[CML 010912] 【報告】第95日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2011年 7月 24日 (日) 07:29:44 JST


青柳です。7月24日。
呼びかけ人&複数のMLと知人・友人合計約2000名にBCCでお送りしています。
重複の場合は大変失礼します。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば: 第94日目報告
 呼びかけ人(4月20日座り込みから7月23日現在総数1255名)     
http://www.nanjinggenpatsu.com/hangenpatsu.html

青柳でから:
・4月20日座り込みから7月29日で100日間になります。
・現在、原発とめよう!の輪を拡げる呼びかけ人は1255名になっています。
・この間の皆様の声と行動、ひろば・テントでの出会いは楽しく、
 生きる息吹を頂いて、原発はとめられる。と、確信がうまれつつあります。
・今なお、玄海原発再稼働策動はありますが、
 7,8、9月の玄海原発再稼働はみなさまと共に止めることが出来ています。
・7月30日は個人、ご家族、そして友人・知人お誘いの上、
 夕涼みの楽しい、憩いのひとときを過ごしましょう。 
・わたし青柳は7月31日から、一時休息を取り、秋の陣に備えます。
 【報告】は皆様からの声、メールがあるかぎり続けます。
・8月1日(月)からの★ひろぱ・テント★を継続するため週一日または数時間ご協力出来る方は
 歌野敬さん(電話:0959-42-3427 eメ−ル:utano at lime.ocn.ne.jp)にご連絡ください。

歌野敬さんから:
ひろばは
これまで九州の脱原発のセンター機能を果たしてきたわけですから、
何とかローテーションを組んで維持可能な態勢を作ろうと思います。
福岡の人には分かってもらえないと思いますが、
他県から行くわれわれはまずひろばテント村を訪ねる、という位置にあります。
8月は九電が仕掛けてくる節電ブラフに対抗していかなければなりませんから、
その意味でもひろばはセンターとしては必要と思います。

  ★私たちの声と行動で再稼働は止められます。★

横田つとむ さんから:
青柳様
お疲れ様です。
今日も 遠くからの訪問客の方々が見えました。
全国の 注目の的になっているようです。

それもそうですね。 
玄海の空気が 日本全国に広がるのですから。
一番の 重要地点ですね。

今日のあんくるトム工房
お金よりも 命が大事  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1390 
どうぞ ご覧ください。

平橋和子さんから:
青柳様
暑くなりました。いまからが厳しい夏の盛りに突入だと思います。
今日の報告に、連合通信の山本さんが記事を書いたとのことで、内容掲載で、ありがたいです。
青柳さんのテント村の日々が、大きな影響を心ある方に発信し続けていることに感銘しました。(*^ー^)ノ♪※
一昨日、北九州市脱原発の会で会議がありました。
長州新聞を持って来てくださる方がありまして、馬毛島、沖縄、福岡、山口を含め、
安保の名前の元に軍事基地を作るアメリカと日本の陰謀があるようなことが書いてありました。
原発も軍事目的の核保有の為だと、京都大学の小出先生も言われています。

全てが、政治家、官僚、御用達学者、マスコミ、等々、軍事産業、
原発産業が我々の税金を取っての、利権あさりだと思います。
ひどい異常事態がずっと続いていたのですね。
今も続き、原発は安全に使えば大丈夫、クリーンだ、電力が足りなくなる、
内部被曝も直ぐにどうと言う影響ないと、テレビで、いい続けています。
過去のスリーマイル、チェルノブイリを全く教訓に出来ない、学習能力のない、
エセ学者と呼ばれる生き物、政治家、官僚、マスコミコメンテーター等々。
このまま、許しておくわけにはいかず、日本は存在か、沈没か、という切迫事態だと言うことだと思います。

村上 淑子さんから:
青柳様
今日は、3人娘でお邪魔しました(笑)
スイカをいただきありがとうございました。
色々と有意義なお話ができて楽しかったです。
新たに友人が呼びかけ人にもなってくれて良かったです。
30日もなんとか行ける様に計画しています!
暑いですので、皆さまお体に気をつけてください。
 
以下、お知らせです。
是非、たくさんの方に来ていただければと思います。                        
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇♪◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 福島第一原発事故による放射能漏れは今なお収束の見通しも立たず
環境破壊の懸念を、そして何よりも放射性物質の悪影響を大変危惧しています。
 そこで今回は福島原発事故によりやむなく福岡へ避難・移住された
宇野朗子さんに母親として原発の事、放射能や子どもたちへの影響などを
お話していただく学習会を企画しました。 
日時:9月26日(月) 10:30〜12:30 
場所:ウェル戸畑 12F (JR戸畑駅を出てすぐ左) 
講師:宇野朗子(うの さえこ)さん 
参加費:無料(どなたでも参加可能です。) 
問い合わせ先
エフコープ若松支所(まつした・うえまつ)
電話:093−222−3377 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇♪◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇

