[CML 009971] 【報告】第43日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろぱ ★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2011年 6月 2日 (木) 08:38:34 JST


青柳です。6月2日。
複数のMLと知人・友人にはBCCでお送りしています。重複の場合は大変失礼します。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば: 第43日目報告
呼びかけ人 (6月 1日現在総数721名) 
http://www.nanjinggenpatsu.com/hangenpatsu.html

横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまでした。
今日も千客万来で 活気があってよかったですね。
とにかく 若い方の動きの速いこと 驚きです。
6月11日のサウンドデモ 力強い展開になりそうな気がします。
九州各地からも参加者が見えるといいですね。

今日の状況 ブログに掲載しました。
あんくるトム工房 
九電前テント村 千客万来 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1288

九電のコロコロ変わる意思表示には 腹が立ちます。
安全なんて 二の次のようです。
でも、彼らもそれだけ 追い詰められているんでしょうね。

必ず 原発廃止に追い込んでやりましょう。           
追伸 風邪に気をつけてください。

高校生 岡田汐莉(しおり)さんから:
暑い中、大変そうですが、今日も1日がんばりましょう。

真砂友子さんから:
青柳様
連日おつかれさまです。
心ならずも遅れましたが、「原発とめよう」の呼びかけ人に入ります。
よろしくおねがいします。

緊急上映の映画が福岡では観られます。KBCシネマで一日に一回のみ。
昨年度諸国で受賞した「一万年後の安全」。
フィンランドで世界初の高レベル放射性廃棄物の永久地層処分場が建設中。
10万年保持される地下都市の如き巨大システムの入り口に立て札が。
映像美もふくめ必見の作品です。

真崎良幸 さんから:
青柳様
毎日お疲れ様です。抵抗勢力は九電側、警察、在特に加えて雨、風までが
資料を濡らしたり、テントを飛ばしたりして嫌がらせを続けているようですが、
それに反比例して国民の支持は日を追うごとに強まっていると思います。
 それは人間の一番大切な命の問題に関係するからだと思います。
私は○○高校で「チェルノブイリの死者は100万人」というインタビュー番組を
4クラスの生徒に見せました。みんな、眼の色を変えて真剣に見いっていました。
もうじき行われる中間テストの時に彼らの原発に対する意見を書かせるつもりです。
結果が出たらご紹介します。
中曽根は「原発は後退してはならない」などと妄言を吐いていますが、
我々こそ「後退しない」という決意を示すことが大切だと思います。
下記はオバマ大統領、サルコジ大統領へ直訴するミュージックビデオを作りました。
http://www.youtube.com/watch?v=Xp-GA21rspQ
ホームページのトップに10年後の日本を想像させる人体汚染のビデオを追加して
います。http://www.nanjinggenpatsu.com/hangenpatsu.html

内藤美弥子 さんから:
青柳様
連日の奮闘お疲れ様です。
何もお手伝いできず申し訳ありません。
全国では、原発反対の世論が大きくなり、エネルギー政策の転換を求める声も益々広
がっていますね。青柳さんたちの運動が少しずつまわりを動かしているんだと実感で
きます。

アマナクニ・名前のない新聞 浜田光さん(神戸市)から:
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆に賛同します。
自分の作っているサイトでも紹介しました。
http://amanakuni.net/

ひとつ確認したいのですが、「‥毎日24時間」と書いてるところと「‥毎日 
午前10時間」と書いてある所を見たんですが、今はどうなってるのでしょう 
か?
また毎日午前10時間というのも何か変な表現のような気がするのですが、教 
えて頂けるとありがたいです。 よろしくお願いします。
 (青柳コメント:
4月20日からは毎日24時間でしたが、現在は毎日午前10時から午後7時です。)

猪股理恵(Inomata Rie)さんから:
「原発とめよう!九電本店前ひろば」に賛同いたします。
海外在住なので伺えませんが、心で参加いたします。
がんばってください!
インドネシア在住

増田都志美(静岡県藤枝市)さんから:
いつも、ご報告をありがとうございます。
大変励みにしております。
ひろば賛同します。
できる限り、カンパもしたいと思います。
(カンパ件数が増えてしまって、多額は無理ですけれど)
どうぞ、健康管理を怠りなく、御健勝、静岡より常に祈念して
おります。
よろしくお願いいたします。

船木暢夫(大阪私学教員)さんから:
大阪の船木です。
連日頑張っておられますね。脱帽です。
お体に気を付けてご奮闘を。
私も呼びかけ人に入れてください。

原発については、電力会社・政府の「だませる限りだましておきたい」という発想
そして残念ながら少なからぬ民衆の「騙され続けられるものなら、騙されていたい」
という共犯じみた意識の共有があると思います。

脱原発は反天皇制と似ていて、「そんなモン要らない」と分かっていても、
口に出せない。真っ向から言うと何か自分が極端なことを言っている気がして、
自己規制的に黙り込んでしまう=沈黙の支持になってしまう 感じがします。
だからこそ、「要らない」と言い続けないといけないのですが。

