[CML 009989] IK原発重要情報(14)

河内謙策 kenkawauchi at nifty.com
2011年 6月 3日 (金) 10:37:48 JST


    IK原発重要情報(14)[2011年6月3日]

 私たちは、原発についての情報と脱原発の国民投票を求める市民運動についての情
報を発信しています。よろしく、お願いいたします。(この情報を重複して受け取ら
れた方は失礼をお許し下さい。転送・転載は自由です。)

 弁護士 市川守弘  弁護士 河内謙策
 (Email: kenkawauchi at nifty.com)
  脱原発の国民投票をめざす会
http://2010ken.la.coocan.jp/datsu-genpatsu/index.html

―――――――――――――――――――――――――
 今日は、緊急情報です。

 産経新聞と朝日新聞のサイトは、佐賀県にある玄海原発
(2号機、3号機)の運転再開へ向けての動きが急だということを報道しています。
[情報14-1] 
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110601/lcl11060119220000-n1.htm

http://mytown.asahi.com/saga/news.php?k_id=42000001106010002

毎日新聞は、市民団体の動きを伝えています。
[情報14-2]
http://mainichi.jp/area/saga/news/20110602ddlk41040634000c.html

  私たちは、浜岡原発の「運転停止」をきっかけに、日本の原発推進勢力が「反転攻
勢」をかけようとしていること、特に各地の原発運転を再開しようという動きに注意
するよう呼びかけてきましたが、私たちが心配したとおりに事態が推移しようとして
います。
 もっとも、玄海原発が運転再開の第一号になるという点では、私たちの予測ははず
れました。しかし、『FLASH』6月7日号で日本一危険な原発といわれたのが玄海原子
力発電所です。『週刊 金曜日』5月27日号でも「浜岡原発停止の次は敦賀と美浜、
玄海だ」(伊田浩之)といわれていたのです。3号機ではプルサーマル運転が行われ
ていましたから、広瀬隆氏は、「3号機が大事故に巻き込まれれば、九州全土がプル
トニウムを浴びて、すべて廃墟になる」(広瀬隆『福島原発メルトダウン』朝日新聞
出版207頁)とまで言っているのです。そのような危険な玄海原発が、福島後の再開
第一号とはなんという皮肉でしょうか。
 しかも、国民の多くが原発を批判し、福島原発の「収束」の目処もたっていない時
期に運転を再開するというのです。九州電力の経営者や政府などの日本の原発推進勢
力の無神経ぶりにあきれてしまいます。日本の原発推進勢力は、国民の批判に耳を傾
けず、居直って、強行突破しかない、と考えて無茶苦茶をやろうとしているのです。
これは、日本が第二次大戦に突入していった過程などにみられる、日本民族の一部に
存在する危険な思考パターンです。
 このままでは日本が亡びます。このままでは私たち国民が殺されます。日本の原発
推進勢力の無茶苦茶を抑えることができるのは、日本の民衆運動の力・国民の力しか
ありません。私たち、日本の国民は、怒りに燃えて総決起しなければならないのでは
ないでしょうか。私たちの脱原発の努力・運動を急がなければならないのではないで
しょうか。

 上記のニュースを、知っていないと思われる貴方の友人にお伝え下さい。

――――――――――――――――――――――――――
                      以上










CML メーリングリストの案内