[CML 007241] 市民連帯・神奈川 第十回 CS 神奈川懇話会「日本の選挙制度を問う」のご報告

skurbys at yahoo.co.jp skurbys at yahoo.co.jp
2011年 1月 16日 (日) 01:45:27 JST


政治の変革をめざす市民連帯(略称:市民連帯、CS)の紅林進です。
  市民連帯・神奈川では、1月7日(金)に「日本の選挙制度を問う」を
  テーマに、田口房雄さん(「みどりの未来」会員、開かれた議会を
  めざす会)を話題提供者に、第10回CS神奈川懇話会を開催しました。
  市民連帯・神奈川の佐藤和之世話人の同懇話会についての報告を
  以下、転載させていただきます。
   
  なお田口房雄さんは、昨日1月15日(土)に千葉市で開催された
  「平和への大結集・千葉」主催の「憲法講座」でも、太田光征さんと
  ともに、選挙制度や地方自治体の二元代表制の問題について
  話されました。
   
   
  市民連帯・神奈川の次回第11回の懇話会は、2月13日(日)に
  下記のテーマで開催します。
   
    <第11回市民連帯・神奈川懇話会のご案内>
   
  テーマ:横浜人活事件と国鉄闘争
話題提供:佐久間忠夫さん(国労東京闘争団・鉄建公団訴訟原告・
         『人らしく生きよう』著者)
日  程:2011年2月13日(日曜日) 
時  間:午後1時30分開始(1時開場) /
        DVD「刻まれた謀議」上映35分間
場  所:中原市民館2F第2会議室(JR南武線・横須賀線か東急東横線
        武蔵小杉駅より徒歩約5分)
所 在 地:川崎市中原区新丸子東3―1100―12パークシティ武蔵小杉
        ミッドスカイタワー1・2階(電話044−433−7773)
  地  図:http://www.city.kawasaki.jp/88/88nakasi/home/access.html
参 加 費:500円(懇親会費別) / カンパ歓迎
主  催:政治の変革をめざす市民連帯・神奈川 
        http://www.siminrentai.com/
  後  援:佼成学園教職員組合
連 絡 先:070−6641−7850(佐藤)
   
   
  (以下、第十回CS神奈川懇話会「日本の選挙制度を問う」報告 )
   
      1.7第十回CS神奈川懇話会
  「日本の選挙制度を問う」報告
  
 
 1月7日(金)午後6時30分より、川崎市の中原市民館において、市民連帯神奈川の懇話会「日本の選挙制度を問う」を開きました。話題提供者は、「みどりの未来」会員で開かれた議会をめざす会の田口房雄さん。田口さんは長年、民主的な選挙制度を模索し、問題提起してきました。参加者は全体で13人。次回懇話会の話
題提供者も、立ち寄ってくれました。
 
 懇話会ではまず、選挙制度改革をめぐる最近の情勢と「小選挙区制廃止をめざす連絡会」などの活動を主催者が紹介。とりわけ昨年末に出された、西岡武夫参議院議長による改革案(「参院選で都道府県単位の選挙区を廃止し、非拘束名簿方式の比例区を全国9ブロックに分けて全議員を選出する」というもの)と、この案をめぐるマ
スコミや財界の反応に注意すべきことが確認されました。そして、小選挙区制と二大政党制に反対するだけでなく、私たち主権者がもっと議論を深め世論を高めていこうとの呼びかけがなされました。
 
 続いて田口さんのお話がありました。その冒頭で、民主的な選挙制度を考える上での具体的な観点を、次のように提示。すなわち、〜挙における男女のクォータ制をどう評価するか、⊇圧脹〜挙制は中選挙区制にすべきか比例代表制にすべきか、C亙議院内閣制(議会を中心とした一元代表制)をどう考えるか。同時に、田口
さんは意見カードを参加者に配布し、懇話会の最後に提出するよう協力を促しました。このコレクトカードは、今後の議論づくりや問題提起の参考にするものだそうです。
 
 さらに、田口さんは膨大な資料を駆使しつつ、とくにヨーロッパ諸国の選挙制度を例示しながら話をすすめていきました。その際、三井マリ子さんによるノルウェーにけるクォータ制(割当て制)の報告や、吉川ひろし千葉県議による台湾におけるリザーブシート方式(議員定数の中に女性枠を設定)の報告も紹介。そして、上の´
に関しては、次のように主張しました。
 
 〆8紕鞠間で、男女半数による議会をめざして、会社役員や、その他リーダー的職種に対しても男女同数とすること。つまり、社会的運営権を男女で分かち合う法的措置を取る必要がある。⊂数派の考え方が、議員の数として反映されるような議会をめざす。北欧で実施されているような、国会から地方議会に至る、すべての
議員選挙を比例代表制選挙とすべき。衆議院を中選挙区に戻してはいけないし、地方議会の大選挙区制も比例代表制とすべき。K眠い里茲Δ福比例代表制によって選出された議会が地方行政執行権も持つ地方議院内閣制、つまり首長選挙のない一元代表制にすべき。
 
 休憩時間中は、「レイバーネット日本」川柳班の人による、ワーキングプア川柳の紹介と句集の物販がありました。続いて、ハーバード大サンデル教授風に、田口さんを中心に質疑・討論。とくに,亡悗靴討蓮⊇性差別の是正は必要だが、当選枠を割当てる方式は疑問だという意見が出されました。さらに、割当て制を考える場
合、なぜ<男・女>の観点だけなのかという疑問も出されて激論。△亡悗靴討蓮得票を正確に議席へ反映させる比例代表制を基本とすべきだが、個人候補が立候補しやすい中選挙区制の利点も加味すべきという意見がありました。
  最後に、川yu市職労や地元で「慰安婦」問題に取り組む仲間から要請発言があり、終了後は、近所で懇親会がもたれました。懇親会は、女性4人・男性4人の参加でした。この日はずっと、左派運動圏でも関心が薄いといわれる選挙制度をめぐって、様々な角度から議論ができてよかったと思います。
  
  佐藤和之(CS神奈川世話人)


   
   

   
   
 

 
---------------------------------
Get the new Internet Explorer 8 optimized for Yahoo! JAPAN


CML メーリングリストの案内