[CML 010712] Re: 転送します [a-world-possible][03180] 脱原発へ!「勝負あった」?

.SEKIGUCHI ryugan-myoue at kne.biglobe.ne.jp
2011年 7月 14日 (木) 09:58:25 JST


uchitomi makoto <muchitomi at hotmail.com>さん:

コメントします。

1.電力会社の独占体制を崩すのは、良い規制緩和だと思います。

1.ソーラーに目が行っているのは、問題で、地熱発電が着目されるべきと思い
ます。

地熱発電先進国のアイスランドはスコットランドへの電力輸出まで考えている段
階です。地熱発電に必要なタービンは日本製な上、日本はアイスランドに劣らな
い好条件に恵まれてます。(つまりすぐにでも作れる)

阻んできたのは、国定(国立?)公園法と大規模な資金がいらないために公共事
業としてのインセンティブが働かない、地産地消になりやすいため電力会社独占
体制を破壊しかねない、からだそうです。


環境負荷が極めて少ない事は言うまでもありません。基本的に電気以外は外に出
しません。


関口明彦 拝


> 
> ATTAC京都の例会の常連さんでもあり、いつも的確な情勢分析と問題提起をして
いただいているすぐれた論客である五十嵐さんが、京都近辺の市民・社会運動情
報のMLである「もう一つの世界は可能だ!ML」に投稿された記事を転送しま
す。
>  
>  この情勢の激動期に市民社会や社会運動側はいかなる方向性を目指すべきな
のか、示唆に富む指摘であると思います。
>  
>  
> > Yahoo!グループ<http://rd.yahoo.co.jp/media/groups/mail/?http://groups.yahoo.co.jp/>
 
> > - 
> > ヘルプ<http://rd.yahoo.co.jp/media/groups/mail/?http://help.yahoo.co.jp/help/jp/groups/>
 
