[CML 010066] ■〔フクシマ・NEWS〕 ニューヨーク・タイムズが「日本にのしかかる知られざる被曝という記事を掲載した。

中田妙佳 gukoh_nt at yahoo.co.jp
2011年 6月 8日 (水) 04:39:59 JST


中田です。
メールをいつも送らせていただきありがとうございます。


(重複お許しください)
--------------------------------
■〔フクシマ・NEWS〕 
 ニューヨーク・タイムズが「被曝に閾値なし」のBIER報告を紹介(机の上の空 大沼安史の個人新聞)より  ニューヨーク・タイムズが「日本にのしかかる知られざる被曝という記事を掲載した。-- ●大沼: 小出裕章さんが引用する「ベイル報告」を、ニューヨーク・タイムズが紹介した。  線を引いて「基準」を設け、それを下回れば「安全」とするダイカトミー(2分法)は、たしかにあまりにも乱暴に過ぎることだ。--------------------------------------------- 日本の将来を背負う子どもたちのいのちも、現在・権力を握る大人たちの果てしない、我欲(自分さえよければいい)によって、踏みつぶされていくのを、何もせず、じっと動かずあきらめていくおとなしい日本人で、私たちはいいのでしょうか?下記(拡散転送歓迎)<貼り付け開始>*****************************************  http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2011/06/post-2ad7.html   机の上の空 大沼安史の個人新聞  2011-06-07 ■〔フクシマ・NEWS〕 ニューヨーク・タイムズが「被曝に閾値なし」のBIER報告を紹介 ニューヨーク・タイムズが「日本にのしかかる知られざる被曝(Radiation’s Unknowns Weigh on Japan)という記事を掲載した。⇒   http://www.nytimes.com/2011/06/07/business/energy-environment/07radiation.html? _r=1&emc=tnt&tntemail1=y  この中でタイムズ紙は、「被曝の影響は直線的で閾値というものはない」と結論づけた、全米科学アカデミー「電離放 射線の生物影響に関する委員会(BIER委員会)」の第7次報告(ベイル察■横娃娃暁、リチャード・マンソン委員長)を紹介している。 ⇒ http://www.nap.edu/openbook.php?record_id=11340&page=1  http://www.nap.edu/openbook.php?record_id=11340&page=1 http://dels-old.nas.edu/dels/rpt_briefs/beir_vii_final.pdf  タイムズによると、「BIER察廚麓腓法▲劵蹈轡沺▲淵サキの原爆攻撃の際、高エネルギーのガンマ線を浴びた、数千人に及びヒバクシャのデータから、この「線形・敷居なしモデル(linear, no threshold model)」の結論を引き出した。 ● 委員長のマンソン博士(ハーバード大学)は「それ以下のことを知ることのできないポイントというものはある。線引き(閾値を設定)で決めてしまうのは、単純きわまりないことだ」と語った。 ● タイムズはまた、ヒロシマ・ナガサキと「フクシマ」の違いにも注目する。 ヒロシマ・ナガサキの被曝は主に、急性の外部被曝だが、フクシマの場合は食べ物や水の摂取に伴う「内部被曝」が問題になっている――と。 大沼  小出裕章さんが引用する「ベイル報告」を、ニューヨーク・タイムズが紹介した。● 線を引いて「基準」を設け、それを下回れば「安全」とするダイカトミー(2分法)は、たしかにあまりにも乱暴に過ぎることだ。● 福島における被曝実態の解明が進むにつれ、日本政府――とくに文科省の子どもたちに対する「トンデモ閾値」設定問題は、世界のアカデミズムから糾弾されることになろう。           Posted by 大沼安史********************************************


CML メーリングリストの案内