[CML 010177] Re: 皆さんにお聞きします。

hagitani ryo liangroo at yahoo.co.jp
2011年 6月 14日 (火) 06:54:33 JST


服部さん、およびCMLの皆さん、こんにちわ。
こちら、大事なときに国外にいる放浪の出稼ぎ者です。

針谷という人物が、反原発なら、それはそれなりに評価できますが、しかし、私
の見るところ、右翼でもまじめな人間なら原発に反対するのは当たり前 です。
それなら、彼らの中の良質な分子同士が集まって、少数でもいいからがんばれば
いいのに、と、悪意でなく思います。それがどうして左翼が多数を占め るよう
な集会に来るのか、彼は説明したでしょうか。

今の事態は、国民の枠、国家の枠を超えた意味をもっているはずです。さぶろう
さんも賛意を表している松元保昭さんの一文はそういう観点を示してい るとこ
ろにひとつの意義があると思います。私もそういう観点から河内謙策氏の国民投
票推進の弁に批判的見解を述べた者として、賛意を表したいと思 います。
また、原発推進のもとには核武装すべしという中曽根康弘を典型とする国家主義
者の主張があるはずです。天皇は多めに見積もっても日本人だけの親分 なので
すから、核武装に凝り固まるほうが自然ではないでしょうか。イスラエルのエホ
バもイランのアラーも核武装しているのですから。
私は、今の天皇は国民のために何かしたい思いはもっていると考えますが、問題
が国民の枠を超える以上、天皇の役割がかりにあっても、大きく限られ ていま
す。それに、隣国で海岸を汚染されている中国人、韓国・朝鮮人のほうが、いざ
となれば核シェルターに入れる天皇より、私には身近な同胞だ し、詫びるべき
相手です。
右翼の人は、天皇が今日の世界でどういう役割をもつと思っているのでしょう
か。現人神として敬うのなら、エホバやアラーと比べてどう思っているの で
しょう。

彼に自分のためなど思ってもらいたくない日本人には、彼の大御心を拒否する権
利があります。私には、そういう神のローカルバージョンは、エホバや アラー
と同様願い下げ。自分が広く世界中の人たちと少なくとも潜在的には友人である
ということのほうが大事です。

右翼ならば、反原発を唱えるなかで、天皇主義を鼓吹したいでしょう。
しかし、左翼、ないし私なりに言うと個人の尊厳と国家、民族を超えた連帯とを
大事にする人たちならば、反原発を、それらの価値の推進に資するもの にした
いと考えるのではないでしょうか。これは、今の事態を政治的に利用することで
はないと思いますし、いたずらに左右の分け隔てと対立を助長す ることでもな
いと思います。

私は、あえて言いますと、死を思えば、反原発ならみんな大同団結、原発はそれ
だけの普遍性をもっている、とつい言いたくなる気持も心のどこかに持 ちます
が、自分の反原発の思いが何に、どこにつながっていくのかということも、忘れ
てはいられないのです。
右翼にことさら反発する必要はないにせよ、一定の原則はやはり大事でしょう。

以上口幅ったくてすみません。私の限られた視野で思い及ばぬ別の見方もCML
に参加する皆さんにご教示いただけることも期待しつつ、私なりに考え てみた
ことを申し述べたしだいです。

                   萩谷(在ガーナ)




(11/06/13 23:48), 服部 一郎 wrote:
> 皆さん、お久しぶりです。服部です。
> さて、6・11の行動、皆さん参加されたと思います。
> 全国同時でそれなりの規模の行動を実現できたことは評価されるべきだと思います。
>
> それはよいのですが、新宿でちょっとした問題が生じました。
> 右翼団体である統一戦線義勇軍の針谷に集会でスピーチをさせるという予定について
> 反対の声明が出され、それが結局取りやめになった、ということです。
> まあ、それに抗議した人物が左翼に囲まれリンチされたとか何とか言っているが、
> それは蛇足として、どうでしょうか、皆さんは右翼であっても反原発という
> 共通項があるのであれば、共に共闘しよう、と考えられますか?
> 僕は右翼系と一緒に行動したいとはまったく思わないが、やりたい、という人が
> いるのであれば、勝手にすればよい、ということで
> そういう状況を真剣に想定したこともありませんでした。皆さんはどうでしょうか。
>
>
> 参考までに。
> http://livingtogether.blog91.fc2.com/blog-entry-96.html
> http://twitter.com/#!/giyuugungityou
> http://twitter.com/#!/HIRO_SHIRAISHI
>
>



CML メーリングリストの案内