[CML 007338] 【集会案内】民主党政権の性格と憲法9条&愛知県知事選

yamamoto mihagidaiti at mud.biglobe.ne.jp
2011年 1月 24日 (月) 23:27:24 JST


不戦ネット@山本です。
以下の集会を行ないます。ご近所の方はぜひご参加ください。

また、2月6日に行なわれる、愛知県知事選候補者に、名古屋空港(小牧基地)
と、名古屋港の問題について質問状を提出しました。
3枚の候補から回答が来ましたので、HPをご覧ください。



**シリーズ日米安保50年 3回**
   民主党政権の性格と憲法9条

●講師:愛敬 浩二さん
(名古屋大学大学院法学研究科教授、1966年生まれ。早稲田大学大学院法学研究科修了。 

2004年より現職。憲法学・憲法思想史専攻。)

●日時:2011年2月5日(土) 午後6時30分〜8時30分
●場所:名古屋市女性会館
(地下鉄「東別院」駅下車 1番出口より東へ徒歩3分)

参加費:800円


 菅民主党政権の下での、軍事力強化と突出した発言が顕著になっています。11月末に出され
た「防衛計画の大綱」の要旨では、東アジア・朝鮮半島情勢の「深刻な脅威」を指摘し、日米同
盟の「機能性向上」と日米韓の協力体制の必要性をうたっています。また、中国の脅威を強調し、
「動的抑止力」の充実をいい、南西諸島への防衛力増強(自衛隊の配備)や日米の共同作戦計
画や共同訓練の拡大を盛り込んでいます。
焦点の武器輸出三原則についても大幅緩和を直接書き込むことこそ見送られるものの、その必
要性については盛り込んでいます。更に、11月に朝鮮半島での境界線で起きた銃撃戦に乗じて、
日米軍事演習に韓国軍がオブザーバー参加をし、果ては朝鮮半島有事に際し自衛隊を派遣して
邦人救出をするなどの発言まで出ています。
民主党政権は、沖縄の名護辺野古への新基地建設の回帰など、旧政権の政策を踏襲すると共
に、「防衛計画の大綱」に端的に見られるよう、自民党ですらやらなかったことを進めようとしてい
ます。
 民主党政権下で進むこのような動きに対して憲法9条はどのように活用できるのか、愛敬さんの
お話を聞き、改めて考えてみたいと思います。ぜひ、多くの方の参加をお待ちしています。

●主催:不戦へのネットワーク
不戦へのネットワーク
http://www.jca.apc.org/~husen/index.htm
山本 みはぎ
080−3627−5767 


--
我正在使用免?版 <a href="http://www.spamfighter.com/len">SPAMfighter</a>
我?是一个?有五百六十万用?的与垃圾?件作?的社区。
SPAMfighter 迄今已?帮我阻止了 43184 垃圾?件。
在?里下? SPAMfighter: http://www.spamfighter.com/len

??版本没有上述信息




CML メーリングリストの案内