> > 
> > 
> > [a-world-possible]グループの掲示板に投稿があったことを、Yahoo!グルー
プよりお知らせいたします。 
> > --- 
> >  五十嵐@伏見区/京都市です。 
> > 
> >  今朝(もう昨日か)「朝日新聞」をみてビックリ。 
> > 
> > 「提言・原発ゼロ社会/いまこそ政策の大転換を」という文章が 
> > 一面に掲載されている。論説主幹・大軒由敬の署名。私は「朝日 
> > 新聞」は、企業ジャーナリズムの頂点に君臨する支配階級のメデ 
> > ィアだと思っている。「支配的な社会的意識」を形成する力とい 
> > う点から見れば「産経」も「読売」もこれに比肩すべくもない。 
> > 
> >  その支配階級のメディアが、ついに「原発ゼロ社会」を提言し 
> > た。この提言の内容を補完する「社説特集」も二面に渡って掲載 
> > されている。時間がないので見出しだけ見たが「悪くない」。私 
> > はついに来るべき時がきたのだ、と身震いして会社にでかけた。 
> > 
> > 朝日新聞:「提言 原発ゼロ社会」 
> > http://www.asahi.com/paper/editorial.html 
> > 
> > 
> >  仕事を終えて帰ってきて、ゆっくりと新聞を読もうと思った。 
> > が、NHKのニュースを眺めていると、菅首相が「原発に依存し 
> > ない社会をめざすことが国としてなすこと」と記者会見していた。 
> > 
> >  「3月11日までは、私は原発を安全性を確保して活用してい 
> > くという立場だった。だが3月11日を体験して、そのリスクの 
> > 大きさを考えた時、原子力は、安全性確保という言葉だけでは律 
> > することができない技術だと思うようになった」。 
> > 
> >  遅いといえば遅い。しかし、日本国の総理大臣が、初めて原発 
> > をやめることを宣言した、画期的な記者会見。これは「国」とし 
> > ての公式見解なのだ。海外メディアが大きく報じるのは当然のこ 
> > とだ。「辞任」を口にしようがしまいが総理大臣の言葉は重い。 
> > 
> > 菅総理「原発に依存しない社会めざす」(記者会見動画) 
> > http://www.47news.jp/movie/general_politics_economy/post_4518/ 
> > 
> >  秋田市で行われていた全国知事会で「卒原発」共同提言も話題 
> > になった。滋賀県知事の嘉田さんと山形県知事の吉村さんの2女 
> > 性知事の提起。 
> > 
> >  知事会終了後に同じ秋田市で開かれた「自然エネルギー協議会」 
> > 第1回総会も注目度バツグン。35道府県知事が参加。「これを本 
> > 格的な革命につなげていく」(黒岩神奈川県知事)と威勢がいい。 
> > 総会では孫事務局長が提起した「秋田宣言」が採択された。 
> > 
> > 自然エネルギー協議会第1回総会の模様 
> > http://www.ustream.tv/recorded/15963204 
> > 「秋田宣言」 
> > http://www.softbank.co.jp/energyjp/template/w/pdf/20110713_02.pdf 
> > 
> > 
> >  世論/メディアの世界ではほとんど「勝負あった!」の状況だ。 
> > 「原発利益共同体」に巣くう残存勢力はあなどれないが、「脱原発」 
> > が「支配的な社会意識」となった中で、「脱原発派」の真価が問わ 
> > れる。 
> > 
> >  その一つが新たな「権力」として台頭しつつある「自然エネルギー 
> > 派」(朝日新聞もふくむ)との共闘と対決だ。 
> > 
> >  ソフトバンクの「メガソーラー構想」になびく自治体首長たちに 
> > は理屈抜きに気持の悪さを感じる。電源開発への依存による地域興し 
> > という発想それ自身が古くはないか。そのソフトバンクの孫氏が作っ 
> > た「技術開発の推進」と「各種規制緩和」を両輪とした「秋田宣言」 
> > は、破たんしたグリーン・ニューディールの焼き直しではないか。 
> > 
> >  というよりも、日本では、そもそも「グリーン・ニューディール」 
> > も「グリーン・キャピタリズム」もまともに選択されたことがないか 
> > ら、それ自身は画期的と言わなければならないが、しかし、その選択 
> > に「未来」があるとは思えない。 
> > 
> >  「悪い経済成長や悪い開発に代わって、良い経済成長や良い開発を 
> > あてがうことが問題なのではない。重要なのは、経済から抜け出すこ 
> > とに他ならない」(セルジュ・ラトゥーシュ、『脱成長の道』)。 
> > 
> >  脱原発宣言をした京都市の門川市長が、ソフトバンクの「メガソー 
> > ラー構想」にのっかり、京都市内に誘致するという。何処かと思った 
> > ら伏見区の旧水垂埋め立て処分跡地の一部(約21ヘクタール)だと 
> > いう。なんと、私の家から桂川をまたいで歩いて10分ほどのところだ。 
> > 
> >  全国各地で「誘致合戦」が繰り広げられているから(この構造自身 
> > が列島改造時となんら変わらない!)正式決定となるか未知数である 
> > が、現段階での「明るい未来のエネルギー」が、地元住民にどのよう 
> > な「光」と「蔭」を押し付けるのか、しっかりとウオッチしたいと思 
> > っている。 
> > 
> > 京都市、メガソーラー誘致へ 伏見の埋め立て処分跡地検討 
> > http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20110531000013 
> > 
> > 
> > -------------------------------------------- 
> > □五十嵐 守 <Igarashi Mamoru> 
> >  E-mail:mamorukun at nike.eonet.ne.jp 
> > □名刺代わりのブログ 
> >  http://mamoru.fool.jp/blog/ 
> > -------------------------------------------- 
> > 
> > 
> > Help URL : http://help.yahoo.co.jp/help/jp/groups/ 
> > Group URL : http://www.egroups.co.jp/group/a-world-possible/ 
> > Group Owner: mailto:a-world-possible-owner at egroups.co.jp 
> >                       
> 


CML メーリングリストの案内