[CML 010283] Fw:Re: 第9次東北支援トラック隊への招待状

長船 青治 pencil at jca.apc.org
2011年 6月 19日 (日) 08:10:31 JST


皆さま

以下は、小山さんへの返信というかたちですが最近のわれわれの東北支 
援トラックの意識の変化に
いくらかコミットできていると思われるので転送いたします。

〜〜〜〜 ここから転送分です。〜〜〜〜

小山さんは既に症状があるのですからさらに線量の高い汚染地帯の
福島原発の中心に向かって行くような
今回のような人助けのボランテイアと半分は緊急に政府を動かそうとい 
うほどの
政治色の強い反原発福島集会いうミッションには参加しないほうが賢明 
だと思います。
ましてご友人のかたも親子で参加するなどというのも
命と引き換えにしてまで得るものなどありはしません。
願わくば3次面接が合格されてお仕事に専心しなければならない 
という
方向になりますように。
しかし、
ジンハラミッタヲギョウズルトキ
ゴウンワミナクウナリト
ショウケンシタマフ
どうしても行くというのなら
その車のナンバープレートの番号を連絡くだされば
高速料金が無料になるよう「南相馬市からの支援要請」にもとずく
「交通手形」をこちらで申請し当日お渡ししてもいいです。
これは21日火曜日までとします。
私は本日、長坂町の蕎麦屋"森ピカのおばさんが紹介してくれた
おばさんの妹所有で疎開先用に28000円の家賃の物件を見に
韮崎市双葉町の高原団地に行ってきました。
明日には写真をブログにアップしますが、すぐに住める状態というには
少し大変かなという感じで前にみた長坂町の30000円のログハウ 
スのほうが
良心的と思いました。
どちらの物件も「市民会議」で借上げしたうえで、これから福島だけで 
なく
東京からの疎開先を探す人々の1次避難先として無料で解放でき 
ればいいのにという
構想を考へ中です。
もっともおっしゃる通り日本国内はもう逃げる場所はないのかも知れま 
せん。
ただ少しだけ呼吸も楽になる感じだし気分的にも少なからず消費文明か 
らはなれた気がします。
しかしただそういう気がするだけで、根本的な問題が解決されていない 
こともまた
真実だと思います。
私は今朝起きて洗面所であんまり喉がいがらっぽいしタンが切れなくて 
何度も何度もタンを出していたら
とうとう血痰がでて吃驚りしてなぜか家人には内緒にしています。
それから昨日からいや〜なコホンコホンという咳が一日中止まりません。
それから、何かしら回りの人に放射線のことばかり言っている自分を 
フッと昔、オウム真理教の信者の女性が
ビデオで「私には見えるんです。」って言っていた「米軍が飛行機でサ 
リンを空中に撒いている。」というやつ
と重なって、急に口ごもることが最近よくある。
先刻、NYの弟子から電話あり日本に来ているらしく明日、都内で 
会うことにしました。
カトマンズに5階建てのマンションを5個くらい持っている 
ネパ人です。
サニヤシンではありませんが、
マンションといっても向こうのやつなので知れていますが、
それでも良ければ疎開先の1つに入れてもいい。
現地の弟子たちがコーデイネイトしてくれます。
月下さんの話は、客観的に広島でそうだったということがすごく
私自身にとっていいアドバイスになりました。また何か長い間忘れてい 
たようなことを
思い出させていただいたような気持ちです

ありがとうございました。

身体はボロボロのはずなのに何処か脳の1カ所だけ冴えている長 
船から

On 2011/06/18, at 14:58, 小山真弓 wrote:



