[CML 010685] ★市民に安全な水を提供しよう− イラクSANAテレビ最新番組

m-kawa71 at taupe.plala.or.jp m-kawa71 at taupe.plala.or.jp
2011年 7月 12日 (火) 20:54:34 JST


今週のイラクSANAテレビ最新番組の紹介です。

★「市民に安全な水を提供しよう−アル・ナフラワン浄水場インタビュー」

無料サンプル映像がイラク平和テレビ局inJapanのHP http://peacetv.jp/
から視聴できます。

2010年12月、サナテレビはバグダッドのアル・ナフラワン浄水場でイ
ンタビューを行いました。米軍による対イラク攻撃と占領の下でイラクの上
下水道や浄水場の設備が破壊されたり操業が停止するなどの被害が何年も
続いています。その中で市民に安全な水を届ける努力が懸命に続けられてい
ます。

この浄水場はかなり大きな規模で、設備も最新のものです。この番組は昨年
12月に撮影されましたが、サルワさんによると、この冬の段階で、最も水
が必要な夏に備えたタンクなども設置しています。計画的な水の供給の準備
が着々と進んでいるようです。

イスマエル・ミクバスさんによると、以前はこの地域一帯の水不足が70%
にも及んでいたのに、「アル・ナフラワン地区については、15日前から2
ヶ所の新しい浄水施設の運転を開始し、…水不足を90%減らすことができ
ました。」という状況になっているそうです。


この浄水場では、そのような市民の深刻な生活要求に応えるために水道関係
の部局とその職員の懸命に取り組んでいます。この姿を市民に伝えること
は、今のイラクで大きな希望を指し示していると言えるでしょう。

しかしサナテレビは状況の明るい面だけを伝えているだけではありません。
ここの職員のハイダール・ハキムさんは「私たちは7ヶ月前から賃金を受け
取っていません。…だから、当局に賃金を支払うようにと要求しているので
す。」と訴えます。市民のために懸命に働く公務員労働者に対する当局の冷
たい仕打ちに対してもサナテレビはしっかりと目を向けています。

イラクの占領を終わらせ、民主主義革命をささえる SANAテレビを支援する
ためにイラク平和テレビ局inJapan の視聴登録(月500円)をぜひお願いします。
詳しくはホームページ http://peacetv.jp/ をご覧下さい。


イラク平和テレビ局in Japan
川島
お問い合わせ info at peacetv.jp


CML メーリングリストの案内