[CML 010795] 【報告】第89日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろぱ★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2011年 7月 18日 (月) 08:11:56 JST


青柳です。7月18日。
呼びかけ人&複数のMLと知人・友人合計約2000名にBCCでお送りしています。
重複の場合は大変失礼します。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば: 第89日目報告
 呼びかけ人(4月20日座り込みから7月17日現在総数1225名)    
http://www.nanjinggenpatsu.com/hangenpatsu.html

  ★私たちの声と行動で再稼働は止められます。★

横田つとむ さんから:
青柳様

お疲れさまです。
今日は朝から 横断幕を壊されるアクシデント。
先日も、横断幕の紐が 鋭利なカッターで切られていたので
「やられたか」と、思いました。

九電の社長は すぐやめようとしません。
松尾会長の責任も問われます。

今日のあんくるトム工房
パラドックス     http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1381

 意地悪されても 負けませんよ。

久保多美子さんから:
おはようございます!毎日、暑い中お疲れ様です!!
昨日は夫婦で参加出来て良かったです!!
7月30日までもう一息ですが来週の台風心配ですね…
くれぐれも気をつけて頑張って下さい!
また時間つくり参加致します!! 

布巻 皓平 さんから:
こんばんわ。
ひろば・「ひなんカフェ」副店長の布巻です。

暑い日が続きますが、ひろばは昼から日陰になるので、すっかりこの夏の避暑地ですね。

今朝は朝から大変でした。
89日目にして横断幕を破るなんて、小さなことをする人間がいたかと思えば、
昼過ぎには、詰めかけた在特会による訳のわからないイチャモン。
ここは団体でなくひろばであり、思想の垣根なくやっているのだから、彼らも大人数で道を塞ぐのでなく、テントの中でお茶でも飲ん
で自分の考えを話せばいいのです。
なのに、ろくな考えも理想もなく、相手を論駁したいだけの物言いにはカチンと来つつ、失笑を溢し得ないのでした。
あと二回「福島」という単語を口に出したら、正直黙っていませんでしたが、まあ、穏便に済んでよかったです。

彼らによると。

・「熱中症の原因は脱原発派」であり、
・「福島原発事故と脱原発はまったく違う問題」であり、
・「中国からの黄砂に汚染物質が混じっているのだから脱原発は無意味」であり、
・「脱原発を進めると玄海町の漁師が死ぬことにな」り、
・「地球温暖化とやらの怪奇現象はCO2のせい」であり、
・あげく、「原発推進か脱原発かはどうでもいい」そうですが、

私にはどういうことなのかよく分かりませんでした。

人を感情論者とせせら笑うのなら、もう少し「論理的な理屈とかいうもの」を用意してきてもらいたかったのですが。

...うーん、保安院に対しても同じことを言ったような?


ま、不愉快な話題は閑話休題としましょう。


先日のサラダパーティは、小川さんの野菜の新鮮さも相まって、賑やかになりました。何より、生命にとって分かちがたい土との距離
の近さを感じると共に、
それを汚染し、その汚染をいたずらに拡大させ、なお口を濁したまま4ヶ月も国民を、顧客を被曝させ続けている国、東電には怒りを
禁じ得ません。

福島の「がんばろう東北」キャンペーンはまだ続いているのだろうか。思い起こせば憎らし、悲し。

生命や心の育つ環境のことを、植物の育ちに喩えて「土壌」と呼びますね。あるいは、今、避難を渋る人々を絡めとっているものの一
つに、「土地」があります。
人は土の上で生き、土の中の栄養によって生かされる。その土を汚染されることは、心身を汚染されることと同義です。

生でかじった小川さんのピーマン。むかし、遠野(福島の地名です)で食べたピーマンと同じ味がしました。
懐古趣味と笑われる向きもありましょうが、過去を懐かしみ、親しみ、それを理想の一つとすることで、見える未来もあると信じま
す。
今は、感情と理想とが見直されるべき時でしょう。感情と理屈は相反せず、理想と現実も然り。それらを無理に分けて考えてきたこと
の結果が、今回の無生物的な原発事故だと。

小出助教がガンジーの言を引用していましたね。私もひとつ、偉大なる独立の父が残した言葉を見つけました。

「土を耕すのを忘れるということは、自分自身を忘れることだ」

農業に限らず。
人は土に触れる時間から遠ざかるほどに、人間が生物に過ぎないことを忘れてしまうのでしょうね。


深水 登志子さんから: 
青柳さま 今日は朝から横断幕がちぎられていたり、大勢の在特会にテントを囲まれたり、と
とても大変だったと聞き、びっくりしました。
でも、そんなこととは知らずに訪れたひろば、あいかわらず笑顔でいっぱいでした。
ほんとうに、いつもお疲れ様です。 
今日は、東京から福岡に疎開予定の親子が、新居を探しに来たついでに広場を訪ねてくださいました。
その後には、私が日頃お世話になっている学校の生徒の保護者も来られ、
家族全員分の署名をしていってくださいました。

ほんの1時間程度の滞在でも、これだけの出会いです。
青柳さんもおっしゃっていましたが、ひろばまるで人間交差点ですね。
あと11日で100日達成。
7月30日には警固公園でお祭り。
ひろばを行き交った多くの方々で盛り上がったらいいですね。 
座り込み89日目の広場(写真)↓
 http://www.facebook.com/media/set/?set=a.2014475593780.2110119.1000500578&l=a3864805a4 

