[CML 010182] Re: 皆さんにお聞きします。

T. kazu hamasa7491 at hotmail.com
2011年 6月 14日 (火) 11:56:44 JST


まっぺんさん
萩谷さん
服部さん

右翼の人たちも集まってきたということは
100万人抗議が、古臭い言葉ですが、それだけ「大衆化」していたということです。
(運動家の手のうちにはなくなってきた良き事)
そこには、いろんな人や組織が「自分の存在」をアピールしたくて、「顔を売り」に来るでしょう。

    去年、マルクスを引用までして、
    「中国主敵日の丸愛国主義」を掲げよと劇を飛ばした河内謙策氏が、
    今回の脱原発のうねりの中で、「国民投票」という思いつきで、
    まるでもとから「反原発」の闘士であったかのように振舞うのも、
    人が大勢集まるところで「顔を売りたい」の一心なのでしょう。
    65歳過ぎていまさら「顔を売りたい」もないよ、とは思いますが。

私は、そういう売名家もあつまるような賑わいの集会会場に
タコ焼き屋台などがつきまとってくるような状態になれば、
つまり、お祭り状態になれば、
それはそれで世の中をかえるホンモノではないかと思っています。

    公安警察が妨害するのは「そうはさせない」、タハリール広場は作らせないの一点です。
    右行け左行け進め止まれを指図して、市民が自律的行動できないようにするの一点です。)

雑物は消える雑物もあれば残る雑物もあります。自然と淘汰されるものです。
なにが「雑物」かが新たに共通項となることも含めて。
無碍に排除するのも問題でしょうし、
またいっしょにやりたくないという思いを、決まりごととして排除するのも
それはそれで問題でしょう。

「その場」での、主催者や参加者の in-situ の反応が、
素朴なものであれば、それに委ねるのが最善だとおもいます。
多少のイザコザがあっても。
小鳥の卵を孵すのにも、転がしたりぶつかったり、多少の刺戟が必要です。


ni0615田島(ない0615えんたじま)拝
「安禅不必須山水」
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/list