深江 守(脱原発ネットワーク・九州)さんから:
北九州市の岡添貞子さんが7月11日(月)佐賀県庁へ「脱原発の申し入れ」に行った時、
過剰警備の佐賀県庁職員に突き飛ばされ、腰の圧迫骨折の負傷を負わされました。
現在八幡済生会病院に入院中。この件に関して、古川県知事に対し、謝罪を要求する。

目撃者を探さなければいけません。
7月11日午前11時15〜20分ごろだと思います。
県庁新館横の通用門から少し入ったところで警備員、職員に押され(お腹を押され)
岡添さんが後ろのめりに尻もちをついたところを目撃した人を探しています。

他の人も何人かこけそうになったと岡添さんは言っています。
「何人か知ってる顔はいたけど、名前まではわからん」とのこと。
目撃した人は深江eメール:mfukae at jcom.home.ne.jp まで連絡ください。

 下記もご協力お願いします。
   
    ◆◇玄海町で家庭訪問、無記名のアンケート集め◇◆

玄海原発1号機を止めるために、玄海町民に家庭訪問・直接話をし、無記名のアンケート調査します。
8月7日(日)、20日(土)、9月4日(日)の3日間を予定しています。
参加できる方は、午前10時に玄海町役場に集合しいただき、2人一組で戸別訪問を行います。

署名を集めるわけではなく、無記名でのアンケートに答えてもらうだけですので
難しい作業ではありません。
また、10時に集合できなくても、昼からでもOKです。
みなさまの参加、ご協力をお願いします。

川島実穂(イラク平和テレビ局inJapan)から:
青柳様
こんにちは、
7月11日にお世話になりました、イラク平和テレビ局inJapanの川島です。
大変な暑さですが、
九電前広場はますますの賑わいのようですね。

こちらは昨日、大阪市に空間や食物の放射線量を
はかって対応していくべきと申し入れに行きました。
私のいるメディアスタジオSANAで最近毎日計測しているのですが、
0.12μSV/h〜0.15μSV/hを行き来しています。
年間の政府の限度量を超える値となっています。
牛は報道にありますが、農産物も福島県産など大阪でも結構出回っていますが
販売店は「計測しているかわからないが農協を信じている」大阪市は
「牛肉は計るが他は計測しない」という態度。
放射能の恐ろしさをほんとにわかっているのか・・・、無責任すぎます。
・・・という近況です。

取材させていただいた映像ですが、パソコンの不具合でもう少しでやっと編集できます、
アップしたらお知らせいたします(土素人なのですいません)
7/30のZENKOには、やなせさんという方が九電前ひろばから来られると聞いています。
またお会いできればと思います。
暑い暑い夏です、お体大切にお過ごし下さい。
こちらもがんばります。

伊佐智子さんから:
 いつもご苦労様です。酷暑の折、テントにおられるのは大変だと存じます。
皆様くれぐれもお体をご自愛ください。
 以下は、すでにご存じの方がいらっしゃるもしれませんが、有益な原発情報サ
イトだと思います。

第二次大戦敗戦国のイタリアと劣化ウラン問題
http://tanakaryusaku.jp/2011/06/0002526

サルディーニャ島と劣化ウラン弾、ガン、奇形
http://tanakaryusaku.jp/2011/06/0002506

 それから、7月17日〜21日来日し、各地で講演をされた
クリス・バズビー博士(イギリス、ECRR(欧 州放射線リスク委員会))の
「福島の破局的事故の健康影響」

翻訳より一部抜粋引用
(平和哲学センター(Peace Philosophy Center)HPより)
http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/07/japanese-translation-of-ecrr-chris.html
(情報を広めてくださいとのこと)2011年7月23日

1.ECRRリスクモデルにより福島事故の100キロ圏の 住民300万人に対する健康
影響を検討した。100キロ圏内に1年居住を続けることにより、今後10年間で10万
人、50年間でおよそ 20万人がガンを超過発病すると予測された。直ちに避難を
行うことでこの数字は大きく減少するだろう。100キロ圏と200キロ圏の間に 居
住する700万人から、今後10年間で10万人、50年間で22万人が超過発ガンすると
予測された。これらの予測値は、ECRRリスク モデルおよびチェルノブイリ事故
後のスウェーデンでの発ガンリスクに関する疫学調査に基づいて算定されたもの
である。

