[CML 010158] 6 / 19(日)日本針路研究所第 3 回研究会「安藤昌益の今日的意義」(講師:石渡博明さん)のご案内

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2011年 6月 13日 (月) 01:59:08 JST


紅林進です。
   
  私も会員になっていますNPO法人日本針路研究所(略称:針路研)の
  第3回研究会のご案内を転載させていただきます。
   
   
  (以下、転送・転載歓迎)
   
  日本針路研究所第3回研究会
  講師:石渡博明さん(安藤昌益の会事務局長)
  「安藤昌益の今日的意義」
  日時:6月19日(日)午後1時から
  会場:文京シビックセンター5階B(地下鉄後楽園駅)
    地図    http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html
   
  転(天)の大気と人間とは呼吸しあっている、定(海)と魚とは呼吸し 
あっている……人間の吐く息は天の吸う息、人間の吸う息は天の吐く 
息……江戸時代中期の医者であり思想家「安藤昌益」の言葉です。
  家永三郎さんは人類の知的遺産に日本から登録される人物として、
  宗教家では親鸞、思想家では安藤昌益を挙げています。
エコロジストの元祖・昌益に学ぼう!


 


CML メーリングリストの案内