[CML 010162] Re: 制服向上委員会が歌う「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」6.11新宿

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2011年 6月 13日 (月) 11:06:28 JST


前田 朗です。
6月13日

久下さん

話題が少し違うので、2回に分けました。

> 少し後で、考え直してみると、プロデュースした(のかなあ…)頭脳警察のパンタさんたちがえらいのは間違いないけれど、果たして歌っている彼女たちが、このメッセージを自分自身で主体的に選びとっているのかという疑問が沸き、まあ、そんなこと言えば、AKBとか言う子たちも自分たち自身で選び取った歌を歌っているわけではないからなあ…と、また考えて、結局、やっぱりこれはいいことだなと思いました。これからの反原発運動のテーマソングになるでしょうね、たぶん。
>

私は日本で唯一の「非国民」という授業をやっています(笑)。頭脳警察の「世
界革命戦争宣言」「赤軍兵士の歌」「戦争しか知らない子供たち」を学 生に聞
かせると、笑って、呆れていますが、比較的最近の頭脳警察のDVDを学生に見せ
ると、とても評価が高いです。こんなかっこいいおやじになり たい、と。たし
かに、パンタには勝てません。

制服向上委員会は、地デジ問題で「TVにさようなら」なんてのも歌っていまし
た。今回も、6.11新宿では、「原子力のことはわからないけど、原 発が危
険だということはわかりました」と自分の言葉でしゃべっていました。

韓国のトップ・アイドルの少女時代は「独島はわれらのものだ」を歌っていま
す。竹島のことです。韓国ナショナリズムの歌なので、韓国内では歓迎さ れて
います。ところが、少女時代ファンンだったはずの日本の男たちがブーブー文句
言ってました。ファンをやめる、と。竹島と少女時代どっちが好き なのか(笑)。



CML メーリングリストの案内