2.ICRPモデルは、100キロ圏での超過発ガン数を2838人と予測している。した
がって、福島事故によるガンの最終的な超過発生数 が分かるときに、どちらの
リスクモデルが適切かの答えがでるだろう。

3.日本の文部科学省が公表したガンマ線量の公式データは、一般的に承認され
た科学的手法を用いて、測定箇所の地表汚染レベルを逆算する ために使用でき
る。その結果、IAEAは汚染レベルを明らかに低く見積もった報告を行っているこ
とが分かった。

4.放射性同位体別の地表汚染レベルの測定を緊急に実施することが必要である。

5.100キロ圏の北西部に居住する人々は直ちに避難し、その地域を立ち入り禁
止とすべきである。

6.ICRPリスクモデルを廃棄し、すべての政治的決定をECRR www.euradcom.org
の勧告に基づいて行うことを求め る。これは、2009年のレスボス宣言に署名し
た著明な放射線リスク専門家が出した結論である。

7.一般国民から意図的にデータを隠した者に対しては、調査のうえ法的処罰を
与えるべきである。

8.メディアを通じて今回の事故の健康影響の過小評価をもたらす行為を行った
者に対しても調査のうえ法的処罰を与えるべきである。
        ・・・・・・
 九電のやらせメール問題第三者委員会委員(委員長予定)についた、郷原信郎
氏が、次のような声明を出しています。九電真部社長に引責辞任を求め た海江
田大臣を逆に批判して議論をすり替え、結果的に真部社長を擁護しているように
も見えるような。

 真部社長は辞任を渋っていますが、個人的な想像ですが、退職金額が違ってく
るとか、何かそういう支障があるのでは?不自然ですね。
http://www.comp-c.co.jp/pdf/110719.pdf

◆◇◆◇◆◇◆◇♪♪♪♪♪♪♪  ◆◇◆◇◆◇◆◇

下記の集いのご参加、友人・知人にお知らせよろしくお願いします。
【Twitter フェイスブック ミクシー で拡散希望】

   ◆◇♪♪≪さよなら原発・夏祭り≫♪♪◇◆

 ★ 私たちの声と行動で原発再稼働は止められる ★
   ★原発とめよう! 座り込み100日間!! 

     みんなつながっている
         絆
   大地 水 空 生きとし生けるもの
 
 日 時:7月30日(土)18:30から20:30
 場 所:福岡市中央区警固公園 
     地図:http://tinyurl.com/2dbqqxx
 主 催:★原発とめよう!九電本店前ひろぱ★
 連絡先:090-1324-8588(ひろば) 080-6420-6211(青柳)
           eメ−ル:y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ◆◇♪♪≪さよなら原発・夏祭り≫♪♪◇◆
 ◇・夕涼みで(出会いと交流)・大型トラック・ステージ(舞台)設置
・ひろばからの挨拶(100日間の思い)
・マイクアピール
    ひろば:『楽しい節電ライフ』
    ひろば:ひなんカフェ
・ギター演奏
・原発音頭(みんなで歌って踊ろう)
・映画DVD上映(九電交渉・デモ・株主総会・ひろば)
    福岡での行動ドキュメンタリー
・キャンドルナイト・詩の朗読
   原発の火を消し、命と希望の灯火を!!
 ※ろうそく・提灯をご持参できるかたはよろしく。
 
どなたさまもご自由に参加下さい。
「原発いらない」思いの人たちとつながろう。
※食べもの・飲みものは各自持参で分かち合い(アルコール可)
※さしいれ・カンパ大歓迎 ※ゴミはお持ち帰りいただきます

___★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろぱ★☆___

  九州電力へのアピール・座り込みテント「ひろば」は続けます。
        毎日 午前10時から午後5時 
  場 所:九電本店前 
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/ぬmap19.html
     福岡市中央区渡辺通2丁目1−82  

★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】(7月23日7名)     
  西村和洋 松田重行 大野廣美・美知子 石田貴美恵 
    清水さつき 佐伯健太郎   (7月23日現在総数1255名)               
* なお、もしも記載漏れの方は恐れ入りますが再度ご連絡をお願いします。   
 (メールでの呼びかけ人賛同の方、y-aoyagi at r8.dion.ne.jp 青柳まで)

★☆気力と体力そしてカンパの続く限り、テント村ひろばを続行します。
郵便振替口座番号 01750-2-82626 加入者名 日本グルントヴィ協会
 通信欄に「ひろばカンパ」と必ず明記下さい。
★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ★☆
★☆ ひろぱ・ 訪問感想・声・メールをお待ちしています。  

***********************************
〒812−0041
福岡市博多区吉塚5−7−23
   青柳 行信
 電話   080-6420-6211
Eメ−ル:y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
***********************************


CML メーリングリストの案内