[CML 010546] ★イラク・アメリカ・日本の若者が手をとりあった!最新番組のご案内

m-kawa71 at taupe.plala.or.jp m-kawa71 at taupe.plala.or.jp
2011年 7月 4日 (月) 10:45:48 JST


イラク平和テレビ局 in Japanからのお知らせです。 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■ 今週の配信映像をアップしました(2011.7.2) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
『平和の架け橋 −イラク・アメリカ・日本−』 
(制作:イラク平和テレビ局 in Japan) 
 
○サンプル映像配信中。http://peacetv.jp/ 

2010年12月に「日本政府にイラク戦争検証委員会設置を求める集い」 
が開催されました。 
その場に参加したのが米国のIVAW(反戦イラク帰還兵の会)とイラク 
のIFC(イラク自由会議)の代表でした。 
 
イラク平和テレビ局 in Japanは、イラク占領を終わらせ米国、日本の戦争 
責任を明らかにする闘いを共に進めるギャレット・レパンヘーガンIVAW
議長とアハメド・フセインIFC青年学生局長にインタビューを行いこの映
像を編集しました。 
  
まず見てもらいたいのはイラク戦争の下での2人の重い戦争体験です。 
アハメドさんはバグダッド大学に在学中に米軍の占領が始まりました。 
米軍の占領政策の下で宗派間対立があおられ、友人が殺害され、彼の兄弟 
も国外に逃げ出さざるを得なくなりました。 
アハメドさん自身もサマラに避難しました。 
 
軍人だったアハメドさんの父親は、イラク占領後は収入もない状態に追い 
込まれました。 
そんな中でイラクの若者の夢とは「安全で平和で普通の生活を送ること」 
と、安定した仕事があることだと語ります。 
 
ギャレットさんの父親も軍人で、彼は米国内の基地で生まれました。 
その父親はベトナム戦争で使われた枯れ葉剤(エージェント・オレンジ) 
を浴びたことが原因で癌でなくなりました。 
彼は父親を失って反抗的になり、学校もやめてしまいました。 
そんな中で生活をして大学に行くことを考えて彼もまた軍人の道を歩みま 
す。 
その軍隊では「弱みを見せない」ようにし向けられます。失業が多かった 
り、条件の良くない仕事しかない米国社会の生活に戻ることを恐れる兵士 
たちはこうして戦争に駆り立てられていきます。 
米軍兵士の典型的な姿であるといえるでしょう。 

こうしたイラクとアメリカの若者が日本で出会い、一緒に
占領を終わらせ、戦争責任をとらせていこうと日本の若者たちとも
つながりました。戦争と貧困のない社会を目指す希望がここにあります。
 
★本編はイラク平和テレビ局inJapanのホームページ
http://peacetv.jp/  で(500円/月)にて視聴できます。イラク民衆メディ
アSANAテレビを支えるために、ぜひ登録お願いします。
 
---------------------------- 
イラク平和テレビ局 in Japan 
http://peacetv.jp/ 
E-mail: info at peacetv.jp 
---------------------------- 
 



CML メーリングリストの案内