[CML 011033] 日本軍「慰安婦」被害者 金学順さん証言から20年 『20年間の水曜日』日本語版出版を記念の集い

south sea dream_sea05 at yahoo.co.jp
2011年 7月 30日 (土) 00:57:50 JST


日本軍「慰安婦」被害者
金学順さん証言から20年
『20年間の水曜日』日本語版出版を記念して

         今年の夏、韓国で金学順さんが初めて元「慰安婦」だったと名のり出られてからちょうど20年目を迎えます。 それは日本軍「慰安婦」問題解決運動の始まりでもありました。金学順さんの姿に勇気を受けた被害者たちは、日本が植民地支配した朝鮮半島と台湾から、そして日本軍が支配占領し戦争被害を与えた世界中の国々から次々と名乗り出られました。多くの被害者が裁判を闘い、また証言活動などを通じて世界中に問題解決を訴えてこられました。しかし、様々な運動の広がりと国際的な要求にも関わらず、今日に至るも「慰安婦」 問題は解決していません。
         金学順さんは日本政府の償いを受けることなく、1997年12月、その生涯を閉じられました。そして多くの被害者の方々もまた、すでにこの世を去られました。韓国では政府により被害登録されている被害者234名のうち164名もが既に亡くなられ、もう70名しか生存されておられません(7/1現在)。
         この度、金学順さんをはじめ、亡くなられた被害者を偲び、その意思を胸に刻みながら、 あわせて韓国挺身隊問題対策協議会常任代表の尹美香さんを迎え、20年間の運動を振り返る書籍『20年間の水曜日』 の日本語版出版を記念する集会を開催します。
         みなさんふるってご参加下さい。
         この20年を振り返り、問題解決に向けた21年目への第一歩としましょう!

        時間: 	7月31日(日) 午後2時〜 (開場1時半)
        場所: 	大阪歴史博物館 講堂にて(地図)
        主催: 	7・31日本軍「慰安婦」被害者金学順さん証言から20年
            ―「20年間の水曜日」日本語出版を記念して―実行委員会

        プログラム: 	追悼「サルプリ舞」 張智恵さん
        	金学順さんDVD上映
        	お話 尹美香さん 韓国・挺身隊問題対策協議会常任代表
        	パネルディスカッション 20年間の運動から何を学び、何を継承するのか
         藤目ゆきさん × 梁澄子さん



CML メーリングリストの案内