[CML 007334] 枯れ葉剤の痕跡

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2011年 1月 24日 (月) 17:19:59 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 ベトナム戦争(1960年12月 - 1975年4月30日)は「エコロサイド(生物皆殺
し)」戦争とも言われました。
 
 アメリカ軍は戦況を有利にするため、「人類が生み出した最悪の化学物質」ダ
イオキシンが主成分の枯れ葉剤を大量に使用しました。
 
 南ベトナム解放戦線や北ベトナム軍が潜むジャングルを枯らすために、アメリ
カ軍は、ダウ・ケミカル社やモンサント社(除草剤ラウンドアップを製造販売し
ています。PCBも開発しました。また遺伝子組み換え作物の開発・販売に熱心
です)などが製造した枯れ葉剤を大量散布しました。これにより緑のジャングル
は枯れ果て、枯れ木が広がる荒野となりました。そして、その場所にいたベトナ
ム人とアメリカ人にガンや奇形が大量に発生しました。それは今も続いています。
 
 体がくっついたまま生まれ、日本で分離手術を受けたベト君とドク君のはその
例です。今でも、多くの奇形児がベトナムとアメリカ両国に発生しています。ま
た、この戦争に参加した韓国軍将兵の中にも枯れ葉剤を浴びた者が多く、同様の
被害が報告されています。
 
 枯れ葉剤の痕跡を取材し続けているジャーナリスト坂田雅子さん(映画『花は
どこへいった』の監督)が、米越両国の枯れ葉剤被害者の姿をとらえた番組がN
HK教育で放送されます。
 
 NHK教育
 
 ETV特集
「ベトナム戦争 終わりなき枯葉剤被害」
http://www.nhk.or.jp/etv21c/index2.html

放送日:1月30日(日)
放送時間:午後10時00分〜11時30分 

坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!



CML メーリングリストの案内