[CML 010674] 7/31 (日)国際シンポジウム<『海を越える原発問題〜アジアの原発輸出を考える』(転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2011年 7月 12日 (火) 03:08:29 JST


                    紅林進です。
   
  私も会員になっていますアジア太平洋資料センター(PARC) のML
  から、下記国際シンポジウムのご案内を転載させていただきます。
   
    アジア太平洋資料センター(PARC) の主催ではありませんが、
PARCも協力団体として参画しています。

   
  毎年開催されている、アジアにおける核廃絶をめざす国際イベント
  「No Nukes Asia Forum」が、福島原発事故を受けて、急遽日本で
  No nukes asia forumを開催することになりました。
   
  また、フォーラムの賛同人・団体も募集しております(末尾)。
  
 
  (以下転載)

【転送・転載歓迎!】
--------------------------------------------------------------
★国際シンポジウム★
『海を越える原発問題〜アジアの原発輸出を考える』
http://www.foejapan.org/aid/jbic03/110731.html
--------------------------------------------------------------

日時: 2011年7月31日(日)13:00〜16:30
場所: 早稲田大学 小野記念講堂(〒169-8050 新宿区西早稲田1-6-1)

東日本大震災に起因した福島第一原発の事故は、収束の見通しが立たないまま数
カ月が経過しています。日本は政府の「新成長戦略」の一環で、官民を挙げて原
子力発電所の輸出を推進しており、ベトナム、インドネシア、タイなどのアジア
各国では日本の公的資金による原発建設計画が進められています。しかし、輸出
先となるタイやインドネシアなどの市民からは強い懸念の声が上がっています。

本国際シンポジウムでは7月30日〜8月6日に全国各地で開かれる「ノーニュクス
・アジア・フォーラム2011」に参加している海外からのゲストを招き、原子力産
業と日本の公的資金の流れ、アジアへの原子力発電の拡散の動き、各国の市民運
動について議論します。

リスクの高い原子力発電に頼らないアジアのエネルギー政策への転換のために、
日本の市民として今何ができるかを考える機会としていただければ幸いです。皆
様、是非お越しください!

■会場
    早稲田大学 小野記念講堂(〒169-8050 新宿区西早稲田1-6-1)
    地下鉄東西線 早稲田駅より徒歩5分、JR山手線 高田馬場駅より徒歩20分 
■参加費
    500円
■お申込み
    以下のウェブサイトより
    http://www.jacses.org/form/form_event.html 
■お問合せ
 「環境・持続社会」研究センター(JACSES) 担当:田辺
 メール: tanabe at jacses.org TEL:03-3556-7325
■プログラム(予定)
・開会挨拶  : 村井吉敬/早稲田大学アジア研究機構
・原発輸出と公的資金の関わり : 田辺有輝/「環境・持続社会」研究センター
(JACSES)
・韓国の原発輸出:イ・ホンソク/Energy Justice Action 【韓国】
・日本政府・企業によるインドネシアへの原発輸出への反対の声
 :ヌルディン・アミン/イスラーム指導者 【インドネシア】
・タイの原子力発電所計画: ソッサイ・サンソーク/タイ市民による非核ネッ
トワーク【タイ】
・パネルディスカッション 
※ 逐次通訳あり

■講演者プロフィール
○イ・ホンソク/Lee Heon-Seok
韓国のNGO「エネルギー正義行動」代表(2000年から10年間は、前身の「青年環
境センター」代表)反原発運動を進めてきた。原発輸出反対にも取り組んでおり、
昨年、韓国で「韓日反核市民フォーラム」を主催。 
○ヌルディン・アミン/ Nuruddin Amin
インドネシア最大のイスラーム組織ナフダトゥル・ウラマー(NU)中ジャワ州ジュ
パラ県代表。同地のムリア原発建設計画に反対し、「原発をハラム(禁忌)」と
する裁定の「仕掛け人」でもある。 
○ソッサイ・サンソーク/ Sodsai Srangsok
「タイ市民による非核ネットワーク」のコーディネーター。20年にわたり、タイ
東北部の水資源管理、共有林管理、ダム問題などについて地域に根ざした調査活
動に取り組んできた。

■主催
早稲田大学アジア研究機構アジア平和研究所
■共催
メコン・ウォッチ、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)、「環境・持
続社会」研究センター(JACSES)、原子力資料情報室(CNIC) 
■協力
No Nukes Asia Forum Japan、国際環境NGO FoE Japan、アジア太平洋資料センター
(PARC) 


--------------------------------------------------------------
★賛同のお願い★
ノーニュークス・アジアフォーラム2011
--------------------------------------------------------------
(以下、ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン
佐藤大介さんのメールの引用)

今年の7月30日より、日本でNNAF2011を開催することとなりました。
今年はタイでの開催が予定されていたのですが、福島原発事故を受けて、
アジア各国からぜひ日本で開催してほしいとの要望があり、
急きょ決定いたしました。

このような事情でしたので、非常に限られた時間の中で準備を進めており
ます。アジア7カ国の約30名の人たちが参加を希望しており、多額の費
用がかかります。しかし、賛同人の数、賛同金の金額とも、目標に遠く及
ばず、財政的にきわめて危機的な状況です。
一方的なお願いでたいへん恐縮なのですが、どうか、皆様のお力をお貸しくださ
い。
●「ノーニュークス・アジアフォーラム2011」に賛同してください!
ご賛同いただける方は、下記口座に振り込んでいただくか、
<mailto:sdaisuke at rice.ocn.ne.jp> sdaisuke at rice.ocn.ne.jpにご連絡くださ
い(振替用紙を送ります)

賛同金 個人:一口2000円、団体:一口5000円(小グループは3000円)
郵便振替 00940-8-146874  口座名 NNAF2011

ご賛同いただいた方々は、【賛同】として、
個人名・団体名をチラシの裏に印刷し、ウェブにも掲載させていただきます。

(現在の賛同者、賛同団体)→  <http://www.japan.NoNukesAsiaForum.org>
http://www.japan.NoNukesAsiaForum.org

●チラシを広めてください!
(知人に渡す、集会・デモで配る、通信等に同封、など)。
連絡いただければ、10枚でも、100枚でも、1000枚でも、送ります。

皆様のご支援、ご協力をなにとぞよろしくお願いします。

-- 
渡辺瑛莉 <watanabe at foejapan.org>
国際環境NGO FoE Japan
http://www.foejapan.org/
--------------------------------------------------------
★福島の子どもたちを守るための緊急署名
〜避難・疎開の促進と法定1ミリシーベルトの順守を〜
※賛同団体・個人署名募集中!!【締切:7月31日】
http://www.foejapan.org/infomation/news/110610.html
--------------------------------------------------------







 


CML メーリングリストの案内