[CML 010183] ★米軍の戦争犯罪―元化学兵器工場攻撃の被害者たち SANAテレビ最新番組ご案内

m-kawa71 at taupe.plala.or.jp m-kawa71 at taupe.plala.or.jp
2011年 6月 14日 (火) 13:28:20 JST


こんにちは
イラク平和テレビ局 in Japanからのご案内です。(2011.06.11)

*********転送歓迎**************
イラクSANAテレビの最新番組の紹介です。

『米軍の戦争犯罪―元化学兵器工場攻撃の被害者たち』(制作:サナテレビ)  

*サンプル映像が イラク平和テレビ局inJapanのホームページ
http://peacetv.jp/  で視聴できます。SANAテレビを支える視聴登録
(500円/月)をぜひお願いします。

<番組紹介>
2011年2月、サナテレビはジャラールさんの家族にインタビューをしま
した。
2003年の米軍によるイラク侵攻の際、元化学兵器を製造していた工場が
攻撃された時に、お母さんは有害な化学薬品を浴びてしまいました。
その後生まれた2人の娘さんは障害を持っています。
一緒に暮らすおじいさんは重い病気です。
日雇い労働の父親の収入では子どもたちの治療も満足にできません。
子どもたちの父親であるジャラールさんが6歳と5歳の娘さんのことを語り
ます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■民衆弾圧への抗議とサナテレビ局への緊急カンパを!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5月27日朝、バグダッド・タハリール広場の平和的デモの参加者4人が私
服の治安部隊員によって逮捕されました。
翌日には、地元NGO「私の権利はどこ」のバグダッド本部が治安部隊に襲わ
れ、11人の活動家が逮捕されました。
アムネスティ・インターナショナルは「こうした逮捕はイラク当局が平和的
な反対意見の表明を認めようとしていないことを改めて示すもので、きわめ
て憂慮される」と語っています。
世界中の抗議の声により11人は釈放されましたが、若者たちがまだバグダッ
ドのムサンナ刑務所に収容され、家族や弁護士との面会を禁じられており、
拷問その他の虐待を受けるのではないかと危惧されています。

マリキ政権による民衆弾圧抗議と、機材を奪われ、破壊されたサナテレビ局
へのカンパにご協力ください。
詳しくは ホームページ http://peacetv.jp/ をご覧ください。

----------------------------
イラク平和テレビ局 in Japan
http://peacetv.jp/
E-mail: info at peacetv.jp
----------------------------




CML メーリングリストの案内