[CML 007243] 「東アジアに平和を!−問われる日本人の歴史認識 『建国記念の日』を考える2・11集会」のご案内

平和フォーラム・五十川 gen-hq at jca.apc.org
2011年 1月 16日 (日) 08:38:57 JST


 戦後の日本は、自民党内閣のもとで、東アジアとの関係、とくに歴史認識に
ついては繰り返し問題が引き起こされてきました。しかし、政権交代してから、
昨年8月には、植民地支配についての痛切な反省と心からのお詫びを表明する
菅首相談話が出されるなど、一定の前進面も生まれました。
 他方では、朝鮮半島や尖閣諸島をはじめ、東アジアの緊張状態は強まる一方
です。そして、朝鮮学校は高校無償化の適用対象から排除されたままです。そ
のなかで、本年は中学歴史教科書などの検定が行われます。これらを踏まえ、
日本人の歴史認識や人権意識についての問題を象徴する日、2月11日に、東ア
ジアの平和について考える集会を開きます。
 ぜひともご参加ください。

名称:東アジアに平和を!−問われる日本人の歴史認識
           「建国記念の日」を考える2・11集会

主催:フォーラム平和・人権・環境(平和フォーラム)

日時:2011年2月11日(金) 13:30〜16:00 開場・受付開始13:00

場所: 自治労会館6Fホール(第1会館)
   千代田区六番町1 Tel03-3263-3739

     JR・地下鉄 市ケ谷駅・四ッ谷駅・麹町駅下車

内容:主催者あいさつ
講演「歴史認識と教科書問題」
講師 上 杉  聰 さん (大阪市立大学講師)
      日本の戦争責任資料センター事務局長。心に刻む会、強制動員真
      相究明ネット、遺骨問題の解決へ全国連絡会などの中軸として、
      日本の戦後補償運動をリード。「つくる会」教科書採択を許さな
      いとりくみでも先頭に立つ。著書に「天皇制と部落差別」「脱ゴ
      ーマニズム宣言」など。

提起「朝鮮学校への高校無償化適用を求めて」
     厳  廣 子(オム・グァンジヤ)さん(東京朝鮮学校オモニ会連絡会代表)

参加費:500円(資料代を含む)

備考:チラシは下記アドレスです。
http://www.peace-forum.com/houkoku/20110211chirashi.pdf


問合せ先:フォーラム平和・人権・環境

      千代田区神田駿河台3−2−11 総評会館1F
       TEL:03-5289-8222 FAX:03-5289-8223
       E-mail:peace-forum at jca.apc.org
       http://www.peace-forum.com



CML メーリングリストの案内