[CML 010698] 「安全評価」に国民の声を!

河内謙策 kenkawauchi at nifty.com
2011年 7月 13日 (水) 13:44:17 JST


 河内謙策と申します。(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転送・転載は自由です。)

 昨日、私の所属している、脱原発の国民投票をめざす会は「『安全評価』についての私たちの要望」と題する要望書を、総理大臣、経産大臣、原子力安全委員会委員長、原子力安全・保安院長にあてて、メールで送信しました。この要望書に対し、官邸からは「ご意見等を受領し拝見しました」というメールが届いています。

  私は、多くの団体や個人が、「安全評価」についての意見・要望を官邸等に集中することがとても重要だと思っています。なぜなら、今秋以降の原発の運転再開をめぐる第2ラウンドにおいて、原発推進派は、実施が予定されている「安全評価」を振りかざして、攻撃をかけてくるのは明白だからです。その際に、安全評価について、早くから問題点を指摘し、改善も要望していたと脱原発勢力が主張できるのとそうでないのでは、大きな差が出てくるのです(もちろん、国民の意見が一部でもとりあげられれば、それにこしたことはありません。)。

 「安全評価」について、その意図を暴露することに専念すべきだ、と考えている人は、あまりにも過去の左翼運動や労働運動の負の「遺産」をひきずっているような気がして仕方がありません。また、そのような人々は、安全評価については多くの自治体首長が問題点を指摘するという有利な情勢が展開しているのに、その有利さを自分で放棄するという愚を犯しているのではないでしょうか。

 個人でも団体でも、まとまった意見でも、単純なつぶやきでも、声にして官邸等に届けるには、以下のサイトにアクセスし、メールで意見を伝えるのが便利です。

官邸:http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html
経産大臣:https://wwws.meti.go.jp/honsho/comment_form/comments_send.htm
原子力安全委員会:http://www.nsc.go.jp/toi/toi.htm
原子力安全・保安院:https://wwws.meti.go.jp/nisa/index.html

しつこいメールになってしまいましたが、よろしくご検討お願い申し上げます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
弁護士 河内謙策 〒112-0012東京都文京区大塚5丁目6番15-401号

保田・河内法律事務所(電話03-5978-3784、FAX03-5978-3706)
Email: kenkawauchi at nifty.com
脱原発の国民投票をめざす会
http://2010ken.la.coocan.jp/datsu-genpatsu/index.html


 



弁護士 河内謙策 〒112-0012東京都文京区大塚5丁目6番15-401号
保田・河内法律事務所(電話03-5978-3784、FAX03-5978-3706)
Email: kenkawauchi at nifty.com
脱原発の国民投票をめざす会
http://2010ken.la.coocan.jp/datsu-genpatsu/index.html
 
 



CML メーリングリストの案内