[CML 010178] <コンピュータ監視法>国会情勢とお願い 悪法を止めよう。通ってもすぐ廃棄を。悪法での被害を防ごう。

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2011年 6月 14日 (火) 07:45:59 JST


転送・転載歓迎


京都の菊池です。


コンピューター監視法
「情報処理の高度化等に対処するための刑法等の一部を改正 する法律案」
について
教えていただきました。悪法だと思います。

衆議院では可決されました。誰が賛成したかきちんと覚えておく必要があると思います。


この悪法案を成立させないための取り組みを教えていただきました。
ぜひご協力お願いします。
(そして、悪法は通さないほうがいいですが、
通ってしまったら終わりではないと思います。(でも悪法での被害が出ないよう速やかに廃棄させないといけませんが)おかしいこと、悪法であることを伝えひろげ、だから廃棄することを求める事をやめず、
かつ、悪法で被害が出ることを防ぐ、被害がでたら、その不正をただしていくことをやめないことも大事と思います。)


コンピューター監視法
は


差押に反対すると3年以下の懲役刑250万円以下の高額罰金刑セットも

これまでは「2年以下の懲役
又は20万円以下の罰金刑」の
どちらかであり
「懲役刑も罰金刑も両方同時にやること」
はなかったが
今回の改悪で
まったく違うとんでもない厳罰刑になる。

<最大で18倍重い刑>実に懲役は、長さが最大で1.5倍。罰金
刑は、金額にして最大12倍。


懲役と罰金を両方同時にできるわけだから
単純に掛け合わせると

12倍×1.5倍=18倍のおそろしい厳
罰刑となる。

<3年の懲役刑を境に執行猶予がつかなく
なり実刑判決になる
確率がはねあがる>



「政府が事実・真相を隠蔽し、大手マスゴミを通じて”大本営発表””偏向報道”を繰り返そうとも、もはやインターネットやツイッター等を通じて”事の真相”はダダ漏れである」という状態に対し、国家権力が「ネット言論」の”弾圧””統制”に乗り出したということである。


具体的には、当局が「あいつは怪しい」と思えば”令状なし”での捜査が可能となるのである。


という事を教えていただきました。

詳しくは下記を参照ください。


〜山のあなたの空遠く幸い住むと人のいう〜

考えのヒントになるもの
 【重要な情報は
 今やタブーの中にしかない】
http://blue.ap.teacup.com/97096856/
というブログを通して


コンピューター監視法案


6/1 ×××”現代版・治安維持法”「コンピューター監視法案」
http://blue.ap.teacup.com/97096856/3983.html

6/3 ×××”現代版・治安維持法”「コンピューター監視法案」 (二)
http://blue.ap.teacup.com/97096856/3986.html

6/9 ×××”現代版・治安維持法”「コンピューター監視法案」 (三)
http://blue.ap.teacup.com/97096856/3991.html

また、

盗聴法に反対する市民連絡会
                   http://www.anti-tochoho.org/
を通して

コンピュータ監視法の制定に反対します
http://www.anti-tochoho.org/cpcc/index.html

を教えていただきました。


この悪法案を成立させないための取り組み
を転載します。




[keystone 19113] <コンピュータ監視法>国会情勢とお願い


盗聴法に反対する市民連絡会の中森です。

重複・長文、失礼します。

9日の院内集会はご参加いただきありがとうございました。
70人の参加があり、
改めてこの法案がこれまでインターネットによって大きく広がってきた市民活動を阻むネット規制であることを
実感しました。
9日午前中の法務委員会では、
特に保全要請やウイルス作成罪について
与野党から質問があり、
警察等捜査機関が恣意的にできる
ことへの懸念が浮きぼりになりました。
来週採決の可能性が高くなっています。
委員会傍聴と
さらに法務委員への要請をお願いします。


▲国会情勢
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
政府・法務省は、
コンピュータ監視法の今国会での制定に向けて必死です。
政府・法務省は、早期制定を策動してきましたが、反対運動の高まりのなかで、参議院にきて反撃に直面しています。
与党による法務委員会への締め付けが、
反対議員の存在、慎重審議を求める理事の存在によって思いのままにいかない状況にきています。
当初、14日の参考人質疑の後で、
採決に踏み込もうとしましたが、慎重審理を求める議員のまえに、頓挫しました。
16日の政府質疑後に採決を強行しようと考えていますが、
まだ結論がでていません。
現在、法務委員のもとにはFAX、メールが多く届いていて、
賛成派の議員の中にも、一定の動揺がおきています。
13日から16日が反対運動の勝負どころです。
コンピュータ監視法の制定を許さないために力をつくしましょう。
                   盗聴法に反対する市民連絡会
                   http://www.anti-tochoho.org/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▲傍聴のお願い
・14日(火)午前10時〜12時  参考人質疑
  参考人:前田雅英(首都大学東京)
      山下幸夫(日弁連)
      高木浩光
      (産業技術総合研究所情報セキュリティ研究センター主任研究員)

・16日(木)政府質疑  時間未定
 
 傍聴希望の方は、前日の午後5時30分までにご連絡ください
  連絡先:090-2669-4219
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▲参議院全議員への要請行動参加のお願い
 コンピュータ監視法反対の声を届けよう。

 参加される方、14日午後1時参議院議員会館ロビーへお集まりください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▲引き続き、反対の声を届けてください

・法務委員に「コンピュータ監視法反対!慎重な審理を求める!」
 FAX、メールを送りましょう。
・お住まいの選出議員へも本会議で賛成しないよう、要請を!

▽参議院 法務委員会 委員名簿(2011年6月5日現在)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~yabure/action/computer-kanshiho/sangiin-homu.html

▽参議院 法務委員会 委員名簿(メール送信用)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~yabure/action/computer-kanshiho/sangiin-homu-mail.html

※メルアドをコピペして一括送信できます。
※内閣総理大臣・官房長官・法務省政務三役・政党本部のメール送信先も掲載しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)




CML メーリングリストの案内