[CML 010032] : 「福島原発暴発阻止行動プロジェクト」 水に落ちた犬を撃て

motoei motoei at jcom.home.ne.jp
2011年 6月 5日 (日) 23:07:53 JST


永野さん
お世話さまです。
東電と日本政府が「命を大切にする」という心があるなら、
直ちに「脱原発を宣言」し、国民、世界の人々に対して謝罪するでしょう。
既に放射能被害者は食物関係を含め百万人を超えているでしょう。
水に落ちた犬を撃て(魯迅)ではありませんが、
「脱原発宣言」を国民・市民が運動で勝ち取らない限り、日本人は
戦争責任をあいまいにしたのと同じで、真に反省しておらず、
加害国民と言われ続けるでしょう。
東電と政府は口だけのお詫びですまし、この事故を切り抜け、原発を続け、
国民・市民を食い物にしていきます。    (石垣)




CML メーリングリストの案内