[CML 010065] 関西電力に原発の運転停止を求める質問・要望書−賛同団体募集中

MASUDA Tetsuya masuda at osaka.email.ne.jp
2011年 6月 8日 (水) 01:57:10 JST


大阪の増田です。
美浜の会HPより転載します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●関西電力に原発の運転停止を求める質問・要望書−賛同団体募集中 
  賛同団体 募集締め切り 6月10日(金)午後10時
   関西の団体に限ります。  団体名と府県名を書いてこちらまで mihama at jca.apc.org

  関西電力の原子力発電所の「緊急安全対策」及び地震・津波の想定に関する質問・要望書
   全ての原発の運転を停止してください
  提出団体:琵琶湖の水がみんなのいのち・さよなら原発ネットワーク

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        関西電力の原子力発電所の

        「緊急安全対策」及び地震・津波の想定に関する質問・要望書

                   全ての原発の運転を停止してください


関西電力(株)社長 八木 誠 様

 福島第一原発では、炉心溶融や使用済燃料プールの冷却喪失によって重大事故が起
こりました。大量の放射能放出による被ばくと汚染は深刻を極め、生活の基盤は根こ
そぎ奪われ、将来にわたって生活と健康が脅かされています。関西に住む私たちは、
若狭の原発で同様の事故が起こることを深く憂慮せざるを得ません。とりわけ、生命
の水瓶である琵琶湖が放射能汚染されることを強くおそれています。
貴社は、3月30日付の「経済産業大臣からの福島第一・第二原発事故を踏まえた緊
急安全対策の実施指示」を受けて、「緊急安全対策に係る実施状況の報告」を4月1
4日に提出し、4月27日にはその改訂版を提出しました。
 この緊急安全対策によって貴社の原発では炉心溶融が起こることはないと、はたし
て言えるのでしょうか。この点に私たちは強い疑問を抱いています。
 そのため、貴社の緊急安全対策に関して以下の質問を行うとともに、まずは原発を
停止するよう要望します。これに対する回答を6月●日までに文書で寄せてください
。同時に、私たちが準備する公の場に出席して、回答内容を説明するとともに市民と
の討論を行ってください。

                          質  問  事  項

1.緊急安全対策で想定されている全電源喪失の安全設計審査指針上の位置づけにつ
いて
 3月30日付国の緊急安全対策指示は、全電源喪失を前提にしています。これにつ
いて原子力安全委員会の班目委員長は、「安全設計審査指針は『長期間にわたる全電
源喪失を考慮する必要はない』と規定しており、『明らかに間違い』と述べた」と報
道されています(5月20日付毎日新聞)。確かに、安全設計審査指針の指針27「電
源喪失に対する設計上の考慮」では「原子炉施設は、短時間の全交流動力電源喪失に
対して、原子炉を安全に停止し、かつ、停止後の冷却を確保できる設計であること」
と規定しています。

(1)	原発は安全設計審査指針に基づいて設計・建設されています。結局、貴社の
原発はすべて、全電源喪失は設計上基本的にあり得ないとの仮定に立って建設されて
いるということですか。


2.天正大地震に伴う津波の評価について
 山のような津波によって人々や家屋が流され、若狭湾に甚大な被害をもたらした1
586年の天正大地震が大きな衝撃を人々に与えています。これに対して貴社の津波
想定は、せいぜい3m以下となっています。

(1)	貴社は天正地震のことを1981年に知っていたとのことですが、それにも
かかわらず低い津波想定にしたのはなぜですか。
(2)	貴社はこの地震についてこれから調査するかどうか検討するとのことですが
(5月27日プレスリリース)、まずは、天正地震のような高い津波がくれば全電源
喪失は免れないと率直に認めるべきではありませんか。もし認めないのなら、それは
何故ですか。理由を示してください。


3.地震の評価について
 貴社の地震のマグニチュード想定は、美浜原発でM7.7、大飯・高浜原発でM7
.4であり、今回の東日本大震災の地震規模のせいぜい90分の1程度となっていま
す。活断層評価でも和布−干飯崎沖断層と関ヶ原断層を切り離しています。

(1)	地震の専門家である石橋克彦氏が強調されているように、今回と同規模の地
震が若狭でも起こることを率直に認めるべきではありませんか。もし認めないのなら
、その根拠を示してください。


4.タービン動補助給水ポンプに全面依存する危険について
 3月30日付の国の指示が示したチャート「PWRにおける津波発生時の事象と対
応策」では、炉心冷却は「タービン動補助給水ポンプによる蒸気発生器2次側への給
水冷却」に全面依存しており、貴社の対策もそれに従っています。

