[CML 010532] 【要申込み】連続セミナー「韓国から学ぶ雇用開発と社会的企業」のご案内(転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2011年 7月 3日 (日) 02:00:00 JST


紅林進です。
   
  NPO法人「日本希望製作所」が主催します下記の連続セミナーの
  ご案内を転載させていただきます。
   
  詳細はhttp://hopemaker.org/?p=2361
   
  要申し込みです。
   
    ★申し込み・問い合わせ(日本希望製作所)
:hopemaker at hopemaker.org までメールでご連絡下さい。
・件名:連続セミナー 申し込み
・名前:
・所属:
・携帯連絡先:
・参加動機・関心事など:
   

   
  (以下転載)
      【募集中!】連続セミナー 「韓国から学ぶ雇用開発と社会的企業」  " href="http://hopemaker.org/?p=2361" rel=bookmark>連続セミナー 「韓国から学ぶ雇用開発と社会的企業」 
    韓国では2007年に社会的企業育成法が施行され、すでに500以上の事業体
  が「社会的企業」として認証されている。社会的企業育成法は韓国国内では
  賛否両論はあるものの、脆弱階層の雇用の創出と社会サービスの提供とい
  う点で着実に成果をあげている。
東日本大震災から4カ月近くが経ついま、雇用不安が広がる日本で、切実
  に求められているのは、「就労」への取り組みである。韓国で推進されている
  「社会的就労」の意義は、今後の復興と地域創造を考えるうえでも、示唆に
  富むものであろう。今回の連続セミナーでは、韓国の政策・事例から何が
  学べるのかを検証する。
  チラシはこちらからダウンロードできます→連続セミナー
            【1回目】
復興支援における雇用開発のあり方を韓国の社会的企業から学ぶ
     −持続可能な事業推進のための国と自治体の役割】
報告者:「韓国社会的企業の現況と課題」 桔川純子(NPO法人日本希望製作所事務局長)
ディスカッション:「日本が韓国から学べること」
 コメント:「地方自治体が韓国から学べること」
       菅原敏夫(地方自治総合研究所研究員)
 ファシリテータ:広石拓司(株式会社 エンパブリック代表取締役)
   
  【2回目】
復興における女性の支援
     −社会的企業の可能性を考える
問題提起:「被災地の女性の生活と仕事の課題」 東日本大震災女性支援ネットワーク 
ディスカッション:「女性の支援と社会的起業」
 コメント:「就労を通じた女性のエンパワーメント」
       堀内光子(文京学院大学客員教授・元ILOアジア太平洋総局長・駐日事務所代表)
 ファシリテータ:桔川純子
   
  【3回目】
地方都市の活性化と社会的企業
報告:「個性ある地域づくりから学ぶ
    - 移住したい地方都市NO.1ホンソン郡、人権のまちづくり光州市」  桔川純子
ディスカッション:「地域活性と社会的企業」
 コメント:文京洙(立命館大学教授)
 ファシリテータ:広石拓司
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【主催】日本希望製作所 http://hopemaker.org/
【日時】●1回目 7月4日(月)12:00〜13:00、●2回目 7月11日(月)12:00〜13:00、
    ●3回目 7月20日(水)12:00〜13:00
  【会場】第1回・第2回:参議院議員会館地下1階B109会議室
第3回: 参議院議員会館地下1階B104会議室
【map】東京都千代田区永田町一丁目7番1号  
    電話番号 (代表) :03-3581-5111
 http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htmTel/
  【参加費】 無料
  ★申し込み・問い合わせ
:hopemaker at hopemaker.org までメールでご連絡下さい。
・件名:連続セミナー 申し込み
・名前:
・所属:
・携帯連絡先:
・参加動機・関心事など:


 


CML メーリングリストの案内