経産相にたいし、佐賀玄海原発2、3号機の運転再開につき佐賀県民に対し十
分な説明を行え、18日の原発再稼動
安全宣言を撤回せよ、というメール・FAXを送ってほしいのです。
 海江田万里国会事務所のメールアドレス
  	office at kaiedabanri.jp
   FAX番号は、03-3508-3316

A換餝特呂捻薪渉篁瀉罎慮業の運転再開をめぐっての強権的な動きの強まることが
予想されますので、十分な注意が必要だと思います。
 私は、ネットを見ているだけなので勘違いかも知りませんが、
美浜の会の人たちは、関西のかなり広範な団体を結集して申し入れ等を行っているよ
うです。各地の参考になるのではないでしょうか。
http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/kepco_req20110614.pdf


 以上、現地の人からも話しを聞いたうえで私流に考えたことを書かせていただきま
した。
 よろしく、ご検討を御願いいたします。

 河内謙策(Email:kenkawauchi at nifty.com)

                     以上













CML メーリングリストの案内