(1)	タービン動補助給水ポンプは原発の各号機にそれぞれ何台ありますか。
(2)	貴社の原発では、このポンプはディーゼル発電機と同じ階にあるか、より下
の階にあります。ディーゼル発電機が機能喪失するという想定なのに、なぜ、このポ
ンプは健全だと言えるのですか。
(3)	このポンプはこれまでしばしば故障を起こしています(2000年代だけで
6件)。それなのに、地震と津波に襲われた条件のもとで、けっして故障しないとい
う保証はどこにあるのですか。具体的に示してください。
(4)	福島第一原発3号機では、高圧注水系配管が地震動によって破損したことが
強く示唆されています。タービン動補助給水ポンプの系列配管が地震によってけっし
て破損しないという保証はあるのですか。具体的に示してください。
(5)	タービン動補助給水ポンプが動かない場合、炉心冷却の手段は他にあるので
すか。


5.電源車が実際に働くかどうかについて
 山のような津波によって人々や家屋が流され、若狭湾に甚大な被害をもたらした1
586年の天正大地震が大きな衝撃を人々に与えています。これに対して貴社の津波
想定は、せいぜい3m以下となっています。

(1)	電源車は高い位置に置かれていて、そこから所定の接続位置まで移動させる
ことになっています。その経路が地震によって著しく破壊されることがないと保証で
きるのですか。それは何故ですか。
(2)	特に美浜原発の直下には活断層があり、地面が段違いになる可能性があるの
ではありませんか。
(3)	電源車等には敷地内1カ所の燃料タンクからタンクローリーで燃料を運ぶこ
とになっていますが、その経路が地震によって破壊されることはないとどうして言え
るのですか。
(4)	各原発の電源車等への長期的な燃料の補給はどこから行うのですか。そのア
クセス道路は1本ですか。その道路が地震によって破壊されないという保証はどこに
あるのですか。具体的に示してください。


6.住民の避難について

(1)	アクセス道路が1本しかなく、それが原発の傍を通っている場合、住民はど
のようにすれば安全に避難できるのですか。具体的に示してください。


7.琵琶湖の汚染について

(1)	貴社の原発で大事故が起これば、美浜原発から30kmに位置する琵琶湖は
数時間で放射能に汚染されてしまいます。関西の水瓶である琵琶湖は、多くの人々の
生命の水の源です。琵琶湖の汚染を防ぐことはできるのですか。具体的に示してくだ
さい。


8.公の場に出席して説明し討論することについて
 貴社の原子力発電所が地震・津波により大事故を起こす危険性に関しては福井と関
西を始め多くの住民の安全と命に関わる問題です。それゆえ、直ちに公の場で市民の
要求に応じてこの問題を説明し、討論することは不可欠です。何故まだこのことを行
っていないのですか。

                          要  望  事  項

1.すべての原発を直ちに停止してください。
 貴社の原発は、全電源喪失に備えた設計に本来的になっていません。全電源喪失が
起こった場合の緊急安全対策は、タービン動補助給水ポンプに全面依存していますが
、これが確実に働くという保証はありません。この給水ポンプが動かなければ、福島
第一原発のように炉心溶融に至り、格納容器内で水素爆発が起こって壊滅的な放射能
被害が生じることになります。
 すべての原発を直ちに停止するしか、住民の安全を確実に守る方法はありません。
現在定期検査で停止中の原発はそのまま停止し、運転中の原発は直ちに停止してくだ
さい。

2.調整運転を続ける大飯1号の運転を直ちに停止してください。
 大飯1号は、地震前日の3月10日に原子炉を起動し、ほぼ3ヶ月も100%出力
で運転を続けています。国の最終検査を受けることもなく、また地震・津波に対する
安全性が確認できないものを運転し続けることは許されません。大飯1号の運転を直
ちに停止してください。

3.上記の質問事項について、公の場に出席して説明し討論に応じてください。


2011年6月●日

琵琶湖の水がみんなのいのち・さよなら原発ネットワーク
 NPO地球とともに/(株)よつ葉ホームデリバリー京滋/京都・水俣病を告発す
る会/グリーン・アクション/コープ自然派京都/コープ自然派奈良/脱原発へ!関
電株主行動の会/脱原発わかやま/日本熊森協会滋賀県支部/毎月26日のランチタ
イムに関電前に集まる女たち/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会/若狭の原
発を案じる京都府民

 連絡先
   グリーン・アクション
     京都市左京区田中関田町22-75-103 TEL 075-701-7223 FAX 075-702-1952
   美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
     大阪市北区西天満4-3-3星光ビル3階 TEL 06-6367-6580 FAX 06-6367-6581

(11/06/07UP )

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
転載元:美浜の会HP
http://www.jca.apc.org/mihama




CML メーリングリストの案内