[CML 010131] Re: 村上春樹、「原発容認は、日本人の倫理と規範の敗北である」

熊田一雄 k-kumata at y3.dion.ne.jp
2011年 6月 11日 (土) 15:55:05 JST


熊田と申します。


> エルサレム賞に続き、いかにも村上春樹らしいスピーチですね。
>
> 効率がいけないんでしょうか?
> 原発がなくなったら、もっともっと効率が要求されるでしょう。
>
> 倫理と敗北の規範と言いながら、原発労働者のことはまったく言わない。
>
> 私なら、倫理と規範より、日本人の有名なワーカホリズム(シゴト中毒)が典型
> 的に示しているように、また持ち家政策と教育費引き上げ政策に見られ るよう
> に、日本人は戦後せっかく権利を主張する権利を手に入れたのに、ろくに生かし
> て来なかったと言いたいですね。せっかくバルセロナに行って、 スペインのき
> れいな女性にキスされたのなら、なおのこと、ラテン諸国の人の生き方と日本と
> を比べてみてほしかったと思います。

「小説『1Q84』における悪の表象について」という論文をブログにアップしてあります。 

よろしければご笑覧ください。

http://d.hatena.ne.jp/kkumata/20100830

「連合赤軍事件もオウム真理教事件もみんなリトル・ピープルがやったんだ。僕たち少しも悪くない。」という歴史観の人に、「倫理と規範」を説教してほしくありません。

熊田一雄(愛知学院大学文学部宗教文化学科准教授)
〒465-0042 名古屋市名東区照が丘217-2三旺マンション第5藤ヶ丘201号
TEL/FAX 052-777-3201(留守電可)
E-Mail k-kumata at y3.dion.ne.jp
はてなダイアリー http://d.hatena.ne.jp/kkumata/ 



CML メーリングリストの案内