----------------------------------------
> Date: Tue, 14 Jun 2011 11:07:29 +0900
> From: mappen at red-mole.net
> To: cml at list.jca.apc.org
> Subject: [CML 010179] Re: 皆さんにお聞きします。
>
> まっぺんです。
> 皆さんの議論について参考になるかと思いますので、11日の集会・デモの中でのエ
> ピソードを3つばかり紹介します。
>
> (1)東京では数カ所で昼のほぼ同時刻に集会が行われ、それぞれ大勢の人々が思い
> 思いの場所で反原発を訴えました。九条改憲阻止の会が新宿アルタ前で集会をやり、
> そのあとで西口中央公園の集会へ向けて合流するというので、私は正午過ぎにアルタ
> 前に行きました。すると、向かって左側に大きな日の丸を掲げた右翼団体の街宣車が
> 止まっておりました。
>
> まず車上に昇ったひとりが皇居の方角に向かって直立不動の姿勢をとり、君が代を斉
> 唱。そのあとで原発問題について演説を始めました。その内容は、政府・東電の姿勢
> を厳しく批判するものであり、被災者救援を急ぐこと、わずかな見舞金では被災者救
> 援にはならないという事、子どもたちの安全を無視した許容値の設定に対する糾弾、
> また我々も救援のために動こうという提案など、ほとんど共鳴できる内容ばかりであ
> り、行って握手を求めたいくらい良い演説でした。
>
> 他方、九条改憲阻止の会は、変革のアソシエや他の団体と共に緊急市民会議を立ち上
> げて、これまで現地へ9回、物資を運んできたのですが、その報告をはじめ、反原発
> 運動の推進を呼びかける内容でした。演説のほうは昔懐かしい60年代・70年代ス
> タイルで、「訴えるちから」という点では負けてる感じでしたね。色あせてボロボロ
> になった「安保全学連」の旗が掲げられ、初めて見た私はちょっとどきどきしました
> が、やはり「今を生きる人々」に向けて呼びかけるものとは言えなかったと思います。
>
>
> (2)もうひとつ、在特会と思われる右翼団体が数名、道路の向かい側で旭日旗を掲
> げて、「反左翼ヤジ」を飛ばしていましたが、ほとんど気づかないほど影響のない行
> 動でした。同じ「右翼」といっても、こうも違うのかと思った次第です。
>
>
> (3)中央公園にはいろいろなグループが参加し、日の丸を掲げた連中もいました。
> 「右翼も左翼も関係ない」という主張も見られました。そのあとのデモ行進の時でし
> たが、私のすぐ後ろで笛を取りだし、「君が代」を演奏する人がいました。そこで
> 「それ、君が代でしょ?」と言うと、「日本人だから君が代を吹いて何が悪い!」と
> いう返事。まあ、このデモの目的は「反原発」ですから、それ以上は何も言いません
> でしたが、そういう人たちも含めて、普通の人たちがたくさんデモに参加していた、
> ということですね。
>
>
> on 11.6.14 6:54 AM, hagitani ryo at liangroo at yahoo.co.jp wrote:
>
> > 服部さん、およびCMLの皆さん、こんにちわ。
> > こちら、大事なときに国外にいる放浪の出稼ぎ者です。
> >
> > 針谷という人物が、反原発なら、それはそれなりに評価できますが、しかし、私
> > の見るところ、右翼でもまじめな人間なら原発に反対するのは当たり前 です。
> > それなら、彼らの中の良質な分子同士が集まって、少数でもいいからがんばれば
> > いいのに、と、悪意でなく思います。それがどうして左翼が多数を占め るよう
> > な集会に来るのか、彼は説明したでしょうか。
> >
> > 今の事態は、国民の枠、国家の枠を超えた意味をもっているはずです。さぶろう
> > さんも賛意を表している松元保昭さんの一文はそういう観点を示してい るとこ
> > ろにひとつの意義があると思います。私もそういう観点から河内謙策氏の国民投
> > 票推進の弁に批判的見解を述べた者として、賛意を表したいと思 います。
> > また、原発推進のもとには核武装すべしという中曽根康弘を典型とする国家主義
> > 者の主張があるはずです。天皇は多めに見積もっても日本人だけの親分 なので
> > すから、核武装に凝り固まるほうが自然ではないでしょうか。イスラエルのエホ
> > バもイランのアラーも核武装しているのですから。
> > 私は、今の天皇は国民のために何かしたい思いはもっていると考えますが、問題
> > が国民の枠を超える以上、天皇の役割がかりにあっても、大きく限られ ていま
> > す。それに、隣国で海岸を汚染されている中国人、韓国・朝鮮人のほうが、いざ
> > となれば核シェルターに入れる天皇より、私には身近な同胞だ し、詫びるべき
> > 相手です。
> > 右翼の人は、天皇が今日の世界でどういう役割をもつと思っているのでしょう
> > か。現人神として敬うのなら、エホバやアラーと比べてどう思っているの で
> > しょう。
> >
> > 彼に自分のためなど思ってもらいたくない日本人には、彼の大御心を拒否する権
> > 利があります。私には、そういう神のローカルバージョンは、エホバや アラー
> > と同様願い下げ。自分が広く世界中の人たちと少なくとも潜在的には友人である
> > ということのほうが大事です。
> >
> > 右翼ならば、反原発を唱えるなかで、天皇主義を鼓吹したいでしょう。
> > しかし、左翼、ないし私なりに言うと個人の尊厳と国家、民族を超えた連帯とを
> > 大事にする人たちならば、反原発を、それらの価値の推進に資するもの にした
> > いと考えるのではないでしょうか。これは、今の事態を政治的に利用することで
> > はないと思いますし、いたずらに左右の分け隔てと対立を助長す ることでもな
> > いと思います。
> >
> > 私は、あえて言いますと、死を思えば、反原発ならみんな大同団結、原発はそれ
> > だけの普遍性をもっている、とつい言いたくなる気持も心のどこかに持 ちます
> > が、自分の反原発の思いが何に、どこにつながっていくのかということも、忘れ
> > てはいられないのです。
> > 右翼にことさら反発する必要はないにせよ、一定の原則はやはり大事でしょう。
> >
> > 以上口幅ったくてすみません。私の限られた視野で思い及ばぬ別の見方もCML
> > に参加する皆さんにご教示いただけることも期待しつつ、私なりに考え てみた
> > ことを申し述べたしだいです。
> >
> >                    萩谷(在ガーナ)
> >
> >
> >
> >
> > (11/06/13 23:48), 服部 一郎 wrote:
> >> 皆さん、お久しぶりです。服部です。
> >> さて、6・11の行動、皆さん参加されたと思います。
> >> 全国同時でそれなりの規模の行動を実現できたことは評価されるべきだと思います。
> >>
> >> それはよいのですが、新宿でちょっとした問題が生じました。
> >> 右翼団体である統一戦線義勇軍の針谷に集会でスピーチをさせるという予定について
> >> 反対の声明が出され、それが結局取りやめになった、ということです。
> >> まあ、それに抗議した人物が左翼に囲まれリンチされたとか何とか言っているが、
> >> それは蛇足として、どうでしょうか、皆さんは右翼であっても反原発という
> >> 共通項があるのであれば、共に共闘しよう、と考えられますか?
> >> 僕は右翼系と一緒に行動したいとはまったく思わないが、やりたい、という人が
> >> いるのであれば、勝手にすればよい、ということで
> >> そういう状況を真剣に想定したこともありませんでした。皆さんはどうでしょうか。
> >>
> >>
> >> 参考までに。
> >> http://livingtogether.blog91.fc2.com/blog-entry-96.html
> >> http://twitter.com/#!/giyuugungityou
> >> http://twitter.com/#!/HIRO_SHIRAISHI
> >>
> >>
> >
>
 		 	   		  


CML メーリングリストの案内