歌野 礼 (Utano Aya) さんから:
毎日お疲れ様です。
いただくメールの内容の目ぼしい部分を、いつもツイッターで流しています。
友人がリツイート、拡散してくれます。
この報告そのものが、また、人が交わる「ひろば」みたいですね。
こんな「ひろば」が、全国に出来ると楽しいな。

さて、今日はいつも福岡からうちに自然海塩の注文をくれる自宅出産仲間のおかあさんから、
被災地の妊産婦さんに九州の野菜をおくる活動があることを教えていただきました。
福岡エルフの木
http://www.design.kyushu-u.ac.jp/~tomotari/fukuoka.elf.html

野菜をおくるのは糸島の直売所。玄海原発になにかあると、風下でもあり、
このような農家の方々がもっとも苦しい思いをされると思うと、
この活動そのものにも、なんだか胸が痛くなるような気がします。
そしてもう一つ思い出したのは、ほとんど玄米菜食で過ごした自分の妊娠生活。
ほとんど記憶も薄れてきていましたが、あの時期に被曝の危機に立たされてい
たらと思うと、いまさらぞっとします。

話がそれました。
早6月、6.11までもうすぐですね。
出張先の長崎から、福岡へ行こうと思っています。
デモには、何を用意していったらいいでしょうか〜。 
 (青柳コメント: 次回 脱!原発サウンドデモ6.11 in 福岡の
  詳細を掲載します。)

「9条改憲阻止の会」の冨久亮輔 さんから:
青柳行信 様
 下記のような人が九電の社員であることに安堵しました。
会社の行いに対し心の中では疑問を持ちながらも「間違っているのでは
ないか……」とはなかなか言えないものなのですよね。言えば、その後
の自分の立場が決まってしまいます。私も組合運動を積極的にするに当
たって相当悩みました。しかし○○○○さんは勇気を持って青柳さんに
メイルを送られました(私が推察するに、○○○○とは青柳さんの配慮
ではなかったかと思っています)
 しかし、今少し視野を広げ、原発がなくても火力や水力発電でも需要
を満たす事が出来る事は東電や中電の事例からでも判断できるし、市民
や企業に上手な電力の使い方や節電の方法を教えてあげることだって出
来ると思います。そのような方法を実行すれば、電力不足を補うための
原発運転続行で悩むこともなかったかもしれません。玄海第一号炉は運
転開始から既に三十年を過ぎ事故を起こした福島第一原発と同じ型では
なかったでしょうか。危険な順からいえば、福島・浜岡・敦賀の次に序
列されているかと思います。「電力の十分な供給」という錯誤からの脅
迫観念に悩まれている間に玄海原発が疲労の為の事故を起こさない事を
心から祈ります。ましてや、北部九州も大きな地震が来る可能性はある
のです。もし、玄海原発が事故を起こし、放射線を放出することにでも
なれば、少なくとも北部九州は今の関東と同じになるでしょうから……。
 
 沖縄には今でも日本に存在する軍事基地の75%があり、基地被害に
苦しんでいます。その存在の理由の一つとして、「本土復帰」と単純に
喜んで返還の実態を知らないままにした私たちの不作為が有ります。そ
の結果が、私たちが心的外傷に悩むこととなったのです。
 ○○○○さんは心優しい方みたいですから、原発暴発などの事故が起
こらないように、○○○○さんに心的外傷がのこらないように心より祈
念するものです。

九電原発廃炉に向け、6・28九電株主総会へ
●総会の内・外で脱原発の大きな声を
(総会日程)
日時:6月28日 10:00〜
 (終了時刻は不明。通常は2時間程度ですが今年は長引くことが予想されます)
場所:ホテルニューオオタニ(九電本社向かい)

(行動予定)
8:00〜一般株主の来場に合わせメッセージチラシ配布などの開始
9:00〜会場前行動開始
     ・人間の鎖で会場包囲
     ・トラクター行進/原発モウいや行進(牛)
     ・マーチングバンド
     ・その他、それぞれの想いを伝える何かを掲げ、反原発を意思表示
※	イエローメッセージ⇒スカーフ・鉢巻など何でも構いませんから、黄色の何かを着装しましょう
10:00〜総会終了まで
・ミニコンサート、ミニ講演会、福島の美味しい野菜販売などいろんなアイデアを募集中

九電の原発廃炉を求める連絡会 6/28 世話人
(九州電力消費者株主の会・世話人 木村京子/ 脱原発ネットワーク九州・世話人 深江 守
 脱原発大分ネットワーク・世話人 小坂正則/ 反原発かごしまネット・世話人 向原祥隆
 宮崎の自然といのちを守る会・世話人  青木幸雄/ 原発なしでくらしたい水俣・世話人 永野隆文 
 玄海原発プルサーマル裁判の会・世話人 石丸初美/ 上五島受入支援の会・世話人  歌野敬・歌野礼
 ★原発とめよう!九電本店前ひろぱ★・世話人 山中陽子・いのうえしんぢ・中村肇・青柳行信)

