[CML 010559] 7/3(日)第59回街頭行動リポート

長岩均 h.nagaiwa at gmail.com
2011年 7月 5日 (火) 01:52:12 JST


7/3 午後1時からホコテンが本格復活した秋葉原・駅北口ヨドバシデンキ向かいで。

そして、午後3時から高止まりしたスカイツリーの眺望を求め賑わう浅草・吾妻橋にめがけ、拡声器を轟かせました。

1.既にこの首都圏は脱原発状態にあること。何故なら東電管内19基の原子炉の内、新潟柏崎のわずか3基しか稼働していない、にも拘わらず「でんき予報」では、この猛暑日でさえ、10%以上の供給余力を残している。そのことが何よりの証であること。

2.私、調べてみました。
「原発立地県にお住まいの総人口は2700万人余、原発立地県外に居住する方々の総計は1億人つまり、2700万人は1億人のために家族の亡骸さえ探せぬ苦渋を舐めなければならぬ不条理。

特に東電営業エリアには1基も原子炉がないこと。「受益者負担」「地産地消」の原則そして「東京に原発を!」の公平性が保証されてはじめて原発推進主張の資格者足り得ること。

「ねえ?石原さん家の人々」

例えば、
「斑目ん家に原発を!」「本郷に原発を!」「渋谷区神南に原発を!」
トリは「永田町に原発を!」、大トリは「霞が関に原発を!」
です。

3.「今、子供達を護ることができるのはあなたです。あなたのわずかな一言で充分です。」
*
*
*「もしかして、なくてもいいかも・・」と。*


長岩


CML メーリングリストの案内