> 長船さん、
>
> 今回伊東から夏みかん、他を提供してくださった方が参加できるよう、
> 日程を調整中です。その場合、親子で参加されるので、もう1台車を
> 用意し、私もそちらに乗って参加できれば、と思っています。
> 私は、仕事の3時面接の返事待ちの状況で、現時点では5分の参加率
> ですが、よろしくお願いします。
>
> ところで、体調に関してですが、私は当初から胸の張り(赤ちゃんが 
> できた
> ときのような乳腺の張り)がひどく、雨の日は、慢性化した喉の痛み 
> と微熱
> でダウンしてしまいます。病院に行き、症状を訴え、処方箋をもらっ 
> てきます。
> そのほうが、記録にも残り、声が集まることで、リアリティーを風評 
> 被害にし
> てしまう体制側にも、真実をつきつけていくことになると思うので。
> 声を束にして、医療界からも、こんなにも症状が報告されている、と 
> いう方向
> に持っていくことが必至と感じています。
>
> 昨日、四谷の事務所にガイガーカウンターが届き、空間線量の測定値は
> 0,14μsv/hで、これを年間線量に換算すると、 
> 1,2264msv/hとなり、
> 空間線量だけで、世界標準の1msv/yの年間許容量を超え 
> てしまいます。
>
> 内部被曝を起させる食糧や水の累積量を考えると、もう、時間の問題 
> ですね。
> 時間稼ぎできる間に、最優先事項を考えながら暮らす日々です。
>
> 70歳を過ぎるヒロシマの被曝2世、月下さんの話を聞きました。
> 「ピカドンの後、全く大丈夫な人も居れば、すぐに症状が出てダメ
> になった人も居て、それぞれの個人の感度や免疫力は違うので、
> 絶対大丈夫とも絶対危ないとも言えない。当時も、身体がドンドン
> 弱っていく人は、被曝したから、とは口外できない風潮や周りの
> 反応があって、今のフクシマの状況と同じ。」と、おっしゃって
> いました。
>
> 私も大勢に惑わされること無く、自分の身体の裡なる声をしっかり
> 聞いていきたいと思います。
>
>
> 小山
>
>
> 11/06/18 長船 青治 <pencil at jca.apc.org>:
>
>
>> 皆さま
>>
>> 非公開のCCメールを使っています。
>> 第9次東北支援トラック隊の概略が決まりましたのでお知らせ 
>> します。
>>
>> 6/23伊東より野菜と夏みかん合計10箱が内本さん小山さんお 
>> よび
>> そのご友人の手で福生の長船宅まで届けられます。
>> (7人乗りワゴン車に積み込まれた状態でせ。運転手1 
>> 名およびボランテイアクルー4名募集します。)
>> saburoさん参加できますか?
>> できるようでしたら、24日朝9時福生出発に間に合うよ 
>> う牛浜駅まで来てください。
>> 集合場所は、新宿イメージユニオン10時と考へています。
>> 24日は千葉県取手市にある農園「和合園」にて野菜の収穫後、南相 
>> 馬市
>> ビジネスホテル高見または六角に宿泊し恒例の東北支援レポート作 
>> 成をお願いします。
>> 25日は南相馬市内の避難所や給食センターなどに「野菜・果物」を 
>> 降ろしたあと
>> 桜井市長と会談予定です。(できない場合は秘書課にて市長宛「塩 
>> 見さん個人からの"親書(提言)」を手渡す。)26日に
>> 福島県庁前での「脱原発福島1万人集会」へ参加後午後 
>> 1時半に、南相馬市小高区福岡のセブンイレブン駐車場で「バスツ 
>> アー」と合流したあと
>> 原町区萱浜の海岸線視察の案内後
>> 、磐梯町の避難所「リゾートイン磐梯」に宿泊し恒例の
>> 「インターネット超初心者向け座談会風PC講座」の第3 
>> 回をやります。
>> 現在までに第9次東北支援トラック隊へ参加表明されているか 
>> たは、塩見さん、saburoさん、藤山さんおよび長船の4名で 
>> す。
>> 6月22日PM5:00於・イメージユニオンの「市民会議」の 
>> 前に6月20日(月)または21日(火)に東所沢駅 
>> 前「デニー
>> ズ」にて塩見さんと長船の2名で「親書」および「方針」の詰め作 
>> 業会談予定です。
>> 以上
>>
>> 長船から
>> ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>> <東日本大震災緊急支援市民会議>
>> 長船 青治
>> 〒160-0004  東京都新宿区四谷4-23
>> 第1富士川ビル302イメージユニオン気付け
>> Tel: 03-3356-9932 Fax: 03-5368-8194
>> 携帯:080-3445-2451
>> pencil at jca.apc.org
>> http://twitter.com/sosafune
>> http://seijiosafune-shushu.blogspot.com/
>> ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


CML メーリングリストの案内