[CML 010135] Re: 村上春樹、「原発容認は、日本人の倫理と規範の敗北である」

hagitani ryo liangroo at yahoo.co.jp
2011年 6月 11日 (土) 22:17:15 JST


ユングに名誉があるのかどうか。
ナチス協力者であり、精神分析を宗教のほうに引っ張り込もうとし、自惚れ深い
人生観をあたかも普遍的なもののように広めようとした人間であり(あ んなも
のを信じるくらいなら、ただの宗教のほうがはるかにまし)、女 性性、男性性
などということで固定したジェンダー差別にお墨付きを与えるような者に、あん
まり名誉なんか認めたくないです。

夢のヨーガだとかテレパシーみたいなものなら、興味ないわけではないけど、た
とえばアーノルド・ミンデルなどもそうですが、ユング派の、何も書い て ない
に等しいような文章には辟易します。

(11/06/11 18:02), 熊田一雄 wrote:
> 熊田です。
>
>> 村上春樹はかの悪質なユンギアン河合隼雄とじゃれていた男です。
>
> ユングの名誉のために付け加えておくと、ユング研究者によれば「河合ユング
> はユングではない」そうです。
>
>> 効率がいけないというなら、日本のどういう効率追求が、どういけないのか言う
>> べきではないでしょうか。私なら、日本文化、日本が戦後も戦前から引 き継い
>> だ反人権性、権利抑圧迎合性向がいけないのだと言いたいですね。
>
> 河合隼雄に同情的に見れば、京大系の学者は、予算やポストを獲得するため
> に、しばしば権力迎合的になりのです。
 なんだか東大卒の人がよくする話のようですが。

 いや、問題は河合ひとりのことではないと思います。ニッポンがいけないので
す。その権利抑圧迎合性向です。そして、政府が愛国心などと言うとき 念頭に
おいているのは、まさにそのいけないニッポンなのです。

>
> 熊田一雄
>
>




CML メーリングリストの案内