[CML 010089] 【錦】モーセスグループのキャバクラ、賃金未払い

酒井徹 toorusakai2 at excite.co.jp
2011年 6月 9日 (木) 20:26:50 JST


【錦】モーセスグループのキャバクラ、賃金未払い
――労組の団体交渉要求に返答なし――
http://imadegawa.exblog.jp/16103715/

■”histoire”代表の藤林忠之店長、行方不明
名古屋・錦のキャバクラ・”histoire”(イストワール)が
従業員らに給料を払わないまま閉店し、
代表をつとめていた藤林忠之店長の行方が
つかめていない。
イストワールは
錦で複数のキャバクラを擁する「モーセスグループ」に
属するとされていた。

賃金未払い状態の女性従業員3名が
愛知県の個人加盟制労働組合・名古屋ふれあいユニオン
(「コミュニティ・ユニオン全国ネットワーク」加盟)に
加入。
店に対して
団体交渉の開催や未払い賃金の支払いなどを
求めているが、
6月9日現在、返答がない。

■突然の即日解雇、賃金踏み倒し
名古屋ふれあいユニオンに加入した女性従業員3名は、
今年5月2日に
イストワール代表の藤林忠之店長からいきなり、
「今日はお給料出ません」と言われたという。

さらに5月4日には、
3人のうちの1人・Yさんが
店に「出勤確認」の電話をしたところ、
店の主任から折り返し電話があり、
「来なくていいと部長が言っているので、
あとは部長に聞いてください」などと
解雇を通告されたというのだ。

3人は
部長の電話番号を知っているYさんを通じて
部長に電話をしたというが、
部長は電話に出なかったという。

そして今、
イストワールは閉店状態となっている。
踏み倒された賃金は、
3人分だけで実に137万4450円にも上る
(さらにここには、
支払いが約束されていた「指名手当」や
「同伴手当」・「場内手当」などが含まれていない)。

3人は、
「イストワールは
『モーセスグループ』のお店だと聞いて
安心して入店した。
お給料が払ってもらえないことになるとは
思わなかった」と訴えている。

■「未払賃金立替払制度」も使えない!
何よりも問題であるのは、
店の代表を務める藤林忠之店長が
姿を現さない点である。
きちんと藤林店長が団体交渉に現れて
賃金不払いを謝罪し、
破産手続きを開始すれば、
3人は厚生労働省の「未払賃金立替払制度」を
利用できる可能性がある。

名古屋ふれあいユニオンは、
「お金がないならないで、
仕方のない部分はある。
けれどせめて、
労組との団体交渉に応じて
きちんと破産手続きを取るなど
最低限の責任は取るべきではないか」と
主張している。

また、
イストワールが属するという「モーゼスグループ」も、
代表者や本部所在地も含めて不明な点が多い。
傘下のキャバクラで
このような不祥事が発生している以上、
一定の責任を負うべき立場にあるのではないのか。

名古屋ふれあいユニオンは今後も、
労働基準監督署への申立や
風俗営業許可を行なった警察への情報公開請求、
裁判所への申立てなども視野に入れて
3人を支援していくとともに、
広く市民に情報提供を呼びかけるとしている。
(JanJan Blog 6月9日から加筆転載)


氏名:酒井徹
住所:〒460-0024 
    愛知県名古屋市中区正木四丁目5番6号 
     金山センタービル907号
電話番号:090-4901-9364
電子メール:sakaitooru1983 at excite.co.jp
ホームページ:『酒井徹の日々改善』
http://imadegawa.exblog.jp/


CML メーリングリストの案内