ところで、原発再稼働の矛先が、今度は泊に向かったようですね。泊は人口1945人の小さな村です。
でも、北海道内で一番ガンの発症率が高いそうです。札幌には190万人も人が住んでいるにもかかわらず。
泊は原発しかない、原発だけで財政がうるおっている、、、どれも玄海町にあて はまることばかり。 
小さな田舎をお金で言うこときかせ、人の命を量ではかる国のやり方は、とても許せるものではありません。

私たちは、日本中の支援を受けて、玄海の再稼働をくいとどめることができました。
次にすることは、泊の応援ですよね。
明日は泊にFAXを送ってみようと思います。 
それでは。お体ご自愛ください。 		 	   		  

谷本 美毅 さんから:
青柳 様
 昨日17日、3時頃ひろば・テントに伺ったら、詰めよったおよそ30人の群衆が眼に入り、
在特会(在日の特権を許さない市民の会)と確認。東京から桜井会長が来て、
在特会全九州ブロックのメンバー30人が一時間、「原発は必要だ」と。
初めは助っ人集めに知り合いに連絡とりましたが。
青柳さんが、論争を一人で受けて立たれて、お疲れさまでした。
百戦錬磨の青柳さんなので杞憂でしたね。
右翼の方々とも愛国という点では共闘できる筈なんですけどね。
西尾幹二氏も「使用済核燃料の最終処理の見通しの立たない原発は、
われわれが子孫に伝えるべき美しい国土を永久に汚辱し侵害するおそれが
あると考えられる」と脱原発を唱えているのですから。

木村玉祚さんから:
青柳さん
郡山市の友人からのメールを転送します。

郡山市の友人たちが裁判を起こしました。
子どもたちを福島原発事故による被ばくから守るため
集団疎開を認めよ という裁判です。

別メールで署名用紙も送ります。
よろしければ、MLで広めてください。

弁護士さんたちの報告会
ustream で見ることができます。
http://fukusima-sokai.blogspot.com/

*********************
小出先生がメディアに出て
飯館村の子ども45%が3月末には甲状腺に異常があったことを
報告されていたということを突き止めたようです。
ただちに影響あるじゃん!!!!

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/07/06/tanemaki-jul-5/
*********************

第2回の裁判のお知らせ、とクリスバズビー博士の講演会のお知らせ

 裁判第2回目は7月19日(火)午後4時 郡山地裁隣、麓山公園入り口ひろば集合
世界的でも信用がおけるといわれているECRRの科学事務局長 
クリス・バズビー博士の講演会へ、マイクロバスで往復 1、200円(28人以上)で行こう!

バス参加者募集!
バス乗車希望の方は下記メールアドレス(菅野さん)に17日(日)午後3時までお
申込願います。teru2 at kfd.biglobe.ne.jp

子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
国・県への対応部会 代表世話人 駒崎ゆき子
 〒963−8061
 福島県郡山市富久山町福原字町田95−20
 携帯 090−6554−3067
 メール komazaki at mtf.biglobe.ne.jp

仲村渠Masahiko Nakamura さんから:
青柳様
毎日ご苦労さまです。
下記記事を紹介します。

沖縄タイムス7/14,7/15(「地元紙で識るオキナワ」
http://michisan.ti-da.net/ 
オキナワとフクシマ絖隋С田慧 

記事の中に、来る9月19日に「さようなら原発5万人集会」が企画準備し、
1千万人署名 を集める運動が始まった旨の記載もありました。

下記の集いのご参加、友人・知人にお知らせよろしくお願いします。
【Twitter フェイスブック ミクシー で拡散希望】

   ◆◇♪♪≪さよなら原発・夏祭り≫♪♪◇◆

 ★ 私たちの声と行動で原発再稼働は止められる ★
   ★原発とめよう! 座り込み100日間!! 

     みんなつながっている
         絆
   大地 水 空 生きとし生けるもの
 
 日 時:7月30日(土)18:30から20:30
 場 所:福岡市中央区警固公園 
     地図:http://tinyurl.com/2dbqqxx
 主 催:★原発とめよう!九電本店前ひろぱ★
 連絡先:090-1324-8588(ひろば) 080-6420-6211(青柳)
           eメ−ル:y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

___★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろぱ★☆___

  九州電力へのアピール・座り込みテント「ひろば」は続けます。
        毎日 午前10時から午後5時 
  場 所:九電本店前 
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/ぬmap19.html
     福岡市中央区渡辺通2丁目1−82  

★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】(7月17日6名)     
 弥永絵里桂 内田レイ子 奥村信夫 鹿田直子 神山孝史 吉田みのり
       (7月17日現在総数1225名)                
* なお、もしも記載漏れの方は恐れ入りますが再度ご連絡をお願いします。   
 (メールでの呼びかけ人賛同の方、y-aoyagi at r8.dion.ne.jp 青柳まで)

★☆気力と体力そしてカンパの続く限り、テント村ひろばを続行します。
郵便振替口座番号 01750-2-82626 加入者名 日本グルントヴィ協会
 通信欄に「ひろばカンパ」と必ず明記下さい。
★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ★☆
★☆ ひろぱ・ 訪問感想記等メールをお待ちしています。  

***********************************
〒812−0041
福岡市博多区吉塚5−7−23
   青柳 行信
 電話   080-6420-6211
Eメ−ル:y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
***********************************


CML メーリングリストの案内