[CML 010095] 【要申込み】 6/21 (火)エネルギー政策転換に向けた議員セミナー第3回「密室で決められるエネルギー政策〜議論の公開を求めて」のご案内(転載) 

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2011年 6月 10日 (金) 00:09:46 JST


紅林進です。
   
  下記、エネルギー政策転換に向けた議員セミナー 第3回
のご案内を転載させていただきます。
   
  政府はエネルギー政策の見直し、「エネルギー基本計画」の改定を、
  密室で決めようとしています。
   
  その問題点を明らかにする議員セミナーが6月21日(火)に参議院
  議員会館で開催されます。
   
  ぜひ皆様ご参加ください。そしてエネルギー政策の見直しは
  国民参加の下に、公開の場で議論してゆくことを求めてゆき
  ましょう!
   
  以下、ご案内を転載させていただきます。
   
   
  【転送・転載歓迎】
★-----------------------------------------------------------★
 エネルギー政策転換に向けた議員セミナー 第3回
 密室で決められるエネルギー政策〜議論の公開を求めて〜 【要申込み】
 6月21日(火)13:30〜15:30@参議院議員会館 101会議室
 http://www.foejapan.org/infomation/news/evt_110621.html
★-----------------------------------------------------------★

福島第一原子力発電所の事故は、日本のエネルギー政策の根本を
  揺るがすものとなりました。いままで原発に依存してきたエネルギー
  基本計画や温暖化対策の抜本的見直しが必要となってきています。
政府は、「革新的エネルギー・環境戦略」を検討することを決定し、
官邸の新成長戦略実現会議の下に「エネルギー・環境会議」を立ち
  上げました。しかし、議論は非公開で、国民の意見が反映される余地
  のない「密室」で行われています。
これからの日本、そして国民一人ひとりにとってきわめて大切な議論
  が、このような密室の議論で、事故を経験した国民の民意の反映も
  なく進められようとすることは、民主性を欠く、たいへん大きな問題です。
  エネルギー政策のあり方は、国民の参加を得て、公開の場でしっかり
  と議論した上で決定するべきではないでしょうか。

【日 時】2011年6月21日(火)13:30〜15:30
【場 所】参議院議員会館 101会議室(定員:107人)
【プログラム】
1.密室で決められるエネルギー政策: 平田仁子/気候ネットワーク
2.エネルギー政策策定に必要とされるプロセスとは
  〜ドイツ・脱原子力計画の最新情報から:
  アイリーン・美緒子・ スミス/グリーン・アクション
3.エネルギー政策転換の展望:
  地球環境と大気汚染を考える全国市民会議(CASA) 上園昌武さん

【主 催】国際環境NGO FoE Japan、環境エネルギー政策研究所(ISEP)、
    原子力資料情報室、グリーン・アクション、グリーンピース・ジャパン
  「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、原水爆禁止日本国民
    会議  気候ネットワーク
【協 力】脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会(eシフト)
   環境市民、市民がつくる政策調査会、地球・人間環境フォーラム、
   メコン・ウォッチ
【参加費】1,000円
【申込み】下記のウェブサイトのフォームからお申込み下さい。
      http://www.foejapan.org/infomation/news/evt_110621.html
【定 員】107名(定員に達し次第締め切ります)
【問合せ】国際環境NGO FoE Japan(吉田)
     tel: 03-6907-7217 fax: 03-6907-7219
     E-mail: finance at foejapan.org

※議員会館の外からお越しの参加者には、13:00から13:45頃まで、
  参議院議員会館の入口で入館証を配布します。大幅に遅れる場合は、
  予めご連絡ください。

※eシフト:「エネルギー基本計画」見直しに向けた活動方針
  http://e-shift.org/?p=773

【参考】今までのテーマ
第1回:原発のコスト、再生可能エネルギーの可能性
http://www.foejapan.org/infomation/news/evt_110419.html
・原発の本当のコスト
・3.11後の原子力・エネルギー政策の方向性
・エネルギー消費を拡大する原発、小さくする自然エネルギー

第2回:原発依存の構造、福島の現実を見つめる
http://www.foejapan.org/infomation/news/evt_110519.html
・原発依存・電力多消費社会をつくりだした人々
・原発は、地域社会をどう変えたか?
・子ども20ミリシーベルト問題について
・飯舘村報告



 


CML メーリングリストの案内