●株主総会は九電の経営姿勢を変える最大の機会です
 株主総会は会長・社長以下経営陣はもちろん、議案に関連する担当取締役がすべて出席します。私達一般市民にとって経営責任者た
る彼等に直接想いを伝える唯一の機会といっていいでしょう。とくに3・11福島原発震災を経験した今年はこれまでとは打って変
わった総会になるのは間違いありません。

●九電の経営者も社員も「原発から手を引きたい」と考え始めています
 表立っての発言はないものの、九電内部でも脱原発の声は少なくありません。とくに社員の多くは原発を止めたいと考えています。
さすがに経営陣は国策たる原発、利益を生む原発ゆえ本音を吐けません。しかし3・11はこの国のエネルギー政策転換の契機とな
り、政府も否応なく原発重視の姿勢を捨てざるを得ない状況に追い込まれました。この機会を逃す手はありません。

●今年の総会を脱原発の第一歩に
 脱原発の流れが生れたとはいえ、まだ揺り戻しがあるでしょう。であればこそ、今年の電力会社の株主総会は歴史的な意味を持つ場
です。総会の場で脱原発を巡ってちゃんと議論され、仮に経営陣が少しでもその方向を示すとすれば、間違いなくこの国を変える第一
歩になります。

 ___★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろぱ ★☆___

  九州電力へのアピール・座り込みテント「ひろば」は続けます。
        毎日 午前10時から午後7時 
  場 所:九電本店前 
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
     福岡市中央区渡辺通2丁目1−82  

【呼びかけ人】(6月 1日7名)      
弘田しずえ/猪股理恵/浜田光さん(アマナクニ・名前のない新聞)
指方良太/佐々木愛/船木暢夫(大阪私学教員)/増田都志美(静岡県藤枝市)
(6月 1日現在総数721名)                     
 
* なお、もしも記載漏れの方は恐れ入りますが再度ご連絡をお願いします。   
   ★引き続き ★呼びかけ人を募集しています。  
     目標の1000名まで、皆さんと一緒に呼びかけ、
  ★原発とめよう!の輪をひろげていきまょう。
 (メールでの賛同方、 kobayan1594 at yahoo.co.jp 小林まで)
  メール送信の件名に ひろば賛同★と記してくださると助かります。 
 「ネット上でお名前掲載に支障のある方はご一報ください。」

★☆気力と体力そしてカンパの続く限り、テント村ひろばを続行します。
★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ★☆
★☆ ひろぱ・ 訪問感想記等メールをお待ちしています。  

6月5日(日) 広瀬隆 福岡講演会
       フ ク シ マ は 今
        玄海原発は大丈夫?

↓ツイッター/携帯用メール広報文【拡散希望】
【福岡】フクシマは今。玄海原発は大丈夫? 6月5日(日) 18:30〜広瀬隆 講演会/
福岡市中央市民センター(http://bit.ly/adPuPZ)/前売¥1,000/当日¥1,500
電話予約受付TEL.090-1324-8588(ひろば)

★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★
Twitter フェイスブック ミクシー で拡散してくださる方は、
以下をお使いください。【拡散希望】
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆毎日午前10時間〜
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか ☆
   場 所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[[[[[ 原発いらないテント村@佐賀県庁横 ]]]]]

佐賀市、近辺の方、下記の取り組みにご参加よろしくお願いします。

期 限◆2011年5月26日〜6月3日
場 所◆佐賀県庁(佐賀市城内1丁目1-59 Tel.0952-24-2111)
内 容◆6月3日佐賀県議会「玄海原発再稼動の安全対策につい
て」議案に照準をあわせた抗議行動。マイクアピール、脱原発
チラシ募集(現地持参願)、テント宿泊可能。メンバー不足の
ため留守にすることもあります。担当:武富さん
交 通◆ 佐賀市営バス、西鉄バス、昭和バス、県庁前バス停〜
徒歩1分/電車:JR佐賀駅下車 徒歩20分 http://bit.ly/ms3lJu
問い合わせ:090−7534−0403(武冨)

↓ツイッター&携帯用

【拡散希望】5月26日〜6月3日脱原発テント村@佐賀県庁横(佐賀市城内1丁目1-59
 Tel.0952-24-2111)6/3県議会「玄海再稼動の安全対策について」議案への抗議行
動。テント宿泊可。メンバー不足のため留守にすることも。アクセスhttp://bit.ly/ms3lJu

***********************************
〒812−0041
福岡市博多区吉塚5−7−23
   青柳 行信
 電話   080-6420-6211
Eメ−ル:y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
***********************************


CML メーリングリストの案内